ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902875 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高から槍ヶ岳、上高地へ

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー uch
天候6/18 晴
6/19 晴のち曇のち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
5:55 起床
6:05 出発
6:15 東松原
6:17 明大前
6:19
6:27 新宿
7:00 スーパーあずさ1号
9:39 松本
10:00 松本BT
11:25 平湯温泉 2370円
11:40
12:25 新穂高 890円

16:00 上高地BT下山
16:30 バス(終バス17:00)
16:55 平湯温泉BT 3Fの温泉に入る(17:30まで) 食事はL.O. 16:30 食べれず。
17:50
19:15 松本
20:00 あずさ36号
22:37 新宿
天一でラーメン食べて24時前帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

スーパーあずさ1号にて「牛肉弁当」。 (06:49:41)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スーパーあずさ1号にて「牛肉弁当」。 (06:49:41)
3
松本からバスを乗り継いで新穂高。ガラガラだった。この日は槍平までで時間が欲しいので、平湯温泉でおにぎり3つ買って、バスで食べる。林道歩きが長いのでトレランシューズと長靴の二足。長靴袋はシーチングの仮縫い。 (12:16:33)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松本からバスを乗り継いで新穂高。ガラガラだった。この日は槍平までで時間が欲しいので、平湯温泉でおにぎり3つ買って、バスで食べる。林道歩きが長いのでトレランシューズと長靴の二足。長靴袋はシーチングの仮縫い。 (12:16:33)
1
右俣林道を歩く。穂高牧場脇の穂高平小屋。牧歌的。蒲田富士の向こうに涸沢岳を望む。(13:12:29)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣林道を歩く。穂高牧場脇の穂高平小屋。牧歌的。蒲田富士の向こうに涸沢岳を望む。(13:12:29)
2
穂高平の牧場。(13:15:26)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高平の牧場。(13:15:26)
2
白出沢の道分岐。 (13:49:49)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢の道分岐。 (13:49:49)
白出沢、林道終点で休憩にザックを下ろすと、蝶がとまっていた。 (13:52:43)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢、林道終点で休憩にザックを下ろすと、蝶がとまっていた。 (13:52:43)
1
白出沢より、中崎尾根の向こうに笠ヶ岳と抜戸岳を望む。 (13:58:09)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢より、中崎尾根の向こうに笠ヶ岳と抜戸岳を望む。 (13:58:09)
1
白出沢より奥穂高岳を望む。 (13:59:22)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢より奥穂高岳を望む。 (13:59:22)
ブドウ谷の一つ上流の沢あたりから中岳を望む。 (14:30:09)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブドウ谷の一つ上流の沢あたりから中岳を望む。 (14:30:09)
滝谷から北穂高岳を望む。 (15:14:49)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷から北穂高岳を望む。 (15:14:49)
1
滝谷避難小屋。渡渉してから気付いた。 (15:15:28)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷避難小屋。渡渉してから気付いた。 (15:15:28)
1
南沢あたりから涸沢岳を望む。 (15:53:15)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢あたりから涸沢岳を望む。 (15:53:15)
1
突如開けた別天地、槍平小屋に到着。 (16:09:39)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突如開けた別天地、槍平小屋に到着。 (16:09:39)
穂高を望む良い場所だ。ビッグアグネス フライクリークUL1。間違えてメッシュインナーを持ってきてしまったけれど、シュラフが暑すぎ感あるのでちょうど良かった。 (16:22:21)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高を望む良い場所だ。ビッグアグネス フライクリークUL1。間違えてメッシュインナーを持ってきてしまったけれど、シュラフが暑すぎ感あるのでちょうど良かった。 (16:22:21)
2
久々にレトルトのもつ煮。一泊なので酒もたらふくで、満足。水は右俣谷から汲みましたが、ちょうど小屋開けの水場工事中で、翌朝からは小屋の水場も出ていました。 (17:17:50)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々にレトルトのもつ煮。一泊なので酒もたらふくで、満足。水は右俣谷から汲みましたが、ちょうど小屋開けの水場工事中で、翌朝からは小屋の水場も出ていました。 (17:17:50)
2
夕暮れの北穂高岳と涸沢岳。 (19:04:30)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの北穂高岳と涸沢岳。 (19:04:30)
2
夕暮れの南岳と、中岳の南肩。 (19:05:08)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れの南岳と、中岳の南肩。 (19:05:08)
1
穂高から登る月。 (19:21:20)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高から登る月。 (19:21:20)
2
(6/19)3時起床、3:50出発。最終水場で2lに。 (05:06:35)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(6/19)3時起床、3:50出発。最終水場で2lに。 (05:06:35)
最終水場から標高差50m程度登ったところより、西穂高岳を望む。 (05:06:39)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終水場から標高差50m程度登ったところより、西穂高岳を望む。 (05:06:39)
1
飛騨沢2450mあたりから、抜戸岳を望む。右端の峠が弓折乗越。この木、いいですね。 (05:48:27)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2450mあたりから、抜戸岳を望む。右端の峠が弓折乗越。この木、いいですね。 (05:48:27)
1
千丈分岐あたりで、朝食。前日戻しのアルファ米。 (06:01:41)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千丈分岐あたりで、朝食。前日戻しのアルファ米。 (06:01:41)
1
飛騨沢2540mあたりから弓折岳から、双六岳を望む。 (06:16:56)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2540mあたりから弓折岳から、双六岳を望む。 (06:16:56)
1
飛騨沢2700mあたり。この日はもう氷点下まで下らなかった。 (06:53:39)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2700mあたり。この日はもう氷点下まで下らなかった。 (06:53:39)
飛騨沢2770mあたりから、笠ヶ岳から双六岳の大展望。 (06:55:17)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2770mあたりから、笠ヶ岳から双六岳の大展望。 (06:55:17)
1
飛騨沢2830mあたり。日が差す。 (07:11:05)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2830mあたり。日が差す。 (07:11:05)
飛騨沢2890mあたりから、双六岳から水晶岳を望む。 (07:19:28)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2890mあたりから、双六岳から水晶岳を望む。 (07:19:28)
飛騨沢2920mあたりから見降ろす。 (07:23:42)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨沢2920mあたりから見降ろす。 (07:23:42)
1
飛騨乗越まで、あともう少し。キバナシャクナゲ。 (07:25:13)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越まで、あともう少し。キバナシャクナゲ。 (07:25:13)
1
ガレガレのいい山ですね。 (07:34:07)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレガレのいい山ですね。 (07:34:07)
飛騨乗越から、ついに槍ヶ岳を望む。さんざ遠くから見てきた槍ヶ岳がこんな目の前に。 (07:39:24)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨乗越から、ついに槍ヶ岳を望む。さんざ遠くから見てきた槍ヶ岳がこんな目の前に。 (07:39:24)
3
大喰岳は、まだちょっと雪が多い感じ。 (07:39:33)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳は、まだちょっと雪が多い感じ。 (07:39:33)
1
槍ヶ岳山荘到着。 (07:53:45)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳山荘到着。 (07:53:45)
3
肩にザックをデポして山頂へ。さすが槍ヶ岳、登りますね。 (08:03:27)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩にザックをデポして山頂へ。さすが槍ヶ岳、登りますね。 (08:03:27)
1
最後のハシゴ。 (08:11:32)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のハシゴ。 (08:11:32)
1
槍ヶ岳頂上にて。 (08:13:36)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳頂上にて。 (08:13:36)
6
笠ヶ岳。 (08:15:01)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。 (08:15:01)
2
穂高をアップで。 (08:16:54)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高をアップで。 (08:16:54)
1
肩より槍沢を見降ろす。ここを滑りたいけれど、問題はここまで登ってこれるかだ。大ノマ乗越で完全にへばったからな...。 (08:32:49)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩より槍沢を見降ろす。ここを滑りたいけれど、問題はここまで登ってこれるかだ。大ノマ乗越で完全にへばったからな...。 (08:32:49)
1
大喰岳。痺れる。 (08:51:32)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大喰岳。痺れる。 (08:51:32)
殺生ヒュッテより槍ヶ岳。 (09:11:27)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテより槍ヶ岳。 (09:11:27)
2
いいね。滑りたいね。 (09:47:36)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいね。滑りたいね。 (09:47:36)
2
天狗原からの滝。 (10:11:58)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗原からの滝。 (10:11:58)
標高2300mでこの風景というのが面白いですね。 (10:15:17)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2300mでこの風景というのが面白いですね。 (10:15:17)
槍沢2100mあたりから振り返って中岳と大喰岳。名残り惜しい。 (10:45:37)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢2100mあたりから振り返って中岳と大喰岳。名残り惜しい。 (10:45:37)
槍沢キャンプ地。水場工事中でした。 (11:10:35)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢キャンプ地。水場工事中でした。 (11:10:35)
1
槍沢キャンプ地近くの河原にて昼食。いつもなら45分はとるところ、上高地の終バス(17:00)が不安で25分で済ます。 (11:17:10)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢キャンプ地近くの河原にて昼食。いつもなら45分はとるところ、上高地の終バス(17:00)が不安で25分で済ます。 (11:17:10)
ラードではなくマヨネーズを追加してみた。思ったよりマヨネーズ味もしない。この後、雨が降りだす。いいタイミングだった。 (11:22:36)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラードではなくマヨネーズを追加してみた。思ったよりマヨネーズ味もしない。この後、雨が降りだす。いいタイミングだった。 (11:22:36)
2
槍沢ロッジを過ぎると歩き易い。晴れていれば気持ちよい散策なのだが...。雨。 (12:17:28)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍沢ロッジを過ぎると歩き易い。晴れていれば気持ちよい散策なのだが...。雨。 (12:17:28)
1
標高1600mでこの景色。どうやら焼岳の噴火のせき止めが自然の砂防ダムになったようですね。小船、安房峠、安房平のラインが 梓川が岐阜に流れていた痕跡でしょうか。 (13:04:36)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1600mでこの景色。どうやら焼岳の噴火のせき止めが自然の砂防ダムになったようですね。小船、安房峠、安房平のラインが 梓川が岐阜に流れていた痕跡でしょうか。 (13:04:36)
横尾到着。ビールの自販機を目にして飲んでしまう。 (13:25:16)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾到着。ビールの自販機を目にして飲んでしまう。 (13:25:16)
1
いきなり真横を擦れ違って行った猿。ふてぶてしさに驚いた。 (13:36:55)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり真横を擦れ違って行った猿。ふてぶてしさに驚いた。 (13:36:55)
2
これが河童橋! 外国人観光客も多く、わざわざ外国からも来る所なのに、今迄来たことがなかったとは不覚。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが河童橋! 外国人観光客も多く、わざわざ外国からも来る所なのに、今迄来たことがなかったとは不覚。
1
上高地BT到着。終バスの一本前に乗れました。ガラガラ。行きに松本平湯往復の券を買ってしまったので、平湯に戻ってから松本です。これはこれで温泉に入れたのでよし。(16:01:39)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地BT到着。終バスの一本前に乗れました。ガラガラ。行きに松本平湯往復の券を買ってしまったので、平湯に戻ってから松本です。これはこれで温泉に入れたのでよし。(16:01:39)
2

感想/記録
by uch

行きたいと思いつつ、混んでそうという理由で敬遠していた槍ヶ岳に行ってきました。ゴールデンウィークに弓折岳から眺めてびっくりした飛騨沢の登りで。意外に林相が良いのに驚きました。槍ヶ岳というと穂先の印象が強いですが、下から上まで実にいい山だった。そして、ここは滑りに来たいけれど、板を担いで登れる気がしない...。

6/19 4:28-19:09 平地で最低19℃の予報。(かなり暑い)
EXPED SIM LITE UL 2.5XS+MHW Mtn Speed32でほかほか。シュラフ洗いたい。

槍平小屋: NHK第一 松本540よりも長野819,東京594,大阪666の方が良く入る。高山792は入らず。
ガス缶IP-250T 9g もつ煮レトルト沸騰、水150ml沸騰


ビッグアグネス フライクリークUL1 フライ+インナー 623.1
ビッグアグネス フライクリークUL1 ポール(袋込み) 256.3
グランドシート(CTF3自作) 37.3
テント袋兼アタックザック(CTF3自作) 17.6
SOL エマージェンシーシート 75g
着ゴザ(アストロフォイル800x910) 205g xxxマット(アストロフォイル400x910) 103gから変更
ペグ(DAC V字x12 ケース込み) 140.2
---
(623.1+37.3+17.6+75+140.2)+256.3+205=1354.5

マット(EXPED SIM LITE UL 2.5XS)ポンプバッグ,ケース込み 391g
コンプレッションバッグ (GRANITE GEAR 13l) 87g
シュラフ (MHW Mtn Speed32) 478g 巻き込み防止フラップ追加+10g
---
391+87+478=956
------
1355+956=2311

ジェットボイルSOLチタニウム+クッカーその他
212.3 ジェットボイル本体
6.5 ケース
4.2 蓋(アルミの焼肉たれ皿)
33.8 箸、スプーン、歯ブラシ(ケース込み)
24.4 ロート
20.8 塩 (ケース7.8g)
31.3 500mlカップ(ウェットティッシュケース改造)
11.0 150mlカップ(ワシン)
---
212.3+6.5+4.2+33.8+24.4+20.8+31.3+11.0=344.3

プラティパス1lx3 25*3 75g (行動中はさらに500mlペットボトルx2)
コジー アルファ米サイズ 28g
雪集め用ポリ袋30l 13g
-------
344.3+75+28+13=460.3

衣料袋 (ポンプバッグ兼用) 0g
MAMMUT Wing Half-Zip Jacket 89g
靴下(SEALSKINZ 防水ソックス) 76g
靴下(予備)63.4
ウォームハット(LOKI) 52g
ダウンジャケット (ファイントラック ポリゴン2ULジャケット) 191.5
------
89+76+63.4+52+191.5=471.9

革グローブ(Dickies LL) ナス環一個込み 125.9g
ショーワ 防寒テムレスLL 129.5
------
125.9+129.5=255.4

救急用品
37.4 三角巾
5.7 バンドエイドx9
11.7 パブロンx6
9.2 傷保護フィルム
7.5 テープバン
1.0 綿棒x4
1.3 デンタルフロス
13.4 メンターム
---
90.0
補修用品
5.3 タイラップ20cm x4
14.3 ガムテープ
7.4 針、糸、針金
10.4 防水マッチ
2.5 安全ピン x2
---
42.8
---
140.1

82.6 モンベル コンパクトヘッドランプ
48.8 ビクトリノクス クラシックl+壊中電灯 (OLIGHT i3EOS)
72.2 ソニー 山ラジオ
23.9 WobL(目覚し時計)
7.2 Ziploc M
---
235.0

電話(N-04C) 102.2
トイレットペーパー 166.3g (MIZO ミニスコップ モグ 23.4g、防水袋14.2g込み)
ファミマ氷袋 11g x2
袋 15g
------
140.1+235.0+102.2+166.3+11*2+15=680.6

160.9 GARMIN etrex30
165.7 LUMIX DMC-FT25+笛+コンパス
12.5 筆記用具
27.9 サングラス
35.2 財布
74.6 地図
15.0 鈴
12.0 ライター(vic ミニ)
7.3 Ziplok easy zipper M

106.1 単三(エネループプロ)x3+カメラ電池x1
-------
533.9

----------------------------------------------------------------
2311+461+472+256+681+534=4715

ザック PAC technology K2plus2改(背面ブレスエアー+ウエスト、チェスト、フロントポケット追加) 830g
パックライナー SEA TO SUMMIT evac 35l 116.8
----------------------------------------------------------------
830+116.8=946.8

アイゼン モンベルチェーンスパイク 377.2
ストック(BD ディタンスカーボンZ 130 288.7
傘(senz) 288.7
農園ハット改 93.5
ヘルメット Petzlシロッコ 167g
靴袋 20.5g

----------------------------------------------------------------
377.2+288.7+288.7+93.5+167+20.5=1235.6

================================================================
4715+947+1236=6898

------------------------------------------------------------------------
539.6 レトルトもつ煮
104.8 アルファ米 x2
37.7 ポークジャーキー
3.0 ふりかけ
142.9 マカダミアナッツ
57.9 マヨネーズ
267.9 若潮原酒250ml(ペットボトル込み)
------------------------------------------------------------------------
1.40kg

IP-250T(380g)*1

------------------------------------------------------------------------
6898+1400+380=8678
水なし食料燃料込み 9.0kg

------------------------------------------------------------------------
ファイントラック スキンメッシュ ロングスリーブ XL
Tシャツ Phenix M
モンベル バーサライト ジャケット L
モンベル トレントフライヤー パンツ S-L
サポーター(ZAMST RK-1左右)
ゲイター PAINE
長靴 ミツウマ フリスクライト M 1.48kg
モントレイル マウンテンマゾヒストII 556g
訪問者数:592人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/21
投稿数: 63
2016/6/22 1:45
 はじめまして
18,19日と新穂高からピントンしたので、飛騨乗越ですれ違ってますね。もしかして、その日の1番の先行者の方ですかね?時間的に早い時間に雪渓を登られてる方をみました!オレンジのヘルメットをかぶられてたような記憶が…。その後上高地に降りられたんですね!いい縦走ですね!昼過ぎから雨に打たれました。19日の朝まではいい天気だったんですけどね。梅雨だからしょうがないですね。おかげで空いてました!
お疲れ様でした!
登録日: 2014/4/2
投稿数: 268
2016/6/22 12:22
 ジプロックについて
uch様
いつも楽しく拝見しています。
特にアプローチと食事の記事は参考になります。
そこで一つお尋ねしたいことがあります。
アルファ化米等をいつもジプロックに移していますが
どのような理由と利点があるのでしょうか。
ご教授願えれば幸いです。
私はアルファ化米の袋にそのまま湯か水を入れて戻し
食べています。
uch
登録日: 2013/12/11
投稿数: 22
2016/6/22 22:35
 Re: はじめまして
tora75さん、こんばんは。
18日はこれぞ夏山という感じで良かったですね。飛騨沢の登りではオレンジ色のヘルメットかぶっていました。雪渓上部で遠く擦れ違ったかも。私は雪渓に釣られて夏道から北に外れたところを登っていました。暖冬のおかげで、この空いている時期に夏山を堪能できるのは今年ならではですね。穂先を一人でのんびり登れて良かったです。
uch
登録日: 2013/12/11
投稿数: 22
2016/6/22 22:36
 Re: ジプロックについて
borav64mさん、こんばんは。
ジプロックにしているのは、軽量化と省スペース化です。パッキングのし易さ、食べ終わった後のゴミの小ささはなかなか快適なので、お勧めです。ジップロックはフリーザーバッグです。カップ麺の場合、匂い漏れというデメリットがあるので、季節と山域によってはまずいかなとは思います。ここは悩みどころです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ