ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903460 全員に公開 ハイキング比良山系

比良・堂満岳(堂満東稜道→P→荒川峠)

日程 2016年06月22日(水) [日帰り]
メンバー fuduki42
天候曇 ガス
アクセス
利用交通機関
電車
JR京都駅→JR比良駅
JR志賀駅→JR京都駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間49分
休憩
12分
合計
8時間1分
S比良駅06:4108:01ノタノホリ08:1311:02堂満岳11:35南比良峠12:07荒川峠14:42志賀駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

桜のコバ。比良駅から歩いて約1時間弱。
このコースは3回目になる。車で近くのイン谷口まで行くのと違い駅から歩くのも悪くはない。
2016年06月22日 07:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜のコバ。比良駅から歩いて約1時間弱。
このコースは3回目になる。車で近くのイン谷口まで行くのと違い駅から歩くのも悪くはない。
2
コバから本格的な登りになるも別荘地?を抜けると又舗装道に出る。
2016年06月22日 07:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コバから本格的な登りになるも別荘地?を抜けると又舗装道に出る。
1
ノタノホリ 連日の雨で湿気は一杯。たっぷりの汗。
植林帯、抉られた道と鬱陶しいそのものだ。
水が溢れたら道を横切って反対側の谷に流れ落ちて行く様だ。
2016年06月22日 08:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノタノホリ 連日の雨で湿気は一杯。たっぷりの汗。
植林帯、抉られた道と鬱陶しいそのものだ。
水が溢れたら道を横切って反対側の谷に流れ落ちて行く様だ。
2
少し登ると南比良峠からの深谷へのルートの分岐。
中腹のなだらかな堂満東稜道になる。
最後は谷沿いになり、堂満からの尾根に取りつく。
2016年06月22日 08:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると南比良峠からの深谷へのルートの分岐。
中腹のなだらかな堂満東稜道になる。
最後は谷沿いになり、堂満からの尾根に取りつく。
2
道も確りして、テープもあり迷うことは無い。
2016年06月22日 09:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道も確りして、テープもあり迷うことは無い。
2
途中の大岩。ここ等からじょじょに勾配がきつくなる。
2016年06月22日 10:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の大岩。ここ等からじょじょに勾配がきつくなる。
3
苦しい登りの励まし?
2016年06月22日 10:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苦しい登りの励まし?
1
頂上までの最後の200Mの登りはきつく、立ちながら何回も息を調える。登りで平日にもかかわらず若い人が追いついてきた。あい前後しながら登っていたが、大きな荷物を持っていたからか10分位一服していたが登ってこなかった。
2016年06月22日 10:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上までの最後の200Mの登りはきつく、立ちながら何回も息を調える。登りで平日にもかかわらず若い人が追いついてきた。あい前後しながら登っていたが、大きな荷物を持っていたからか10分位一服していたが登ってこなかった。
3
頂上付近はシャクナゲの群落。満開の時は登山者が多いだろう。
視界は全くきかない。
2016年06月22日 11:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近はシャクナゲの群落。満開の時は登山者が多いだろう。
視界は全くきかない。
2
縦走路に出る。左へ
2016年06月22日 11:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に出る。左へ
2
トラバース道が続く。
2016年06月22日 11:16撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道が続く。
2
南比良峠の手前に鎮座していた。何時の頃のか?京伏見は読めたが・・・
何処へのお参り? 道案内?
2016年06月22日 11:31撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南比良峠の手前に鎮座していた。何時の頃のか?京伏見は読めたが・・・
何処へのお参り? 道案内?
4
ここからも湖岸へ下れるが、少し難路。
昔 通った事があるようで赤線が引いてある。覚えもない。
2016年06月22日 11:33撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからも湖岸へ下れるが、少し難路。
昔 通った事があるようで赤線が引いてある。覚えもない。
3
若狭道(鯖街道)の坊村への分岐。
2016年06月22日 11:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若狭道(鯖街道)の坊村への分岐。
4
堂満の登りで体力使い果たし、南比良峠からの登りは何回も休む。
2016年06月22日 12:02撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂満の登りで体力使い果たし、南比良峠からの登りは何回も休む。
3
下り始めると直ぐにあった標識。「山と高原」地図では迷いの注意。標識があるので大丈夫。
地図では谷芯になっているが実際は道は横を小刻みのジグザグが嫌になるほど続き高度を下げて行く。
2016年06月22日 12:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めると直ぐにあった標識。「山と高原」地図では迷いの注意。標識があるので大丈夫。
地図では谷芯になっているが実際は道は横を小刻みのジグザグが嫌になるほど続き高度を下げて行く。
4
地図にも記載されている水場。コーヒー用に汲む。
2016年06月22日 13:00撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図にも記載されている水場。コーヒー用に汲む。
3
葛川越への大岩谷分岐。
今は随分と崩壊場所が多く余り近づかない方が良いようだ。しかし昔は葛川への確りした道だった様で、林道までの道は良かった。
2016年06月22日 13:13撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛川越への大岩谷分岐。
今は随分と崩壊場所が多く余り近づかない方が良いようだ。しかし昔は葛川への確りした道だった様で、林道までの道は良かった。
3
撮影機材:

感想/記録

家を出る直前まで天気予報を確かめる。夕方まで持つように願って出発。
何とか持ってくれたが、十分な湿気と視界不良。で苦行の連続。
頂上直下の約200Mの登りはきつかった。手足を使っての登りだ。
ヤマレコで見たが、もし下りに使うなら要注意。
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 水場 高原 シャクナゲ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ