ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902466 全員に公開 ハイキング甲信越

御神楽岳 蝉ヶ平

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー tappy116, その他メンバー1人
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道は一部未舗装。登山口に駐車スペース5台程度。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
1時間3分
合計
11時間3分
S蝉ヶ平登山口05:3006:38湯沢の出合06:5408:40高頭08:5110:07湯沢の頭10:0811:04雨乞峰11:1211:32御神楽岳11:4811:57雨乞峰12:50湯沢の頭13:0013:32高頭13:3315:18湯沢の出合16:33蝉ヶ平登山口16:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口にポストあり。中に用紙、筆記用具もあり。コースは全行程通して危険箇所しかない。
その他周辺情報登山口近辺にあすなろ荘、御神楽荘。

写真

登山口。しばらく沢沿いを進む。ところにより薮化。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。しばらく沢沿いを進む。ところにより薮化。
木々のすき間から沢の流れ。途中横切る支沢は気を付けていてもよく滑る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々のすき間から沢の流れ。途中横切る支沢は気を付けていてもよく滑る。
湯沢の出合い。ここまで来た時点ですでに神経的に疲れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢の出合い。ここまで来た時点ですでに神経的に疲れる。
ついに見えました、例の岸壁が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに見えました、例の岸壁が。
1
もう少し上に登ったところから撮ったやつ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し上に登ったところから撮ったやつ。
6
こちらも定番の「馬の背」。すでに危険箇所をいくつか越えてきているが、まだ写真を撮る余裕はあった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも定番の「馬の背」。すでに危険箇所をいくつか越えてきているが、まだ写真を撮る余裕はあった。
2
高頭あたりから湯沢の頭を望む。このあたりでもう帰りたくなる。「馬の背」からここまで全く写真なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高頭あたりから湯沢の頭を望む。このあたりでもう帰りたくなる。「馬の背」からここまで全く写真なし。
1
ヒメサユリは終わりかけも、場所によってはまだ見ごろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメサユリは終わりかけも、場所によってはまだ見ごろ。
湯沢の頭。細かいアップダウンがじわじわくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢の頭。細かいアップダウンがじわじわくる。
まだこんなにあんのか…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだこんなにあんのか…
3
蒸し暑いが、谷底から吹く風が心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒸し暑いが、谷底から吹く風が心地よい。
この最後の登りもキツかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この最後の登りもキツかった。
2
これはもう「ハイキング」のレベルを超えているんではなかろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはもう「ハイキング」のレベルを超えているんではなかろうか。
1
6時間かけてようやく登頂!山頂は大混雑につき、山頂から湯沢の頭方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時間かけてようやく登頂!山頂は大混雑につき、山頂から湯沢の頭方面。
そして下山。登っている時は気づかなかった湯沢の頭〜高頭間の恐ろしい場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして下山。登っている時は気づかなかった湯沢の頭〜高頭間の恐ろしい場所。
高頭から。恐怖の下りが始まる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高頭から。恐怖の下りが始まる。
下山路の難しさは気を付けていても間違えるレベル。途中声をかけてくれたパーティの皆様ありがとうございました。そしてこの後、雷雨。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路の難しさは気を付けていても間違えるレベル。途中声をかけてくれたパーティの皆様ありがとうございました。そしてこの後、雷雨。
1
なんとかギリギリのタイミングで樹林帯に逃げ込みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかギリギリのタイミングで樹林帯に逃げ込みました。
まさに命からがら。看板に偽りなしの山でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに命からがら。看板に偽りなしの山でした。

感想/記録

梅雨の晴れ間をねらって御神楽岳、蝉コースへ。甘く見ていたつもりはありませんが、体力度も危険度も予想以上でした。息を抜ける場所はほとんどなく、常に足を踏み外せば一発アウトの道ばかり。今までの山行と比較すると、平ヶ岳日帰りよりきつく、八海山八ツ峰より恐ろしかったです。普通どんなにしんどい山行でも、帰ってくるとまた違う季節に行ってみたいな〜と思うんですが、今回ばかりは全く別物。おそらく二度とこのルートで御神楽へ行くことはないでしょう。薮あり、岩場あり、鎖場あり、樹林帯あり、お花あり、眺望あり、何でもありすぎてもうおなかいっぱいです。他の方も書いていますが、高頭からの下山ルートはマジ注意です。雷鳴が聞こえてきて焦っていたのもありますが、わかりにくい場所多々あります。少しでもおかしいと思ったら、どんなに疲れていても分かるところまで引き返すことをお勧めします。また水分は多めに持ったほうがいいです。個人差はあると思いますが、私の場合、3Lが帰りの高頭で尽きました。あまり見かけませんでしたが、ヘルメット持参も大げさではないと思います。
訪問者数:683人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/12
投稿数: 23
2016/7/26 11:28
 確かにそうでした。。。
7/23に行きましたが、本当に疲れました。写真は700枚くらい撮りましたけど、戻ってくるまでに13時半かかりました。
私もこのルートには二度と行きたくないと思いました。

特に白砂の箇所が本当に嫌でした。
登録日: 2014/5/31
投稿数: 3
2016/8/3 12:22
 Re: 確かにそうでした。。。
なんとさらに蒸し暑い7月に挑戦されたのですね。お疲れ様でした。下りの足に力が入らない状態で、あの白砂はきついです。次は室谷で十分です。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ