ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 902971 全員に公開 講習/トレーニング奥多摩・高尾

三頭山 読図講習

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー Satoshi884(CL), Jsangakubu, その他メンバー2人
天候晴れのち曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR奥多摩駅発丹波行きバスに乗車し、小河内神社下車(26分,520円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間25分
合計
6時間55分
S小河内神社前バス停09:2009:31麦山浮橋09:5009:59三頭山登山口(ヌカザス尾根)10:0010:50イヨ山11:0111:48ヌカザス山(糠指ノ峰・キタミノ峰)11:5412:03ツネ泣峠12:0412:15入小沢ノ峰(檜尾ノ峰)12:1712:39鶴峠分岐12:4013:00三頭山(西峰)13:2513:37ムシカリ峠13:35三頭山避難小屋13:4513:50大沢山13:5115:16槇寄山15:2315:26西原峠16:07仲の平バス停16:0816:13温泉センターバス停16:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
浮橋から三頭山登山口までが道標通りに行くとたどり着けないので注意
特になし
その他周辺情報下山後は数馬の湯での入浴、食事が良い。
ただし、17時32発のバスを逃すと19時までバスがないので注意。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 1
予備電池 1
1/25,000地形図 1
コンパス 1
ロールペーパー 1
ファーストエイドキット 1
筆記具 1
保険証 1
携帯電話 1
計画書 1
ザック 1
ザックカバー 1
タオル 1
個人装備品
数量
備考
防寒着 1
雨具 1
スパッツ 1
帽子 1
登山靴 1
水筒 1
時計 1
非常食 1
カメラ 1
日焼け止め 1
サングラス 1
講習資料 1

共同装備

共同装備品
数量
備考
ガイド地図 1

写真

登り始める前に周辺の地形と地図の照合を行います
2016年06月19日 09:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始める前に周辺の地形と地図の照合を行います
1
登山口から外れていくので途中でショートカット
2016年06月19日 09:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から外れていくので途中でショートカット
三頭山登山口
近くまで行かないとわからない
2016年06月19日 10:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三頭山登山口
近くまで行かないとわからない
1
コアジサイが綺麗に咲いてました
2016年06月19日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コアジサイが綺麗に咲いてました
1
ようやくイヨ山
読図をしながらなので以外と時間かかりました
2016年06月19日 10:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくイヨ山
読図をしながらなので以外と時間かかりました
1
ヌカザス山到着
2016年06月19日 11:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌカザス山到着
1
ギンリョウソウ
2016年06月19日 14:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
2
本日最後のピーク
槇寄山に到着
2016年06月19日 15:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日最後のピーク
槇寄山に到着
1

感想/記録

第2回山岳技術講習会として、三頭山での読図講習会を行った。
机上での理屈については15日の講習で説明したが、それだけでは実際に活用することができないので、実際の山で手を動かすことで読図を行うということを体感してもらった。
内容としては、地図上の地形と実際に見える地形の照合やそれが正しいかをコンパスを使って確かめる方法、1/25000地形図と実際のスケール感の確認など基本的なことを行いながら、現在地をどのように測位するかを講習した。
また、山座同定やピークでの正しい登山道の見分け方などコンパスの活用方法についても細かく行った。
三頭山は終始樹林帯なので、視界が悪く若干読図は難しいところもあったが、その分細かく地形を見ることができ、読図の練習としては良かった。
読図は一度の講習ではなかなか覚えることは難しいので、また機会があれば実施していきたい。
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ