ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902421 全員に公開 講習/トレーニング東海

池田山ビバーク体験&一人夜間ハイクえっ!こんなに遠いの?

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー kobee_br(記録), その他メンバー6人
天候晴れのちくもりのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
19:10 霞間ヶ渓登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間46分
休憩
0分
合計
1時間46分
Sスタート地点19:2221:08池田山避難小屋
2日目
山行
2時間39分
休憩
20分
合計
2時間59分
池田山避難小屋06:1106:12パラグライダー離陸所06:1506:51池田山07:0507:48パラグライダー離陸所07:5107:54池田山避難小屋09:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・整備はされているが、所々崩れた箇所有り
・道路との交差が多いのに驚いた!!
・池田山まで深い山だった

・直前まで行くのを迷いながら土曜日、仕事を終え急いで準備する。
(この時いろいろ忘れ物をしていた…)
もう既に、メンバーはビバーク地についてツエルトを張り終えているころか?
今日は暑かったので、「スーパー三心」でビールとノンアルコールビールを買い
皆の御土産にする。
池田温泉の前を通りすぎ(自転車グループや温泉客で賑やっていた)、
霞間ヶ渓登山口駐車場に着いたのは
19時すぎ準備をしているとあれっ!?シュラフは?マットは?
あっ!!水漏れてる?あれあれ?ライトが無い…戻るか?止めるか??…
あっ!!ザックの天蓋に入ってた!!
 電話をして行くことを伝えよう!!あれ?リーダーにつながらない?
他メンバーにつながった!!
「えっ、車で来るのって、いえ、歩きで行きますよ。2xxぐらい着くってあれ?
電話のバッテリ切れ…」
だんだん、暗くなってきたしもう出発するか?
登山口池田の森3.8km??20分??

・暗い登山道は、最初から若干急登で九十九折りに登っていく感じだった。
途中道が崩れていたり崖が見えていたりと慎重に進む必要があった。
途中の休憩箇所は、喫煙所を兼ねたベンチでだいたい1km弱毎にあり手に持った
ビールのカバンが重くてしかたなくなったところで休憩した。
 始めはあまり休憩しなかったので、汗ダラダラで息が上がり足も攣りそうに
なり少し過呼吸になりかけたので、まめに休むようにした。
 もっと早く着くと思っていたがいっこうに視界は開けず、登り切ったと思ったら
道路と交差し夜間に登ってきた車となんどもすれ違った。
 たぶん、車からは「何だ?あれは?こんな時間に・・・」となっていたと思う。
 数回道路と交差し次の山道を登る感じで進んでいたが、1箇所暗くて道がわからず何故か下っていったので、おかしいなと思い元の道に戻り確認すると枯れ木で
封鎖している場所を直進しており間違って他方面へ下山しそうになっていた。
 そのまま登っていきまた道路と交差したところが騒がしくなっており
そこに看板が立っていた。
 よく見ると池田の森と書いてありパラグライダの発着場らしいところが見えて、
皆がいる明るい場所へ向かっていくと先に来ていたメンバーから声をかけられた。

・21時すぎに、ビバーク地に着いて汗でびしょ濡れだったので着替え、
その後、早速ツエルトを設置した。
 初めてのツエルト設置だったが、先に来ていたメンバーが全て先生となり直ぐに
設置できた。
 【設置方法】
 ,任るだけ平らで傾斜の無い場所を選ぶ。(テントと同じ)
 ▲張┘襯箸猟譴良海魴襪屐
 ツエルトの四隅をペグで固定。
 (ペグを持っていなかったので計8本借りたかな?)
 ぅ張┘襯箸涼爾法▲檗璽襦淵好肇奪でもOK)差し込んでツエルトを立てる。
 ツイ蟾砲鬟撻阿埜把蝓
 Σ拱を入れて完成。
 【感想1】
 ・ツエルトを立てる状況にもよるが、天候が良くテントを立てる時のような余裕
 がある状態だと意外と簡単に設置できそうだ。

・その後、持ってきたビールと皆で持ち合ったお酒のあてで小宴会となり
あっという間に、ビールは無くなりいろいろな話が飛び交い。
時間もあっという間に過ぎてしまった。
 帰宅組が車で帰った後、まだ「池田の森の駐車場」は、入れ代わり立ち代わり
若者が賑やかにしているが、明日も早いので泊り組の4名は、早めの就寝となった。
 始めは賑やかすぎでぜんぜん眠れそうになかったが、なんとか眠りに着いた。が・・・深夜から朝方は、寝袋もマットも忘れてしまった私は、寒さと体の痛みで
あまり寝つけなかった。
 【感想2】
 ・ツエルトで夜を過ごす場合は、やはりマットとシュラフはあった方が
 快適です・・・
 
・朝5時ごろに起床し、朝ご飯を食べ、ツエルトを撤収!!
 あっ!!写真に撮るのを忘れた・・・
 荷物を木陰にデポしてほぼ空身で、池田山山頂を目指す。
 山頂は、ここからも2km程あり大きな「電波塔」を過ぎ尾根沿いに進み。
 その後、森の駅で開けた場所に出て反対側の景色を見ながら小休止、
そこから更に森の中を進むと山頂の展望台が見えた。
 展望台からは天気も悪く眺望も木々に遮られ何も見ることができなかったが、
朝の涼しい風が心地よくしばらく佇んだ。
 展望台の下には、二等三角点(池田山(923m)) が立っていた。

・その後、下山しようとしたら別のルートから登山者が登ってきた。
どうも他のメンバーの知り合いだそうでそのメンバーが話し込んだいたので
先に下山した。
しばらく、森の駅で待っていたがいっこうに降りてこないので探しに戻ろうかと
思ったら降りてきたので、再出発した。
尾根沿いを通る時に、遠くにさっき通った「電波塔」を見ることができ尾根沿いを
半円に戻るルートだと解った。
あっという間に、荷物をデポした場所に戻り帰り支度をする。

・ところがこの後、帰り支度に手間取った私は、皆と逸れることになってしまった・・・
 どうも皆は、直ぐに下山道へは進まずに、一旦、「パラグライダー離陸所」
辺りの景色を見て小休止していたそうで、それに気づかずに慌てって先に
下山してしまった。
途中何回か待ってみたり登ってくる人に聞いたりしたが、そうこうするうちに
雨が降り出してきたので、取りあえず下まで降りて待つことにした。
 雨が本降りになりかけたころに下山でき、しばらく待っていると
他メンバーも降りてきた・・・
 皆さんご迷惑をお掛けしました・・・
その他周辺情報・池田温泉は賑やかだったがまだ入ったことは無い
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

霞間ヶ渓近くの駐車場からスタート!!
2016年06月18日 19:26撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞間ヶ渓近くの駐車場からスタート!!
んっ!!5.8km?そんなにあるの夜間ハイクだよ・・・
2016年06月18日 19:29撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
んっ!!5.8km?そんなにあるの夜間ハイクだよ・・・
翌日、ビバークの写真も撮るの忘れて
池田の森から池田山へ
2016年06月19日 06:16撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日、ビバークの写真も撮るの忘れて
池田の森から池田山へ
スタートするとすぐに電波塔
2016年06月19日 06:20撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートするとすぐに電波塔
森の駅にあった地図
2016年06月19日 06:30撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の駅にあった地図
池田山山頂(923m)二等三角点(池田山)
2016年06月19日 07:03撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池田山山頂(923m)二等三角点(池田山)
森の駅
2016年06月19日 07:34撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の駅
池田の森石碑
この後皆とはぐれて一人下山へ
2016年06月19日 07:54撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池田の森石碑
この後皆とはぐれて一人下山へ
下山途中の標識(昨日夜に見たな・・・)
2016年06月19日 08:24撮影 by DMC-TZ30, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中の標識(昨日夜に見たな・・・)
訪問者数:179人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ