ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903838 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

北高尾山稜〜夕焼小焼の里

日程 2016年06月19日(日) [日帰り]
メンバー topaz_19
天候曇〜小雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
IN)高尾駅
OUT)夕焼小焼の里―(バス)→高尾駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
51分
合計
6時間59分
S高尾駅08:5209:15霊園前バス停09:1609:33北条氏照の墓09:3509:42八王子城跡バス停09:4610:06御主殿の滝10:1410:26八王子城跡バス停10:3111:19八王子城跡11:2211:50八王子城天守閣跡11:5212:11富士見台12:3112:36杉沢ノ頭(峰ドッケ)12:3712:52高ドッケ12:5313:08板当山13:14板当峠13:1613:26狐塚峠13:2714:24黒ドッケ14:2515:50夕焼小焼バス停15:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 半袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 折り畳み傘

写真

高尾駅から出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高尾駅から出発。
八王子城址までの道の脇に紫陽花が咲いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八王子城址までの道の脇に紫陽花が咲いています。
八王子城址最寄りの霊園前バス停はこの先の高速道路の高架下にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八王子城址最寄りの霊園前バス停はこの先の高速道路の高架下にあります。
少し道をそれて北条氏照の墓所に立ち寄ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し道をそれて北条氏照の墓所に立ち寄ります。
北条氏照の墓所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北条氏照の墓所。
元の道に戻り少し行くと八王子城址の案内施設があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元の道に戻り少し行くと八王子城址の案内施設があります。
古道を通り館のあった御主殿跡に向かいます。曳橋という橋が架かっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古道を通り館のあった御主殿跡に向かいます。曳橋という橋が架かっています。
御主殿跡。奥に館の遺構があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御主殿跡。奥に館の遺構があります。
まさに兵(つわもの)どもが夢の跡、という感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まさに兵(つわもの)どもが夢の跡、という感じです。
御主殿の滝。悲しい物語があったようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御主殿の滝。悲しい物語があったようです。
ここから本丸に登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから本丸に登ります。
途中で下界が見えるところがあります。見えにくいですが中央やや左の黒い高い建物は八王子駅前のビルです。(たぶん)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で下界が見えるところがあります。見えにくいですが中央やや左の黒い高い建物は八王子駅前のビルです。(たぶん)
八王子神社。本丸跡はこの社の裏手少し上です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八王子神社。本丸跡はこの社の裏手少し上です。
八王子城本丸跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八王子城本丸跡。
本丸跡から縦走路に入ってから道が屈曲しているところがあり、一瞬戸惑いました。道標に従えば問題ありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸跡から縦走路に入ってから道が屈曲しているところがあり、一瞬戸惑いました。道標に従えば問題ありません。
八王子城天守閣跡。詰の城ともいうらしいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八王子城天守閣跡。詰の城ともいうらしいです。
富士見台。この日は残念ながら富士山は見えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台。この日は残念ながら富士山は見えませんでした。
富士見台。昼食を取っていたらパワー全開のおばちゃん集団に取り囲まれて圧倒されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台。昼食を取っていたらパワー全開のおばちゃん集団に取り囲まれて圧倒されました。
杉沢の頭。この先から次第に脚が痙攣気味になってきてマズい感じになってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉沢の頭。この先から次第に脚が痙攣気味になってきてマズい感じになってきました。
板当峠。林道と合流。林道(右)と小下沢林道に下る道(左)との真ん中の道を行きます。脚が痛いので小下沢林道に下るかどうか迷います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板当峠。林道と合流。林道(右)と小下沢林道に下る道(左)との真ん中の道を行きます。脚が痛いので小下沢林道に下るかどうか迷います。
小下沢林道に下る道の分岐があります。(2回目)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小下沢林道に下る道の分岐があります。(2回目)
狐塚峠。小下沢林道に下る道の分岐があります。(3回目)下るか迷ったのですが、距離とその後の交通手段を考えると夕焼小焼の里に降りた方が良いと考え、もう少しがんばることにしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狐塚峠。小下沢林道に下る道の分岐があります。(3回目)下るか迷ったのですが、距離とその後の交通手段を考えると夕焼小焼の里に降りた方が良いと考え、もう少しがんばることにしました。
黒ドッケ。堂所山方面に向かう当初の計画は断念し、ここから夕焼小焼の里(写真正面方向)に下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒ドッケ。堂所山方面に向かう当初の計画は断念し、ここから夕焼小焼の里(写真正面方向)に下ります。
急斜面を下ります。この辺りから膝も痛くなってきました。正面方向は作業道とありますが、標識に従えば迷うことはないと思います。(暗くなったら要注意かもしれません。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を下ります。この辺りから膝も痛くなってきました。正面方向は作業道とありますが、標識に従えば迷うことはないと思います。(暗くなったら要注意かもしれません。)
夕焼小焼の里の園内の最高地点。左右どちらでも下れます。今回は左に行きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼小焼の里の園内の最高地点。左右どちらでも下れます。今回は左に行きました。
下に常設のキャンプ施設が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に常設のキャンプ施設が見えてきました。
紫陽花が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫陽花が綺麗です。
標識に従い曲がらずに直進します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識に従い曲がらずに直進します。
園内にボンネット型のバスがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
園内にボンネット型のバスがありました。
金の星橋を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金の星橋を渡ります。
夕焼小焼の里バス停。ゴールです。1時間に1本しかないので時間には要注意です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼小焼の里バス停。ゴールです。1時間に1本しかないので時間には要注意です。

感想/記録

前半は八王子城址を見て回り楽しく歩き回っていました。その後、富士見台での昼食休憩の後、板当峠辺りから両脚の筋肉が痙攣気味になって思うように歩けなくなってしまいました。当初は堂所山方面に向かう予定でしたが、断念して黒ドッケから夕焼小焼の里にヨタヨタと下山しました。(その後次第に本格的に痙攣してきて、かつ、下山を始めたら膝も痛くなってきて散々でした。)当日は曇りでそんなに暑くはなかった気がしていましたが、汗は大量にかいたので(それなりにスポーツドリンクは飲んでいましたが)実は脱水又は熱中症気味だったのかもしれません。これからの季節は要注意かと思います。
訪問者数:93人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 熱中症 道標 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ