ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904030 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

栗駒山麓と千年クロベ(未達)

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー kibitaki99
天候終日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間29分
休憩
3時間13分
合計
5時間42分
Sスタート地点09:3911:15変則十字路14:2815:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

世界谷地入り口の駐車場から出発する。里山では萎んだタニウツギがここでは満開だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界谷地入り口の駐車場から出発する。里山では萎んだタニウツギがここでは満開だった。
世界谷地までの道は幅広く整地され,敷石がされていてぬかるみにはならない。観光客も歩ける道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
世界谷地までの道は幅広く整地され,敷石がされていてぬかるみにはならない。観光客も歩ける道。
ニッコウキスゲが多く咲くので知られている世界谷地だが,まだ開花には到っていない。あと半月はかかりそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲが多く咲くので知られている世界谷地だが,まだ開花には到っていない。あと半月はかかりそう。
湿原は乾燥化が進んでおり樹木が侵入しつつある。ところどころにレンゲツツジが咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原は乾燥化が進んでおり樹木が侵入しつつある。ところどころにレンゲツツジが咲いていた。
第1湿原の木道から栗駒山を望む。残雪も少なくなり,駒形もだいぶ痩せてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第1湿原の木道から栗駒山を望む。残雪も少なくなり,駒形もだいぶ痩せてきた。
大地森の下を巻いて栗駒山頂へ向かう道と,湯浜温泉方向へ向かう道との分岐点。木のテーブル・椅子が置いてある。この季節の常として,メマトイが多くまとわりついてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大地森の下を巻いて栗駒山頂へ向かう道と,湯浜温泉方向へ向かう道との分岐点。木のテーブル・椅子が置いてある。この季節の常として,メマトイが多くまとわりついてきた。
道中は深いブナ林の中。歳月を経た見事な樹も多いが,その昔はこうした原生林が奥羽山脈のいたるところで見られたのだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道中は深いブナ林の中。歳月を経た見事な樹も多いが,その昔はこうした原生林が奥羽山脈のいたるところで見られたのだろう。
歩いている間,午後3時頃まではずっと,エゾハルゼミの鳴き声が周囲の空間を満たしていた。幼虫の抜け殻を見つけたが,思っていたよりも小さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いている間,午後3時頃まではずっと,エゾハルゼミの鳴き声が周囲の空間を満たしていた。幼虫の抜け殻を見つけたが,思っていたよりも小さい。
湯浜へと向かう旧羽後岐街道から,千年クロベのある旧林道へ降りる道の分岐点。この先は刈り払いがされていて迷う怖れはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯浜へと向かう旧羽後岐街道から,千年クロベのある旧林道へ降りる道の分岐点。この先は刈り払いがされていて迷う怖れはない。
岩手・宮城内陸沖地震で寸断され,下から上がってくることができなくなった河原小屋沢林道の終点。平成元年に竣工したという橋が架かっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩手・宮城内陸沖地震で寸断され,下から上がってくることができなくなった河原小屋沢林道の終点。平成元年に竣工したという橋が架かっている。
昭文堂のマップとGPSの座標を照合して,この樹が目当ての樹だろうかと思い,ここから引き返したのだけど,実はもっと奥にある別の樹だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文堂のマップとGPSの座標を照合して,この樹が目当ての樹だろうかと思い,ここから引き返したのだけど,実はもっと奥にある別の樹だった。
残念。再挑戦しなければ。今度は湯浜温泉側からアプローチしてみようと思う。聞いた話では,道中の森の見事さは,そちらのほうが優っているらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念。再挑戦しなければ。今度は湯浜温泉側からアプローチしてみようと思う。聞いた話では,道中の森の見事さは,そちらのほうが優っているらしい。

感想/記録

平坦で楽だが変化が少なく,歩いているうちに眠気が差してくる道。深いブナ林のなかを,エゾハルゼミの声を浴びながら辿る。
訪問者数:53人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 林道 GPS ブナ 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ