ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 903871 全員に公開 ハイキング丹沢

鶴巻温泉駅から大山山頂まで

日程 2016年06月24日(金) [日帰り]
メンバー genasona
天候曇り。山頂近くでポツポツの雨。
アクセス
利用交通機関
電車
鶴巻温泉駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
22分
合計
5時間25分
Sスタート地点08:4609:00吾妻山09:0109:17善波峠09:28弘法山09:40善波峠09:47浅間山(名古木浅間山・善波山・ボンテン)09:55念仏山10:24高取山10:47高取山10:4810:59不動越(イヨリ峠)11:06千畳敷山11:0711:23百合ノ台11:30浅間山12:34大山12:5113:05不動尻分岐13:38見晴台13:4013:52二重滝14:11阿夫利神社下社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日の雨のせいで道はぬかるんでいました。
頂上は大きな水溜りがあちこちに。
ヒルに一箇所だけ噛まれていました(すでにヒルは食事を終えて帰宅)。
阿夫利神社前売店の方に指摘されてはじめて気づきました。
ケーブルカーで山を下り、そこから鶴巻温泉駅まで歩きました。
1時間ちょっとかかりました。
その他周辺情報頂上の店はお休みでした。
平日&雨のせいかと。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

備考 雨・寒さ対策をまったくしていかなかったので、ポンチョをもっていけば良かった。

写真

吾妻山。
この時点ですでに汗がしたたる。
2016年06月24日 09:00撮影 by KYL21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻山。
この時点ですでに汗がしたたる。
弘法山。
汗ダラダラ。
地図をよく見て、大山に行くのであれば、弘法山まで来る必要はないことに気づく。
来た道を引き返す。
2016年06月24日 09:27撮影 by KYL21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法山。
汗ダラダラ。
地図をよく見て、大山に行くのであれば、弘法山まで来る必要はないことに気づく。
来た道を引き返す。
念仏山。
汗で全身ビッショリ。
先に休憩していた方に「この先ヒルがたくさんいるから気をつけてね」と言われ、ビビる。
2016年06月24日 09:55撮影 by KYL21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
念仏山。
汗で全身ビッショリ。
先に休憩していた方に「この先ヒルがたくさんいるから気をつけてね」と言われ、ビビる。
高取山。
まだヒルには会わない。
ここで道を間違える。
地図をちゃんと見ないでテキトーに進んで、ゴルフ場にぶつかる。
自分を呪いながら引き返す。
2016年06月24日 10:25撮影 by KYL21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山。
まだヒルには会わない。
ここで道を間違える。
地図をちゃんと見ないでテキトーに進んで、ゴルフ場にぶつかる。
自分を呪いながら引き返す。
1
なんやかやで山頂。
霧と雨で全身グッショリ&ヒエヒエ。
おばさまたちは山の上でも家族・子供の話で盛り上がれるので、すごい。
じっとしていると寒いので、早々と下山開始。
2016年06月24日 12:36撮影 by KYL21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんやかやで山頂。
霧と雨で全身グッショリ&ヒエヒエ。
おばさまたちは山の上でも家族・子供の話で盛り上がれるので、すごい。
じっとしていると寒いので、早々と下山開始。
1
見晴台。
何を見晴らせと。
木管楽器を演奏されている方がおり、その音を背中に、ケーブルカー駅への道を進む。
「熊に注意」の看板を見て、再びビビる。
この先、スマホのタッチの反応が悪くなったので、写真はありません。
2016年06月24日 13:36撮影 by KYL21, KDDI-KC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台。
何を見晴らせと。
木管楽器を演奏されている方がおり、その音を背中に、ケーブルカー駅への道を進む。
「熊に注意」の看板を見て、再びビビる。
この先、スマホのタッチの反応が悪くなったので、写真はありません。
1
撮影機材:

感想/記録

次はヒルのいない時期に行きたいと思います。
あと、逆ルート(伊勢原→ケーブルカー→大山山頂→鶴巻温泉)も試したい。
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ケーブルカー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ