ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902379 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

槍・穂高展望S席の常念岳から蝶ヶ岳縦走

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー beckham, その他メンバー1人
天候晴れから悲しい雨へ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間59分
休憩
53分
合計
11時間52分
Sスタート地点03:4704:02三股登山口04:1107:43前常念岳07:4608:50常念岳09:2712:10蝶槍12:16蝶ヶ岳三角点12:23蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)12:45蝶ヶ岳ヒュッテ12:48蝶ヶ岳14:27まめうち平15:05ゴジラの木15:0815:27三股登山口15:2815:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 もう雪の心配はありません。
 常念への登山道は、サルがいて笹を揺らしたので熊かと思い身がすくみました。妻が鈴を持っていましたが、笛を鳴らせばよかったです。妻は木の根の段差が大きいことに悩んでいました。常念は前常念側の方が岩が大きく岩登りに慣れた人はかえって登りやすいです。(コースタイムも登りも下りも同じです。)
 常念と蝶の稜線は、展望抜群です。でも風が吹くとすごい寒さです。
 蝶からの下山は最初は歩きにくい石の連続です。だんだんと歩きやすくなり、歩きやすい木製階段が設置されています。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

蝶槍は目印になりますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍は目印になりますね。
1
奥穂と北穂が顔を出したときはうれしかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂と北穂が顔を出したときはうれしかったです。
1
前常念への道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念への道
大きな岩が多くなってきました。私たちはこういうところが大好きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩が多くなってきました。私たちはこういうところが大好きです。
1
手前常念乗越から奥へ大天井
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前常念乗越から奥へ大天井
表銀座でございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表銀座でございます。
端正な顔立ちです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
端正な顔立ちです。
1
見えないことも覚悟していました。見えてラッキー!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えないことも覚悟していました。見えてラッキー!
4
やったね!達成感ある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったね!達成感ある。
3
あえて横向きに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あえて横向きに
1
前穂 奥穂 涸沢 北穂 大キレット 南岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂 奥穂 涸沢 北穂 大キレット 南岳
1
シナノキンバイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ

感想/記録

 土曜日に仕事があったため、日曜に登りました。
 妻のドライブ協力もあり、登山口の三俣にたどり着きました。が、車がたくさん駐車しており、駐車場をはみ出して下の路肩まで駐車してありました。私たちは夜遅く着いたため、日帰り登山者が帰ったところに停めることができました。
 翌日は4時前の出発ということで睡眠時間が少ないことが心配です。登山口の写真を撮ろうとしたらカメラが動きません。「ありゃ、電池がない!」さあ、カメラは置いていきましょう。(少しショックですが、こんなこともままあります。)カメラのない分、足取りも軽く歩き出しました。朝は全く寒くなく、歩き出すとむしろ暑いくらいです。やがてブヨも現れ、うちわで叩き落とします。もちろん虫よけスプレーしていますが、ブヨはついてきます。笹薮が揺れ、ついに熊と遭遇したと確信すると猿の群れが登場し、人間を警戒することなく、余裕を持って山を登っていきます「ふー」ホイッスル持ってくればよかった。やや蒸し暑い樹林帯が終わると、今度は岩との戦いです。涼しい風がやがて冷たい強風となり、妻は「体が飛ばされる。」と泣きそうでした。寒さから「頭が痛い。」と言いだし、てっきり高山病だと思った私は「下ろうか?」と言いだしました。(妻はニット帽を持ってくればよかったと言ってました。)前常念からはだんだん蝶へ続く尾根の低いところに雪山が見えました。山の形と山小屋で北穂だとわかりました。そしてその左は、奥穂か唐沢か・・・奥穂だ!テンションが上がります。
 そして常念小屋からの道に合流すると、「じゃーん!」天下の槍様が現れました。「大きい!」毎週山に行ってますから、今年も槍は何度も見ていますが、さすがに今日は近いので大きいです。そして黒いです。(小槍は見えない角度です。)妻は私以上に「槍フリーク」なのですごい喜びようです。頭痛もいつの間にか治り、頂上を目指しました。ありがたいことに頂上では、風も治まり、食事もしながら、槍を見ていました。妻は「(山友)やまさんいるかも。やまさーん!」と呼んでおりましたら、(あとからわかりましたが)本当にやまさんは槍の穂先にその時間にいたそうです。それも日帰り…(絶句)
 慎重に常念を下ります。今日は天候がよくないせいか、登山者は少ない(いつもに比べればの話です)ので、結構他の登山者さんと会話しました。テン泊者には、マットは何を使っていますか?とお尋ねすると、「インフレータブルマットがいいよ」と教えていただきました。アルプスでは、マットを外付けにすると岩にあたって危ないよという命に直結するアドバイスを受けました。
 蝶が岳とのアップダウンではたくさんの花に巡り合いました。今日は携帯カメラなので、花の写真はあきらめです。花の大きなシナノキンバイの写真1枚だけを撮りました。大好きな桜草の写真が撮れなかったことが残念・・・。蝶槍手前の鞍部で雨が降り出しました。「ええっ!夕方まではもつと思ったのに・・・」躊躇せずにカッパを着ます。濡れてしまってからでは手遅れです。最初は暑く思ったカッパですが、樹林帯をを抜け出すと風も吹き、指なし手袋では耐えられなくなり、フリースの手袋をしました。(レイン用の手袋を持ってくることを忘れました。)蝶槍からはガスもかかり、景色どころか、目の前に蝶が岳ヒュッテがあっても気が付かなかったくらいです。蝶が岳からの下りは、上部はかなり石ころが多く気を使って降りなくてはなりません。だんだんと歩きやすい道になり、まめうち平前後から立派な木製階段が疲れた膝に優しかったです。整備に感謝です。
 駐車場に着くと雨の中でも、ブヨが車の周りを飛んでおり隙あらば車内に入ろうとしています。今日は殺虫スプレーを持ってきて大正解です。高速運転中に脛から吸血されたことがあり、その教訓が活きました。
 北アルプスの北アルプスらしさを感じられる登山となりました。
訪問者数:620人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/9
投稿数: 481
2016/6/21 10:08
 ヤッホー!
ベッカムさん こんにちは!
まさに同じ時間!山頂に立っていましたね
常念、蝶のむこうには富士山、北岳、間ノ岳が見えてたのはご存知でしたか?
槍ばかり見て背を向けてたのではないでしょうか?( ´艸`)
たまにはこんな天気もいい思い出ですね!
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/6/21 18:04
 富士山、南アに気付いておらず・・・
一応確認したつもりですが
そちらの方面は雲ばかりと決めつけていました。
でも槍穂は当然ながら
鷲羽から赤牛・・・・剣まで見えてて
景色については十分堪能しました。
北アはすごいの一言で片づけるしかありません。
どうしようかしら・・・この夏
登録日: 2014/2/4
投稿数: 375
2016/6/21 21:36
 御嵩発山歩き(♂)
ベッカムさんお疲れ様です。
カメラの電池忘れたのですか!もっと花の写真が見たかったです。
というのも、蝶槍手前の鞍部辺りは、ここは相当花が咲く雰囲気だなと思いながら歩いていました。恐らく沢山咲いていたのではないでしょうか?
最近白馬などに咲いているウルップソウが見たいです。残念なのは先週登った鳳凰山にキバナアツモリソウが咲いていた事を、後からのレコで知った事です…
今週は天気も悪く、久しぶりにOFFかなと考えていますが、時期的には瑞浪も気になっています。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 288
2016/6/22 18:55
 Re: 御嵩発山歩き(♂)
ふーん。
キバナアツモリソウですか。
小屋が保護しているということですかね。
クマガイソウと形は良く似ていますね。
7月ですね。
チャンスがあれば行きたいと思いますが
テント場がむちゃくちゃこむというレポも発見しました。
おそらく登山道も相当・・・
東濃某山も行きたいですね。
曇りなら花見に良いですね。
あの登り方はまねできませんが(笑)
寿老の滝で涼むという手も有かも。
カメラの電池を確認して行きますね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ