ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902806 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

お花畑の平標山〜仙ノ倉山

日程 2016年06月20日(月) 〜 2016年06月21日(火)
メンバー swcork
天候晴れ〜ガス〜雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
元橋バス停から
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
1時間42分
合計
7時間12分
S平標登山口06:1806:22平元新道登山口08:21平標山の家09:2509:58平標山10:0110:52仙ノ倉山11:1212:00平標山12:1513:30平標山の家
2日目
山行
3時間5分
休憩
0分
合計
3時間5分
平標山の家06:2107:00平標山08:10松手山09:22平標登山口09:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山時は雨で松手山からの樹林帯はかなり滑って難しかったです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

平元新道から登っていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平元新道から登っていきます
朝日がとってもきらびやかに沢を照らします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日がとってもきらびやかに沢を照らします
林道にも朝日
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にも朝日
第一水場発見! 沢水ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一水場発見! 沢水ですね。
林道終了。ここから登山です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終了。ここから登山です
登山口の水場。手持ちの地図にはここに水場の表記があった。確かに湧き水ではあるが、少ないので砂が少し入ってしまいますね。これは浄水器が必要。水ならその前の第一水場(と名付けた)ところのほうがいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の水場。手持ちの地図にはここに水場の表記があった。確かに湧き水ではあるが、少ないので砂が少し入ってしまいますね。これは浄水器が必要。水ならその前の第一水場(と名付けた)ところのほうがいいですね。
ここからは階段が多くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは階段が多くなる
しばらく登ると苗場スキー場上部と同じくらいに。滑ると短いくらいなんだけどなー。歩くのとは大違い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく登ると苗場スキー場上部と同じくらいに。滑ると短いくらいなんだけどなー。歩くのとは大違い。
苗場山ひらたーい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場山ひらたーい!
平標山の家に到着。平標山がクッキリ!かなりうれしかったが、すぐに雲が出てきてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山の家に到着。平標山がクッキリ!かなりうれしかったが、すぐに雲が出てきてしまった。
1
持参のおにぎりタイムとテントを張る。ここで時間くったから雲が出てきてしまったのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持参のおにぎりタイムとテントを張る。ここで時間くったから雲が出てきてしまったのか。
2
三町に到着もガスが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三町に到着もガスが・・・
ガスがすごいスピード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがすごいスピード
花は詳しく無いので名前なしの写真だけで!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花は詳しく無いので名前なしの写真だけで!
1
これもなかなかきれいでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもなかなかきれいでした
4
もうちょっと紫だったけど、こちらも多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっと紫だったけど、こちらも多かった。
それでは仙ノ倉山へ行きます。真っ白ですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは仙ノ倉山へ行きます。真っ白ですが・・・
お花畑ですね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑ですね!
3
ちょっと違うアングル。一面です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと違うアングル。一面です!
仙ノ倉山へのこの道はとても気持ちがいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山へのこの道はとても気持ちがいい!
2
黄色い花もきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花もきれい
1
沿道を彩ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沿道を彩ってました。
振り返って平標山!うーん、いい感じ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って平標山!うーん、いい感じ!
しっかしガスの速さったらないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかしガスの速さったらないです。
仙ノ倉山直前でまた白い花!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙ノ倉山直前でまた白い花!
谷川岳最高峰登頂!!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷川岳最高峰登頂!!!
パンパンになったパンを食す!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンパンになったパンを食す!
下りぎわにもお花畑!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りぎわにもお花畑!
2
2日目の朝はなんとか山頂が見えたりしていたが、すぐにガスで消えてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝はなんとか山頂が見えたりしていたが、すぐにガスで消えてしまった。
平標山へ登り返し松手山方面へ向かう。この写真は1日目のもの。晴れていれば尾根沿いの気持ちいい道なんでしょうが、ガスです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平標山へ登り返し松手山方面へ向かう。この写真は1日目のもの。晴れていれば尾根沿いの気持ちいい道なんでしょうが、ガスです。
ちょっと熊が怖いですが、笹の稜線できもちがいいです。雨でも風でも。あ、このあたりから雨が降ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと熊が怖いですが、笹の稜線できもちがいいです。雨でも風でも。あ、このあたりから雨が降ってきた。
ときおりガスが切れる。稜線がきれいだね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ときおりガスが切れる。稜線がきれいだね。
天気は回復せず雨は強まるばかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は回復せず雨は強まるばかり
1
2,3度滑りましたが、なんとか帰還。
花の仙ノ倉山楽しかった!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2,3度滑りましたが、なんとか帰還。
花の仙ノ倉山楽しかった!

感想/記録
by swcork

テントでどこに行こうか悩んでいて、以前より気になってた苗場山を検討してみたが、祓川コースだと今の自分には体力的に厳しそうだと思い、地図でなんとなく横を見ると谷川岳最高峰の仙ノ倉山という名前を見て平標山の家を拠点に回ってみることにしました。
平標山(たいらっぴょうやま)ってなんて名前なの・・・

花の百名山で今が旬だというのは出発間近に知りました。
仕事で休みをもらえたのでどうせなら人気の山に平日に登ってみようと。
平元新道経由にしたのは水場があるからと、山の家でテントを張ってから歩くためです。

結果、平日で大正解でした。
山の家のご主人に聞くところによると、前日の日曜日は混み過ぎで休む場所すら無かったということです。この日は数えるほどしか人に会いませんでした。熊鈴を忘れてしまったので逆に怖いくらいでした。

山の家に着いた時には平標山はまだピークまでクッキリだったのにテント張っておにぎり食べたら雲が出てきてしまいました。
それでもときおり雲が切れてきれいなお花畑が臨めて良かったです。
花には疎く、名前とかまったくわかりませんが、大人気の花の百名山にほとんど人が居ない状態で登れたのは良かったです。
あれほど咲いているのを見ると、花に疎い自分でも楽しい気分になりました。

虫についてですが、山の家の稜線に出てからアブやハエ、そしてブヨが大量でした。半袖でしたが腕には虫よけスコーロンのアームカバー、首にはPRILETの山ストールでいましたが、肌の出ている顔などに気づかずに止まっているし、まとわりついてきてテントの外ではほとんど活動できませんでした。風が無かったのも要因でしょうが。
ハッカ油を薄めたスプレーを身体中に吹き付けてもそれほど変わった気がしてませんでした。直接スプレーを吹けば一瞬はいなくなりましたが。
顔へのバグネットがあれば完璧ですね。

2日目はあいにくの天気で雨がだんだん強くなるくらいでしたが、それでも下りの松手山までの稜線は気持ちよかった。
このコースは花が無くても晴れの日にまた来てみたいです。
訪問者数:535人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ