ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903598 全員に公開 ハイキング奥武蔵

ヤマノススメ聖地巡礼・天覧山、多峯主山、吾妻峡、cazuキャンプ場

日程 2016年06月22日(水) [日帰り]
メンバー meitrix
天候雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
西武池袋線・飯能駅から国際興業バス・名栗車庫ゆき(17:14発)で久林バス停へ。
帰りは久林(20:50発)から飯能駅へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
4時間19分
合計
8時間37分
S飯能駅12:5313:11飯能中央公園13:19天覧山中段13:22天覧山13:2714:04多峯主山14:1514:31御嶽八幡神社15:16吾妻峡15:1915:34八耳堂15:3616:17飯能駅17:1417:54久林バス停20:5521:30飯能駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨模様でも特に危険箇所無し。
その他周辺情報多峯主山山頂の少し下にトイレあり。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック カメラ 三脚 タブレット 携帯 時計 財布 タオル ティッシュ メモ帳 手帳 行動食
備考 飲み物は運よく途中で安く買えたが、始めから用意しておけばよかったかも。

写真

天覧山を後にして、多峯主山へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天覧山を後にして、多峯主山へ
2
まむしに注意!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まむしに注意!
5
見返り坂。源義経の母、常盤御前が、振り返り振り返り登ったとか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見返り坂。源義経の母、常盤御前が、振り返り振り返り登ったとか。
3
もうすぐ多峯主山山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ多峯主山山頂です
3
山頂に着きました!雨の平日のためか、他に誰もいませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着きました!雨の平日のためか、他に誰もいませんでした。
5
多峯主山山頂からの眺め。曇り空でも良い景色です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯主山山頂からの眺め。曇り空でも良い景色です。
1
多峯主山山頂近くに新しくできたトイレ。小も大もできます。中に入ると自動で電気が点きます。ありがたく使わせていただきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多峯主山山頂近くに新しくできたトイレ。小も大もできます。中に入ると自動で電気が点きます。ありがたく使わせていただきました。
うーん・・・多分ここでいいと思うんだけど、ここじゃないかなぁ・・・?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うーん・・・多分ここでいいと思うんだけど、ここじゃないかなぁ・・・?
吾妻峡着きました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻峡着きました!
3
ここが例の場所か!水に手を浸してみると、確かに冷たい!泳ぐのは辛そう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが例の場所か!水に手を浸してみると、確かに冷たい!泳ぐのは辛そう。
5
ドレミファ橋中央より。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドレミファ橋中央より。
吾妻峡を後にします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻峡を後にします
2
あおいとひなたはこっちから来たのでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あおいとひなたはこっちから来たのでした。
1
アニメとは逆にルートを辿ってゆきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アニメとは逆にルートを辿ってゆきます。
3
八耳堂でお参り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八耳堂でお参り。
3
車に気を付けながら撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車に気を付けながら撮影
4
ひなたをマネして縁石の上を歩いてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひなたをマネして縁石の上を歩いてみました。
3
もうすぐ割岩橋です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ割岩橋です
3
飯能駅に到着。駅ビルのひだまり山荘のディスプレイ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯能駅に到着。駅ビルのひだまり山荘のディスプレイ。
3
アニメ絵も良いが、原作絵もまた良し。どちらも甲乙つけがたし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アニメ絵も良いが、原作絵もまた良し。どちらも甲乙つけがたし。
4
駅前で休んでたら、ラッピングバスに遭遇。飯能を徘徊してると結構な確率でラッピングバス見かけるけど、全部で何台あるんだろ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前で休んでたら、ラッピングバスに遭遇。飯能を徘徊してると結構な確率でラッピングバス見かけるけど、全部で何台あるんだろ?
4
駅前でぼーっとしてるのも何なので、さっさとキャンプ場へ。午後6時、他に誰もいません。ヤマノススメのアニメを見ながら時間をつぶします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前でぼーっとしてるのも何なので、さっさとキャンプ場へ。午後6時、他に誰もいません。ヤマノススメのアニメを見ながら時間をつぶします。
1
川面はかなりモヤってますが、撮影に影響ないか心配・・・結果、全然問題なかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川面はかなりモヤってますが、撮影に影響ないか心配・・・結果、全然問題なかったです。
1
初めてホタルの軌跡を撮影成功!19時43分。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてホタルの軌跡を撮影成功!19時43分。
4
19時44分。まだ完全に暗くなる前なので、風景もなんとか写ってますが、時間とともに写らなくなります。安物カメラの限界です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19時44分。まだ完全に暗くなる前なので、風景もなんとか写ってますが、時間とともに写らなくなります。安物カメラの限界です。
2
19:50。だんだん暗くなってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19:50。だんだん暗くなってきました。
1
20:04。真っ暗に。これが本日のベストショットです。40枚ぐらい撮りましたが、大抵の写真は1〜2匹ぐらいの軌跡しか写ってませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20:04。真っ暗に。これが本日のベストショットです。40枚ぐらい撮りましたが、大抵の写真は1〜2匹ぐらいの軌跡しか写ってませんでした。
4
これもなかなかいい感じに撮れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもなかなかいい感じに撮れました。
8

感想/記録

去年初めて見たホタルに大感動し、これはぜひとも写真に撮りたい!と思ったが、ホタルを撮れるカメラを持っていない・・・。
あれから1年、カメラと三脚を調達し、満を持して初めてのホタル撮影にチャレンジです。

しかしホタルが見れるのは夜だし、せっかく飯能まで足を運ぶなら昼間についでに聖地巡礼できないか?と思って12話の天覧山→多峯主山ルート、そしてそこから歩いて行ける7話に出てきた吾妻峡に行ってみることにしました。

天覧山は何度も来てるので写真も撮りませんでした。途中のややキツイ坂道ももう慣れっこです。
「このくらいなら毎日の散歩にもちょうどいいくらいだなあ」というあおいの成長を、自分の成長と重ね合わせて感慨にふけってみたりしました。

多峯主山は飯能新緑ツーデーマーチで一度登ったのでそれほどの心配も感じず、また棒ノ嶺の急登を制覇した自分にとって、体力的にも難度の面から見ても余裕でしたが、それでも登りはハアハアと息が切れる所も。
山頂からの眺めは前に見ていましたが、改めて一人きりで眺めてみると、標高のわりにかなりの絶景です。駅から歩いて1時間強でこれほどの絶景を拝めるなんて、ホントに飯能市民がうらやましいです。
アニメではあおいの気持ちに変化が起こる、話のターニングポイントとして重要な地点ですが、自分はまだ登山で挫折は味わっていないので、ここでは特に感慨は沸かず。富士山チャレンジ後に訪れた方が良かったかも?富士山に登ったら、また来ようかなあ。

行動食としてカロリーメイトを用意していたので、吾妻峡に向かう途中で食べたけど、飲み物を持ってこなかった・・・。ちょっと失敗したかと思っていたところ、ちょうどドラッグストアに出くわし、安くスポーツドリンクを調達できました。これはツイてる!
吾妻峡までどう行けばいいか、ネットが無ければ道順はわからなかったでしょう。今回は他の方のヤマレコの記録からgpxファイルをダウンロードして、「地図ロイド」に読み込ませたら、どの道をどう行けばいいのかバッチリわかりました。全く迷うこと無し。すげーな!ネット時代・スマホ時代。もはや一昔前とは隔世の感があります。

吾妻峡・ドレミファ橋に到着。ここが例の場所か!ってホントはアニメどおりの道順で来たかったけど・・・。
確かに川の水は冷たかったけど、真夏なら泳ぐ人もいるかも?山あり川ありで、飯能は豊かな土地ですね。

さて、アニメとは逆の道順でアニメに登場した場所の写真を回収しつつ、予定より早く飯能駅に到着。ホタルが見れるまではまだ時間があるので、珈琲館で時間つぶそうかと思ったけど、余計な出費はなるべく控えることにして早々にcazuキャンプ場へ。
誰もいなくて1番乗りでした。100円を払って、早速三脚の用意。
カメラがぶれるといけないので三脚は動かさないつもりでしたが、ホタルはあっちに現れてはこっちに現れ、といった感じで、どこで光るかわからないので、結局その都度三脚を移動させては撮り、また向きを変えては撮り、を繰り返しました。足場は砂と石ですが、三脚をぐりぐりと突き刺すようにすれば固定され、写真がぶれることは無かったです。しかしそれでも気まぐれで光るホタルをバッチリとらえることは難しく、「乱舞」と言えるような何匹もの軌跡を写真に収めることができたのは40数枚中2〜3枚だけでした。

去年は7月上旬に訪れたのですが、雨ということもあってか、または時期が遅かったか、光ったのは100回を超えるぐらいかな?という感じでしたが、今年はちょうどいい時期に来たようで、もうあっちでピカピカ、こっちでピカピカと光りまくりです。キャンプ場全体で、何百回と光ったんじゃないかな?
しかしながら最初の時の感動はもう湧いてこなかったです。が、無事撮影に成功したので大満足。

カメラはGEのJ1455。ヤマノススメ聖地巡礼ブログを読んで、ホタルを写すには、絞り値3.0、ISO1600、シャッタースピード30秒が必要だということがわかりました。で、その条件でカメラを探しましたが、シャッタースピードを遅くできるカメラってなかなか無いんですね。この機種は30秒写せる一番安いカメラだったので、ホタルが撮れるかわからなかったけど、思い切って買ってみました。
問題はマニュアルフォーカス機能がなく、オートフォーカスのみな事。しかし暗闇でもフォーカスできる「AFアシストビーム」という機能がついてます。しかしこれは赤い光線を出して照らしてフォーカスする機能。ホタルを撮るときに使っては周りの人にもホタルにも迷惑です。なのでこの点も心配だったのですが、結果を言うと杞憂でした。普通のオートフォーカスでばっちり写りました。
しかし時刻が遅くなり真っ暗闇になると、風景は全く写らなくなりました。やはり安物ですので限界はあるようです。しかし全くホタルを写せなかったらどうしようと心配でしたが、ばっちり写せたので大満足です。

というわけで、7話・12話・13話と3つの話を一日で聖地巡礼するという無謀ともいえる試みは無事大成功と相成りました。
またしても大切な思い出の1ページが増えました。
ヤマノススメに関することを目的に外出する日は、いつも大事な思い出の一日となっています。その確率は100パーセント!恐るべし、ヤマノススメ。こんな作品と出会えて本当に幸せです。ありがとう、しろ先生。
さあ、次は富士山だ!どうか晴れますように・・・。
訪問者数:391人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 行動食 トビ キャンプ場
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ