ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903373 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走近畿

戸倉スキー場から赤谷山を経て戸倉峠

日程 2016年06月12日(日) [日帰り]
メンバー loon_nz
天候曇り時々霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
下山地点の旧戸倉トンネル波賀町側入口付近に自転車をデポした後、
戸倉スキー場(ばんしゅう戸倉スノーパーク)の駐車場に車を停めて登山開始。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間27分
休憩
32分
合計
4時間59分
S戸倉スキー場駐車場05:3906:49880mピーク08:30赤谷山08:5410:10戸倉峠登山口10:1810:38国道29号旧道終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
比較的短めの行程なので、写真を撮りながらのゆったりとしたペースで歩いています。
今回の行程は全て指導標やマーキングはありますが、読図しながら歩くとまず万全です。
コース状況/
危険箇所等
戸倉スキー場の最上部に赤谷山への実質的な登山口があります。
今回の行程は全て宍粟50名山コースなので、要所に道標やマーキング有り。

その他周辺情報付近の国道29号沿いに流しそうめんのお店有り。
日帰り温泉施設も付近に2件有り。
コンビニは波賀町中心部まで降りないとありません。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シュラフ 三脚 熊鈴

写真

まずは上級者コースの振子沢ゲレンデを登っていきますが、
歩き始めのここが今日の全行程で最も急坂。
出来るだけ斜度が緩い東側を辿ります。
地形図では斜面東側にもう一本索道が描かれてますが、
現在あるのは西側のリフトのみです。
なお急斜面の振子沢ゲレンデを避けて、
ごく緩い作業道でスキー場上部へ向かうことも出来ます。

拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは上級者コースの振子沢ゲレンデを登っていきますが、
歩き始めのここが今日の全行程で最も急坂。
出来るだけ斜度が緩い東側を辿ります。
地形図では斜面東側にもう一本索道が描かれてますが、
現在あるのは西側のリフトのみです。
なお急斜面の振子沢ゲレンデを避けて、
ごく緩い作業道でスキー場上部へ向かうことも出来ます。

梅雨らしい湿気たっぷりでいきなり汗だくです・・。
振子沢ゲレンデの滑走距離は400mなので、
滑り降りればあっという間なんでしょうけど、
この東寄りの斜面は小回りの練習に良さそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅雨らしい湿気たっぷりでいきなり汗だくです・・。
振子沢ゲレンデの滑走距離は400mなので、
滑り降りればあっという間なんでしょうけど、
この東寄りの斜面は小回りの練習に良さそうです。
スキー場上部、みはらしゲレンデの下にて三角点を見つけました。
リフト乗り場の建物を起点に方向確認すると、コンパスが示した先の藪の中にあります。
周囲の現状は地形図に即していますので、意外にスムーズな探索でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場上部、みはらしゲレンデの下にて三角点を見つけました。
リフト乗り場の建物を起点に方向確認すると、コンパスが示した先の藪の中にあります。
周囲の現状は地形図に即していますので、意外にスムーズな探索でした。
四等三角点
点名:「管町」
標高:768.56m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四等三角点
点名:「管町」
標高:768.56m
三角点は確認出来たので、あとはみはらしゲレンデを登るだけです。
ゲレンデは殆ど緩斜面で滑走距離は350mですが、
斜面上部がやや急になります。
この戸倉スキー場は自分が初めて天然雪でスキーをしたところで、
あの上のほうの斜面が怖かった記憶が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点は確認出来たので、あとはみはらしゲレンデを登るだけです。
ゲレンデは殆ど緩斜面で滑走距離は350mですが、
斜面上部がやや急になります。
この戸倉スキー場は自分が初めて天然雪でスキーをしたところで、
あの上のほうの斜面が怖かった記憶が残っています。
斜度は28度なのですが、それほど距離は長くないので直登しました。
スキー場最上部のここが赤谷山への本格的な登山道が始まります。
この様子だとここから先は完全にガスってるようです。
2日続けてこの状況はトレーニングという目的が無ければちょっと萎えてしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度は28度なのですが、それほど距離は長くないので直登しました。
スキー場最上部のここが赤谷山への本格的な登山道が始まります。
この様子だとここから先は完全にガスってるようです。
2日続けてこの状況はトレーニングという目的が無ければちょっと萎えてしまいます。
880mピーク付近、ここで西寄りに大きく方向転換します。
但し今日は宍粟50名山コースなので指導標は付いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
880mピーク付近、ここで西寄りに大きく方向転換します。
但し今日は宍粟50名山コースなので指導標は付いています。
赤谷山へはあとはこのブナに彩られた尾根を直登するのみです。
この辺りから何だか以前よりも踏み跡がはっきりしているなと感じていました。
後で知ったことですが、この前日に以前に山でお会いしたことのある方を含めて団体さんが歩かれていたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山へはあとはこのブナに彩られた尾根を直登するのみです。
この辺りから何だか以前よりも踏み跡がはっきりしているなと感じていました。
後で知ったことですが、この前日に以前に山でお会いしたことのある方を含めて団体さんが歩かれていたようです。
展望は期待出来ないけど、ブナの尾根はやはり癒されます。
戸倉スキー場から赤谷山までは植林は少なく、歩いて楽しい尾根が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は期待出来ないけど、ブナの尾根はやはり癒されます。
戸倉スキー場から赤谷山までは植林は少なく、歩いて楽しい尾根が続きます。
スキー場を登るだけで赤谷山までの標高差の半分を登っているので、
尾根歩きの部分は比較的楽に感じます。
天候さえ良ければ途中で氷ノ山を眺められるところもあるのですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場を登るだけで赤谷山までの標高差の半分を登っているので、
尾根歩きの部分は比較的楽に感じます。
天候さえ良ければ途中で氷ノ山を眺められるところもあるのですが。
途中で比較的大きな尾根がいくつか派生するので、
下りで歩く場合はちょっと注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で比較的大きな尾根がいくつか派生するので、
下りで歩く場合はちょっと注意が必要です。
雨は全く降っていなかったはずですが、滴が垂れてくるので結局は濡れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨は全く降っていなかったはずですが、滴が垂れてくるので結局は濡れました。
県境尾根に乗りました。ここから赤谷山山頂まではすぐです。
この指導標から南側は波佐利、山品などへ続くバリルートのエリアです。
5月には波佐利から赤谷まで歩きましたが、今日歩けばびしょ濡れになるでしょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県境尾根に乗りました。ここから赤谷山山頂まではすぐです。
この指導標から南側は波佐利、山品などへ続くバリルートのエリアです。
5月には波佐利から赤谷まで歩きましたが、今日歩けばびしょ濡れになるでしょう。
赤谷山山頂(1,216m)到着。
初めて全く展望の無い状態で来ましたが、本当は宍粟を代表するほどの好展望の山です。
山頂だけは上に木が無いので地面は乾いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山山頂(1,216m)到着。
初めて全く展望の無い状態で来ましたが、本当は宍粟を代表するほどの好展望の山です。
山頂だけは上に木が無いので地面は乾いていました。
山名標に白い板があって、ひっくり返したらこの写真が。
どなたかがご厚意で置いていかれたようです。
晴れていると南側にはこのような展望が待っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名標に白い板があって、ひっくり返したらこの写真が。
どなたかがご厚意で置いていかれたようです。
晴れていると南側にはこのような展望が待っています。
二等三角点
点名:「落折」
標高:1216.57m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二等三角点
点名:「落折」
標高:1216.57m
赤谷山からは自転車を置いてある戸倉峠へ向かいます。
県境尾根通しに宍粟50名山コースが続くので快適に歩けます。
引き続いてブナと笹が美しい尾根を途中までは楽しめます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤谷山からは自転車を置いてある戸倉峠へ向かいます。
県境尾根通しに宍粟50名山コースが続くので快適に歩けます。
引き続いてブナと笹が美しい尾根を途中までは楽しめます。
そういえばこの尾根は紅葉がきれいな時期をまだ観ていないなと思い当たりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そういえばこの尾根は紅葉がきれいな時期をまだ観ていないなと思い当たりました。
まだまだ県境尾根の美しい光景が続きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ県境尾根の美しい光景が続きます。
1,143mピーク。
ここで指導票に従い、北西側へ下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1,143mピーク。
ここで指導票に従い、北西側へ下っていきます。
戸倉峠が近づくにつれて植林も目に付いてきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉峠が近づくにつれて植林も目に付いてきます。
この“人”の字の木が目印になっている1,010m+ピークを通過。
ここも指導票に従い、北西へ方向転換します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この“人”の字の木が目印になっている1,010m+ピークを通過。
ここも指導票に従い、北西へ方向転換します。
地形図上の戸倉峠の“戸”の字が被ってる辺りが急坂です。
林道に出るまでは気を抜かずに用心深く下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図上の戸倉峠の“戸”の字が被ってる辺りが急坂です。
林道に出るまでは気を抜かずに用心深く下っていきます。
戸倉峠の波賀町側で林道に降り立ちます。
少し前まで砂利道でしたが、最近かなりの部分が舗装されたようでピカピカです・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸倉峠の波賀町側で林道に降り立ちます。
少し前まで砂利道でしたが、最近かなりの部分が舗装されたようでピカピカです・・。
旧戸倉トンネル波賀町側入口付近まで降りてくると、鎖で封鎖されていました。
最近になって宍粟各地の林道にゲートが設けられ始めました。
以前よりも林道歩きが必須となる行程が増えたので、
山行準備の情報収集の重要性は増したと思います。
ゲートを出るとそこは旧国道29号で、自転車を待機させてあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧戸倉トンネル波賀町側入口付近まで降りてくると、鎖で封鎖されていました。
最近になって宍粟各地の林道にゲートが設けられ始めました。
以前よりも林道歩きが必須となる行程が増えたので、
山行準備の情報収集の重要性は増したと思います。
ゲートを出るとそこは旧国道29号で、自転車を待機させてあります。
ここから戸倉スキー場手前まで殆どペダルを漕がずにダウンヒルです。
この日は日差しが無かったので、汗が一気に引きました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから戸倉スキー場手前まで殆どペダルを漕がずにダウンヒルです。
この日は日差しが無かったので、汗が一気に引きました♪
デポ地点から自転車を楽しむ間もなく、
10分程度で戸倉スキー場の振子沢ゲレンデが見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポ地点から自転車を楽しむ間もなく、
10分程度で戸倉スキー場の振子沢ゲレンデが見えてきました。
振子沢ゲレンデ前の駐車場に到着。
昨日に続いて今日もガスってはいましたが、
全く雨には降られずにこの時期としては心地良い山行になりました。
昨シーズンはほぼ全国的に雪不足のシーズンでしたが、
来シーズンはその分を取り返すくらいに雪が積もってほしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振子沢ゲレンデ前の駐車場に到着。
昨日に続いて今日もガスってはいましたが、
全く雨には降られずにこの時期としては心地良い山行になりました。
昨シーズンはほぼ全国的に雪不足のシーズンでしたが、
来シーズンはその分を取り返すくらいに雪が積もってほしいです。

感想/記録

ヤブでびしゃびしゃになるのを嫌って、赤谷山で定番ルートといえる周回行程で歩きました。
赤谷山はやはり展望が素晴らしいので、好天の日に登るべきと改めて実感しました。
それでもどうにか夏前に2日間のテント泊を含むトレーニングを無事に消化出来たので良しとします。
訪問者数:312人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ