ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903292 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

恵那山(広河原往復)

日程 2016年06月22日(水) [日帰り]
メンバー w-charider
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
47分
合計
5時間27分
S林道ゲート08:1508:38恵那山広河原ルート登山口10:40恵那山一等三角点10:4510:50恵那山頂避難小屋11:0011:10恵那山一等三角点11:4213:20恵那山広河原ルート登山口13:42林道ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
広河原のゲート〜広河原登山口間の林道は落石がとても多い場所。通過時は常に崖側に注意すること。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 登山靴 防寒着 行動食 非常食 飲料 タオル 帽子 地形図or登山地図 シルバコンパス ナイフ 山行記録メモ 時計 携帯電話 カメラ ヘッドランプ 救急医療セット ザックカバー ツェルト トイレットペーパー シェラカップ 雨傘 携帯電話バッテリー・ケーブル

写真

広河原駐車場のゲート。脇の駐車場には普通車20台くらいなら停められます。
治山工事の関係車両は普通にゲートの奥へ入っていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原駐車場のゲート。脇の駐車場には普通車20台くらいなら停められます。
治山工事の関係車両は普通にゲートの奥へ入っていきました。
1
恵那山は阿智セブンサミットの最高峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那山は阿智セブンサミットの最高峰。
ゲートからおよそ25分。
ここから林道を外れ、登山道へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートからおよそ25分。
ここから林道を外れ、登山道へ。
橋を渡ります。
増水時は注意が必要。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ります。
増水時は注意が必要。
およそ300mおきに距離の目安となる看板があります(山頂までに10枚あり、1〜10合目に相当)。
今回、10~15分おきに看板を通過したので、標準タイムからするとかなり急ピッチで登ったみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
およそ300mおきに距離の目安となる看板があります(山頂までに10枚あり、1〜10合目に相当)。
今回、10~15分おきに看板を通過したので、標準タイムからするとかなり急ピッチで登ったみたい。
1
4合目付近。
地形図にある1,716mの小ピーク?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4合目付近。
地形図にある1,716mの小ピーク?
4〜5合目あたりでいったん樹林帯から出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4〜5合目あたりでいったん樹林帯から出ます。
一面の絶景!
・・・だったであろうガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面の絶景!
・・・だったであろうガスの中。
ひたすら無心に登り続け、約2時間半で山頂着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら無心に登り続け、約2時間半で山頂着。
1
山頂小屋に向かう途中でホシガラスに遭遇。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋に向かう途中でホシガラスに遭遇。
山頂小屋近くのトイレにて。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋近くのトイレにて。
山頂小屋。
中には寝具と薪ストーブがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂小屋。
中には寝具と薪ストーブがありました。
小屋裏の岩場より。
実質的にはこの岩場の頂上が最高地点?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋裏の岩場より。
実質的にはこの岩場の頂上が最高地点?
1
ふたたびホシガラス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふたたびホシガラス。
ギンリョウソウ。
今回、唯一見つけた花でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。
今回、唯一見つけた花でした。

感想/記録

仕事の都合で平日休みがもらえたので、阿智セブンサミットの踏破を進めるべく、恵那山へ。

ここのところ、2時間程度で登れる山ばかりだったので、今回はそれなりに本格登山となりました。(結果として今回も2時間半くらいで登っちゃいましたが・・・。)

広河原の登山口から3合目くらいまでは景色も見えず、しかもほとんど急登。
花も咲いておらず、コースも単調だったので、必然的に無心登山になりました。

5合目を過ぎたあたりで樹林帯から一旦抜けたものの、視程100mほどの一面のガスで周囲の景色は全く見えず。

山頂についても展望はなく(もともと木が生い茂っていてあまり展望はよくない)、近年稀に見る、地味な登山となりました。

帰宅後、「日本百名山」「百名山紀行」「信州百名山」などを読み返してみたところ、当時は中津川市川上(かおれ)地区から登る前宮コース(2016年現在、崩落により通行止め)からが主流だったみたい。かのウォルター・ウエストンも登っていたというのはなかなか興味深いです。

個人的には、晴れていても広河原からのコースはかなり地味。
前宮からのコースは歴史的な地名などの看板も残っており、それなりに歴史を知れば面白そうです(今後、通れるようになればの話ですが・・・。)
訪問者数:531人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ