ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902185 全員に公開 ハイキング丹沢

大山(往:男坂経由 復:広沢寺温泉へ下山)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー tom50(記録), その他メンバー1人
天候快晴☆
アクセス
利用交通機関
電車バス
■行き
小田急小田原線『伊勢原駅』下車
北口バス4番 神奈中バス 伊10「大山ケーブル」行き
終点「大山ケーブル」下車

■帰り
【廣澤寺温泉 玉翠楼】立ち寄り後、『本厚木』駅行きのバス乗車
神奈中バス「広沢寺温泉」BSからは本数少ないですが、
「広沢寺温泉入口」BSまで行けば厚木行きのバスがそこそこ出ているので安心です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
1時間35分
合計
5時間40分
S大山ケーブルバス停08:3009:15阿夫利神社下社10:30大山11:0011:45唐沢峠12:5012:55不動尻分岐13:30不動尻13:40山神隧道14:10広沢寺温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
男坂はずっと階段できつかった。。
その他周辺情報■廣澤寺温泉 玉翠楼
http://www.geocities.jp/gyokusuiro/index.html.html

日帰り入浴 1,000円
日帰りは露天のみ、簡易な脱衣所ではあるが、
ドライヤー1つ、洗い場3つ(女性)あり
次回半額券もらいました♪

■本厚木 肉の佐藤
http://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14038789/
接客、居心地よかった!
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

ずっと続く「男坂」の階段。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと続く「男坂」の階段。
富士見台
富士は見えず・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台
富士は見えず・・・
山頂!まだ10:30だったのでランチはもう少し先まで行くことに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂!まだ10:30だったのでランチはもう少し先まで行くことに。
山頂からの景色
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの景色
「唐沢峠」の休憩所にてランチ。ベンチとテーブルがあって休むのにちょうど良い。
今回は棒ラーメンにしました。卵が失敗w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「唐沢峠」の休憩所にてランチ。ベンチとテーブルがあって休むのにちょうど良い。
今回は棒ラーメンにしました。卵が失敗w
下りの「やせ尾根」。気をつければ全く問題なし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの「やせ尾根」。気をつければ全く問題なし
最後に真っ暗なトンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に真っ暗なトンネル
温泉到着!いいお湯だった!温泉を目指すっていいね〜☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉到着!いいお湯だった!温泉を目指すっていいね〜☆

感想/記録
by tom50

「丹沢・大山やまなみスタンプラリー」のために
久々の大山。

今回は行ったことのなかった表参道の「男坂」を登り、
「広沢寺温泉」に出るルートを行きました。

大山につらい印象は全くなかったのですが、
「男坂」の階段は意外に長くてつらかったです・・・

山頂から「広沢寺温泉」に出るルートは、
迷うこともないだろう一般的な山道。
数人登って行く人たちとすれ違いました。

ゴールにした『廣澤寺温泉 玉翠楼』は、
日帰り入浴は外の露天のみですが、
強アルカリ泉で、危うく滑るくらいつるつる^^;
お肌もつるつるになりました!

この日は都内でも30度超えの猛暑日。。
温泉で汗を流せて気持ちよかった〜

なお、心配したヤマビルは全然みかけませんでした〜
訪問者数:160人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ヤマビル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ