ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901919 全員に公開 沢登り道南

相沼内川

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー goshimatkok
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

林道終点(7:20)相沼内川Co340二股(8:20)右股沢引き返し(9:20)二股(10:20)左股沢引き返し(13:00)林道終点(16:30)

記録の乏しい相沼内川へ行ってきた。左股沢には登れぬ滝があるという。日帰りではあるが、沖沢山と元小屋沢山を狙って行けるとこまで行こうと計画をたてた。

二股までは広くて明るい河原歩き。右股沢は何もなく、沖沢山の頂を目指すも藪の間から遠くに見えた時点で早々に引き返す。
本命の左股沢は右股沢とは打って変わって、両岸が立ちあがり何かを予感させる渓相となる。Co390で巨岩の積まれた2段の大滝が現れ、ようやく気持ちが沸き立ってくる。過去の記録ではここで引き返しているけれど、水量が少なく、また微妙に地形が変わっていたのか、右のつるっとした3mくらいの壁がなんとか抜けれそうである。ハーケンを打ち込み、無理くりA0で抜ける。あとは巨岩を利用して大滝を超える。その後も面白い小滝がいくつかあり、飽きさせない。Co550の右股にはさらに3段の滝が落ち込んでおり、登るのも巻くのも骨が折れそうである。左股に進んでみると狭い函が続いていた。時間切れでここで引き返し。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

Co390の2段の大滝。見えるのは1段目。奥にもう1段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co390の2段の大滝。見えるのは1段目。奥にもう1段。
巨岩を伝って超える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩を伝って超える
枝沢からも滝が落ち込む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢からも滝が落ち込む
1
Co550の右股の3段の滝
2016年06月20日 12:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co550の右股の3段の滝
1
ここで引き返し
2016年06月20日 12:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで引き返し
2
飛び込みポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び込みポイント
巨岩で懸垂
2016年06月20日 12:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨岩で懸垂
2
釣り師、時岡。下りながら釣る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣り師、時岡。下りながら釣る

感想/記録

右股沢はブタ沢。左股沢は楽しい沢。同じ川でもでこんなに変わるものなのかと驚いた。
Co550の左股は元小屋沢山に突き上げているので、ピークを目指すには良いルートだろう。一方、右股は名のある山にこそ突き上げてはいないが、遡行価値は十分にあると思う。またリベンジしたい。
訪問者数:406人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/22
投稿数: 4
2016/7/10 4:50
 山谷
こんにちは、このあたりで「北海道の山と谷」に載せる良い沢は無いかと探していたのですが、送電線の走る元小屋沢山は特にノーマークでしたので、この記録を見てはっとさせられました。
さっそく山頂に直上する谷を取材してきました。なんとかこの山域に花を添えられそうです。ありがとうございます。

巨岩をA0で這い上がるのはなかなか渋かったです。望むらくは残置のシュリンゲ(ラッペル用?)を後3cm伸ばしておいて欲しかったです(笑)。しかし、あそこをノー残置で登り切ったパワーに感服いたします。

左股はこの後直登一回と高巻き一回あるほか小滝が幾つかあるけれどそんなに難しくはないです。山頂からは送電線刈分を使って2時間で下山できます。右股も送電線の走るコルに出れば下山は楽ちんなはずです。右股の報告期待しています。
登録日: 2013/4/10
投稿数: 2
2016/7/14 18:25
 Re:山谷
whochanさん、こんにちは。いつもブログの方、拝見させてもらっています。

A0地点のハーケンですが、ラッペル用です。下りで回収してしまいましたが、登るときは途中2本ほどハーケンを打ち込んで抜けました。流石にノーピンでは上がれませんでした(汗)

送電線の苅分があるのは、嬉しいやら、残念やら、ですね。でも、耳寄りな情報です。おかげで右股に行きやすくなりました。ありがとうございます。

私用で当分は沢に行けないので、行くとしたら9月以降になります。右股についても山谷に書かれるおつもりでしょうか?
登録日: 2010/7/22
投稿数: 4
2016/7/17 1:08
 Re[2]: 山谷
右股については今のところ書く予定はありません。

ちなみにラッペル用ハーケンですが、やはり少し浮いていました。どうやら、あまり信用しない方が良さそうです(笑
登録日: 2013/4/10
投稿数: 2
2016/7/17 12:25
 Re[3]:山谷
そうですか、それでは急ぐ必要もなさそうですね。気が向いたら行くことにします(今年は行かないかも知れません)。

ハーケンは打ったときは効きが良かったのですが、緩くなってしまったようですね。気を付けたいと思います。ご忠告ありがとうございます。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ