ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904080 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走アジア

新高山(玉山:Jade Mt.)

日程 2016年06月19日(日) 〜 2016年06月21日(火)
メンバー Harunosuke
天候晴れ〜午後雷雨
アクセス
利用交通機関
バス
台北駅よりチャーターバスで阿里山へ。阿里山前泊で同バスにて翌日塔塔加登山口へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間50分
休憩
40分
合計
4時間30分
S塔塔加鞍部07:4008:20孟緑亭08:3009:50白木林休憩亭10:2012:10宿泊地
2日目
山行
7時間40分
休憩
1時間50分
合計
9時間30分
宿泊地02:0002:00排雲山荘04:50玉山05:2007:00排雲山荘08:0009:20白木林休憩亭09:3010:30孟緑亭10:4011:30塔塔加鞍部
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
公園の地図等のコースタイムはかなり余裕をもった表記になっています。2時間のところは1時間半くらいのイメージです。ただ標高が高いのでゆっくり休みながら高度順化が必要ということかもしれません。
コース状況/
危険箇所等
危険な個所は特にありません。日本と比べ国がかなり完璧に整備しているため登山道は歩きやすく、浮石もほとんどない感じです。
その他周辺情報阿里山の登山ロッジにて前泊。翌朝セブンで朝食を買い登山口へ向かう。下山後は温泉に入ってから台北へ。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

台北駅東門に集合。このチャーターバスで阿里山へ向かいます。パーティは12名。
2016年06月19日 14:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台北駅東門に集合。このチャーターバスで阿里山へ向かいます。パーティは12名。
銘茶で有名な阿里山。茶畑ばかりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銘茶で有名な阿里山。茶畑ばかりです。
前泊した阿里山の登山ロッジ。
2016年06月20日 06:56撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前泊した阿里山の登山ロッジ。
室内は普通の民宿のようでした。
2016年06月19日 21:41撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室内は普通の民宿のようでした。
翌朝。登山ロッジ上の駐車場の風景。多くの登山客の車が駐車している。正面はセブンイレブン。ここで朝食。
2016年06月20日 07:01撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。登山ロッジ上の駐車場の風景。多くの登山客の車が駐車している。正面はセブンイレブン。ここで朝食。
管理事務所にて、パスポートで名前確認。(入山は予約制なのでここで名前を確認します)
2016年06月20日 08:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理事務所にて、パスポートで名前確認。(入山は予約制なのでここで名前を確認します)
管理事務所前の地図
2016年06月20日 08:14撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理事務所前の地図
ここで水はくめます。(そのあとは排雲山荘まで水場はない)
2016年06月20日 08:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで水はくめます。(そのあとは排雲山荘まで水場はない)
管理事務所からバンで登山口まで送ってくれます。5分程度。塔塔加登山口。
2016年06月20日 08:28撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理事務所からバンで登山口まで送ってくれます。5分程度。塔塔加登山口。
こちらは玉山南峰の登山口。
2016年06月20日 08:33撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは玉山南峰の登山口。
一緒に行った先輩と。
2016年06月20日 08:35撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一緒に行った先輩と。
遠くに3000m級の山が見えます。
2016年06月20日 09:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに3000m級の山が見えます。
モンロー亭(米モンロー氏のあずま屋)
2016年06月20日 09:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モンロー亭(米モンロー氏のあずま屋)
南アルプスのような雰囲気です。
2016年06月20日 09:46撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスのような雰囲気です。
登山道が整備されており安全です
2016年06月20日 09:51撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道が整備されており安全です
玉山前峰の分岐
2016年06月20日 09:54撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉山前峰の分岐
南アルプスかと思えばいきなり鎖場
2016年06月20日 09:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスかと思えばいきなり鎖場
北アルプスの水平歩道のような個所も出現
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの水平歩道のような個所も出現
ミヤマキリシマのような小さいツツジの群落
2016年06月20日 10:02撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマのような小さいツツジの群落
向かい側の山の稜線は鋸岳のよう
2016年06月20日 10:39撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かい側の山の稜線は鋸岳のよう
排雲山荘まではトイレは2か所あります
2016年06月20日 10:47撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
排雲山荘まではトイレは2か所あります
白木林休憩亭。バックは玉山主峰。
2016年06月20日 10:51撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白木林休憩亭。バックは玉山主峰。
主峰アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰アップ。
一枚岩の壁
2016年06月20日 12:13撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一枚岩の壁
道に迷うようなところはなくしっかり整備されています
2016年06月20日 13:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道に迷うようなところはなくしっかり整備されています
排運雲山荘に到着。3400mあるのに森林限界超えていない。さすが南国。気温は6度くらい。
2016年06月20日 13:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
排運雲山荘に到着。3400mあるのに森林限界超えていない。さすが南国。気温は6度くらい。
かなり立派な山小屋です。中はまっくら。電気は夜にならないとつけてくれないようで。。。
2016年06月20日 13:09撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり立派な山小屋です。中はまっくら。電気は夜にならないとつけてくれないようで。。。
山小屋のランチです。
2016年06月20日 13:34撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋のランチです。
1
ご飯に4種類のメニューから選べる。一皿1000円くらいかな。
2016年06月20日 13:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯に4種類のメニューから選べる。一皿1000円くらいかな。
メニュー表。
2016年06月20日 13:55撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メニュー表。
お世話になった地元企業の寄付したロッカーです。
2016年06月20日 13:59撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になった地元企業の寄付したロッカーです。
昼から雷雨のため酒となりました。こちらにまでも3ℓのワインボックス持参。。。地元企業の方々とシェアしました。
2016年06月20日 16:32撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼から雷雨のため酒となりました。こちらにまでも3ℓのワインボックス持参。。。地元企業の方々とシェアしました。
1
朝1時起き。おかゆみたいな朝食を食べて2時に出発。ご来光をめざす。
2016年06月21日 03:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝1時起き。おかゆみたいな朝食を食べて2時に出発。ご来光をめざす。
このあたりから森林限界が始まる
2016年06月21日 03:49撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから森林限界が始まる
北峰との分岐。まだ暗い。
2016年06月21日 05:17撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰との分岐。まだ暗い。
4時は過ぎに登頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4時は過ぎに登頂。
台湾初のご来光です。
2016年06月21日 05:43撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台湾初のご来光です。
富士山も登ったことないのにいきなり富士山超えたぞ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も登ったことないのにいきなり富士山超えたぞ。
1
ザイルパートナーとの記念写真です
2016年06月21日 06:05撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイルパートナーとの記念写真です
2
南峰方面。見事な稜線です。
2016年06月21日 06:06撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南峰方面。見事な稜線です。
パノラマ写真を撮ってみました
2016年06月21日 06:07撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ写真を撮ってみました
ご来光です。
2016年06月21日 06:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光です。
だいぶ明るくなってきました
2016年06月21日 06:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ明るくなってきました
北方方面
2016年06月21日 06:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北方方面
台湾第二峰の雪山
2016年06月21日 06:18撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台湾第二峰の雪山
北峰。こちらから主峰を見たい。
2016年06月21日 06:19撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北峰。こちらから主峰を見たい。
朝日のあたる南峰。こちらも行ってみたい。
2016年06月21日 06:36撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日のあたる南峰。こちらも行ってみたい。
なかなか奥深い玉山山系でした。
2016年06月21日 06:37撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか奥深い玉山山系でした。
玉山主稜線の壁。かすかに翡翠色に見えるからJade Mt.というのか?
2016年06月21日 07:26撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玉山主稜線の壁。かすかに翡翠色に見えるからJade Mt.というのか?
排雲山荘に戻ってきました。
2016年06月21日 07:58撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
排雲山荘に戻ってきました。
ラーメンのランチを食べて出発です。
2016年06月21日 09:08撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラーメンのランチを食べて出発です。
気持ちの良い登山道。
2016年06月21日 10:12撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い登山道。
さらば玉山。
2016年06月21日 10:24撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらば玉山。
いつか北側から見たいです。
2016年06月21日 10:25撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか北側から見たいです。
ミヤマキリシマのようなこの花は何というのだろう。
2016年06月21日 11:15撮影 by DSC-HX30V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキリシマのようなこの花は何というのだろう。
無事下山しました。一緒につれていってもらった地元企業の皆さんと記念写真です。大変お世話になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山しました。一緒につれていってもらった地元企業の皆さんと記念写真です。大変お世話になりました。
2
1000台湾ドル(この時の為替は3200円くらい)の裏面は玉山主峰でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000台湾ドル(この時の為替は3200円くらい)の裏面は玉山主峰でした。

感想/記録

今回は台湾の地元企業の方々とのご縁で同企業の登山部の山行(総勢15名)に混ぜてもらいました。入山規制で抽選のためなかなか行けるチャンスはないので万難を排し参加しました。いつも一緒に行く先輩も呼んじゃいました。関係者の皆様どうもありがとうございました。特にWinnieさんありがとう。
さて、新高山(玉山)の難易度ですが、日本では常念くらいでしょうか。もうちょい楽かな。ともかく道が綺麗に整備されており驚きました。危険なとことはありません。排雲山荘では一人一つの寝袋が配られます。これまた快適でした。小屋のご飯はまあそこそこですが山小屋なので贅沢は言ってはいけません。小屋では日本のように土産物は売っていません。小屋は既に3400mありますので寒いです。小屋のあたりはまだ森林限界ではありません。
小屋から上はすぐにガレ場となりますが、これまた整備されており、浮石などもなく北アルプスと比べたらはるかに安全です。南アルプスと北アルプスが混在したような登山道でした。なかなか良かったです。
今回玉山主峰は南から登りましたが、いろいろな写真では北方からの写真が見事です。いつかはあちら側から見てみたいですね。
ニイタカヤマノボレ。。。行きたかった山でした。大満足です。
下山後は玉山の北側の温泉街トンポウ温泉で露天風呂に入って川魚料理を食べて台北に戻りました。台北からの往復の交通手段等々考えるとなかなか面倒で、今回は本当に良かったです。
ところで一緒に行った台湾の方々は、水じゃなくて皆お湯を飲むんですよね〜。前泊した宿や管理事務所の水をくむところも水だけではなく湯が出るようになっているし。文化の違いを感じました。しかし山が好きなのは万国共通です。酒も。。。
訪問者数:367人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ