ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902708 全員に公開 トレイルラン富士・御坂

富士登山競走五合目コース試走

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー chopperman
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.2〜0.3(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

感想/記録

走友会の仲間と

富士登山競争五合目コースの試走をしてきました。

ぼちぼちな内容となりました。。。





朝、4時30分に起きて、

着替えて用意をする。

ドリンク類はちゃんと用意する。

マルトデキストリン30gとアミノ酸6gを走る前、

マルトデキストリン60gとアミノ酸6gとホエイプロテイン30gを

走った直後、

走っている最中はスポーツドリンクを2L。

行きの車で飲む用に、

500ccの水に沖縄の塩ぬちまーす5gを溶かす。

予定通りに5時10分に家を出て、

集合場所である高田馬場駅に5時40分に着く。

コンビニでおにぎり2つと飲むヨーグルトと、

ミニアンパン4個入りを二つ買う。

予定通りに6時前に馬場を出られて、

高速の渋滞もまったくなく、

快適に走る。

おにぎり2つと飲むヨーグルトと

ミニアンパン4個入りを食べる。

順調に河口湖インターへ。

富士市役所駐車場へ。

用意する。

今回はあえてトレランシューズでなく、

普通のランシューズ、

アディダスマナで。

用意したドリンクを飲む。

7時40分からスタート。

今回、ラン仲間が馬返しまで車を移動してくれるので、

帰りが非常に楽でした。

走りだして、

思ったのが、

食べ過ぎた。。。

ミニアンパン4個は余計でしね(苦笑)

行きはこれから登る富士山が見えました。




汗が凄かったです。

走り始めて、

すぐに右足脹脛と、

右尻が痛む。

が、右足脹脛の痛みは、

ただの疲れぽかったので、

気にせずに走りました。

お腹も落ち着いてきたのは、

6Kくらいしてから。

中の茶屋を過ぎてから、

斜度がきつくなる。

あまり早くないのもあったが、

今回もなんとか歩かずに馬返しに辿り着く。

1時間15分。

休むことなく、

登山道を登る。

上がっていた息を整えつつ、

早歩きで登っていく。

徐々に早歩きでなく歩きに落ちていく。。。

やっとこさ五合目へ。




馬返しから1時間10分かかり、



五合目コース2時間25分もかかる。

ちとがっかり。

東京タワー階段トレの効果が出てないか。

昨日、28K走った疲れのせいか。


ミニアンパン2個食べて、

せっかくなので、

七合目まで上がっていく。

へろへろでしたが。

やっとこさ七合目まで登って、

ミニアンパン2個食べて、

すぐに下る。

五合目までは疲れもあり、

ペースが上がらなかったですが、

下っていくにつれ、

体が軽くなりペースが上がりました。

段差を超える際、

右足着地だと、

右足脹脛が痛むので、

極力、左足着地にしました。

2合目を過ぎてからは、

さらにペースアップ出来て、

気持ちよく走れました。

汗だくで馬返しに到着。

これで終われる。

ここまで車を移動してくれたラン仲間に感謝。

用意していたドリンク飲んで、

着替えて、

車に乗って、

温泉入って、

吉田うどん食べてから、

高速へ。

高速乗ったのが、

14時を過ぎていたので、

渋滞にはまるも、

そんなに酷くはなく、

16時40分に高田馬場駅へ。

途中でスーパー寄って買い物して、

家帰って、

洗濯して終了〜。


タイムはイマイチでしたが、

いいトレーニングになりました♪
訪問者数:206人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コンビニ タワ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ