ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904430 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

和名倉山【日本二百名山】〜三ノ瀬登山口〜

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
民宿みはらしに駐車スペースあり。満車で駐車できず、少し進んだところに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●三ノ瀬登山口〜山ノ神土
林道、登山道ともによく整備されていて問題ありません。
●山ノ神土〜東仙波
山ノ神土からはいきなり笹の被る獣道ですがピンクテープがあります。20分弱で歩きやすくなります。西仙波周辺はシャクナゲの枝がうるさいです。西仙波と東仙波の間に岩場がありますが注意して進めば問題ありません。
●東仙波〜和名倉山
基本的には広い尾根なので問題ありませんが、途中に岩場があります。注意するのはこの岩場ぐらいです。
その他周辺情報丹波山温泉のめこい湯。¥600円。GWということもあり混雑してました。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

前日に山梨まで移動して、翌朝登山口へ向かいます。すでに、民宿みはらしの駐車場は満車のため、少し進んだところにあったスペースに駐車しました。
2016年04月30日 06:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日に山梨まで移動して、翌朝登山口へ向かいます。すでに、民宿みはらしの駐車場は満車のため、少し進んだところにあったスペースに駐車しました。
6時半過ぎ登山口を出発します。
2016年04月30日 06:36撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時半過ぎ登山口を出発します。
1
まずは林道を進みます。林道上を沢の水が流れています。水量は少ないので問題ありません。
2016年04月30日 06:52撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは林道を進みます。林道上を沢の水が流れています。水量は少ないので問題ありません。
20分程で牛王院下の分岐に着きます。ここは左の登山道へ進みます。
2016年04月30日 06:58撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20分程で牛王院下の分岐に着きます。ここは左の登山道へ進みます。
明るい樹林帯を進むと、富士山が見えました。
2016年04月30日 07:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい樹林帯を進むと、富士山が見えました。
鹿柵の続く牛王院平を進みます。正面に唐松尾山が見えてきます。
2016年04月30日 07:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿柵の続く牛王院平を進みます。正面に唐松尾山が見えてきます。
縦走路に出ました。ここを左に進みます。標識は壊れています。
2016年04月30日 07:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路に出ました。ここを左に進みます。標識は壊れています。
山ノ神土分岐に着きました。登山口から1時間半ほどです。ここからの道はいままでが良すぎただけに不安な道になります。
2016年04月30日 08:00撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神土分岐に着きました。登山口から1時間半ほどです。ここからの道はいままでが良すぎただけに不安な道になります。
ピンクテープがあるので迷うことはありませんが、笹が道を覆っています。
2016年04月30日 08:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープがあるので迷うことはありませんが、笹が道を覆っています。
尾根を巻くと気持ちの良い笹原の道になります。
2016年04月30日 08:15撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を巻くと気持ちの良い笹原の道になります。
振り返るとこの展望。
2016年04月30日 08:22撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこの展望。
山並みのかなたに富士山。個人的には富士山だけ大きく写すより、風景の一部に富士山がある構図が好きです。
2016年04月30日 08:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山並みのかなたに富士山。個人的には富士山だけ大きく写すより、風景の一部に富士山がある構図が好きです。
1
尾根上にある2つのピーク北側をトラバースします。
2016年04月30日 08:39撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上にある2つのピーク北側をトラバースします。
西仙波への登りはシャクナゲトンネル。
2016年04月30日 08:53撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西仙波への登りはシャクナゲトンネル。
展望のない西仙波山頂。休憩せず進みます。
2016年04月30日 08:55撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のない西仙波山頂。休憩せず進みます。
東仙波手前のピークへの登り。このあたりの雰囲気がこのルートで一番良かったです。
2016年04月30日 09:06撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波手前のピークへの登り。このあたりの雰囲気がこのルートで一番良かったです。
目的地の和名倉山が見えました。大きくどっしりした山体です。
2016年04月30日 09:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的地の和名倉山が見えました。大きくどっしりした山体です。
少し下って登ると東仙波山頂です。2000mを超え涼しく快適です。
2016年04月30日 09:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って登ると東仙波山頂です。2000mを超え涼しく快適です。
急な斜面を下って広い尾根を進みます。縦走路途中からなかなか近づかない和名倉山。
2016年04月30日 09:24撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な斜面を下って広い尾根を進みます。縦走路途中からなかなか近づかない和名倉山。
樹林帯を抜けて
2016年04月30日 09:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて
倒木を抜けて、
2016年04月30日 10:07撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木を抜けて、
山頂直下の二瀬分岐に着きました。あと少しです。東仙波から黙々歩いて1時間。
2016年04月30日 10:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の二瀬分岐に着きました。あと少しです。東仙波から黙々歩いて1時間。
苔むした樹林を進むと、
2016年04月30日 10:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした樹林を進むと、
展望のない山頂に着きました。狭い山頂には先客がたくさん。ちょっと休憩して下山開始。
2016年04月30日 10:32撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望のない山頂に着きました。狭い山頂には先客がたくさん。ちょっと休憩して下山開始。
秋は紅葉してきれいなことでしょう。
2016年04月30日 10:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋は紅葉してきれいなことでしょう。
二瀬分岐を通過して、
2016年04月30日 11:01撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二瀬分岐を通過して、
川又分岐を通過して、
2016年04月30日 11:07撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川又分岐を通過して、
岩場の展望地に戻ってきました。
2016年04月30日 11:48撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の展望地に戻ってきました。
甲武信方向の展望。
2016年04月30日 11:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信方向の展望。
東仙波への登山道。
2016年04月30日 11:57撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波への登山道。
東仙波から西仙波への登山道。富士山は雲で隠れてしまいました。
2016年04月30日 12:16撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東仙波から西仙波への登山道。富士山は雲で隠れてしまいました。
雲が多くなってきて、暑くない快適な尾根です。
2016年04月30日 12:21撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多くなってきて、暑くない快適な尾根です。
ピークをトラバース。
2016年04月30日 12:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークをトラバース。
獣道を抜けて、
2016年04月30日 13:08撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣道を抜けて、
山ノ神土分岐に戻ってきました。休憩を含めて5時間と少しです。
2016年04月30日 13:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神土分岐に戻ってきました。休憩を含めて5時間と少しです。
下山は将監峠経由で登山口へ向かいます。
2016年04月30日 13:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は将監峠経由で登山口へ向かいます。
将監峠の様子。尾根は雲が多めですが、遠くは青空です。
2016年04月30日 13:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監峠の様子。尾根は雲が多めですが、遠くは青空です。
将監小屋へ行く予定でしたが、トラバース路を進んでしまいました。下に小屋の青い屋根が見えます。
2016年04月30日 13:27撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
将監小屋へ行く予定でしたが、トラバース路を進んでしまいました。下に小屋の青い屋根が見えます。
林道に出ました。
2016年04月30日 13:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
下は青空優勢で暑くなってきました。
2016年04月30日 14:12撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下は青空優勢で暑くなってきました。
長い林道歩きを終えて登山口に戻ってきました。林道に出てから1時間。
2016年04月30日 14:28撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い林道歩きを終えて登山口に戻ってきました。林道に出てから1時間。
登山口から舗装路を15分登って駐車スペースに戻ってきました。最後の登りは余分です。
2016年04月30日 14:43撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から舗装路を15分登って駐車スペースに戻ってきました。最後の登りは余分です。
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

GW1座目は天候の悪い北アルプスを避けて、まだ登っていなかった200名山の和名倉山にしました。2000m前後の尾根が続くため、暑くなくこの時期は快適に登れると思います。登山道は一部悪いところもありますが、個人的には迷うところはなく言われているような危険は感じませんでした。GW以外なら静かな山歩きが楽しめると思います。
訪問者数:72人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 紅葉 倒木 シャクナゲ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ