ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904813 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走石鎚山

(愛媛)梅雨の合間で、伊予富士、東黒森

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー bergheil
天候晴れ、時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊予富士の西側登山口に駐車。路肩に3〜4台停められる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間40分
休憩
1時間0分
合計
3時間40分
Sスタート地点10:0010:20鞍部分岐10:3010:50伊予富士11:2012:40鞍部分岐13:00東黒森13:2013:30鞍部分岐13:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

梅雨に入ってから、久々に週末に晴れの日がやってきた。登山口から望む稜線と青空が鮮やかだ
2016年06月26日 10:01撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅雨に入ってから、久々に週末に晴れの日がやってきた。登山口から望む稜線と青空が鮮やかだ
2
登山道にはノアザミが多い
2016年06月26日 10:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にはノアザミが多い
3
登りの途中より、東黒森山を望む
2016年06月26日 10:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの途中より、東黒森山を望む
1
稜線から西の方を望む。ぽっこり尖ったピーク(右)は西黒森、その左手奥が瓶が森
2016年06月26日 10:27撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から西の方を望む。ぽっこり尖ったピーク(右)は西黒森、その左手奥が瓶が森
2
サラサドウダンかな?濃い紅色の花(灌木)も結構咲いていた。
2016年06月26日 10:32撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダンかな?濃い紅色の花(灌木)も結構咲いていた。
1
これはニガナか? この黄色い花も道端に多かった。
2016年06月26日 10:41撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはニガナか? この黄色い花も道端に多かった。
2
稜線から、伊予富士山頂を望む
2016年06月26日 10:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から、伊予富士山頂を望む
3
伊予富士山頂より。近道の西登山口から登ったので、50分で山頂についた
2016年06月26日 11:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予富士山頂より。近道の西登山口から登ったので、50分で山頂についた
2
コメツツジか?低い灌木で、パラパラと咲き始め
2016年06月26日 11:22撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメツツジか?低い灌木で、パラパラと咲き始め
2
伊予富士から北に伸びる、北尾根(仮称)を行く。道形はほどんどないが、古い赤テープが数個あった。
2016年06月26日 11:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予富士から北に伸びる、北尾根(仮称)を行く。道形はほどんどないが、古い赤テープが数個あった。
1
北尾根(仮称)は灌木の林が中心だが、ところどころこんな小さな岩場も出てきた
2016年06月26日 11:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北尾根(仮称)は灌木の林が中心だが、ところどころこんな小さな岩場も出てきた
1
伊予富士北尾根P3(仮称)に到着。P3の山頂部が高さ5〜7mの岩塊でできている。
2016年06月26日 11:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予富士北尾根P3(仮称)に到着。P3の山頂部が高さ5〜7mの岩塊でできている。
2
P3(仮称)から、さらに北にあるP4(仮称)を望む。P3の岩場の越え方が解らなかったので、P4までは行くのを止めにした。
2016年06月26日 11:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3(仮称)から、さらに北にあるP4(仮称)を望む。P3の岩場の越え方が解らなかったので、P4までは行くのを止めにした。
1
P3(仮称)の岩峰を望む。登るのは難しいとおもったが、空身で登ると案外と上まで登れた。
2016年06月26日 11:43撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3(仮称)の岩峰を望む。登るのは難しいとおもったが、空身で登ると案外と上まで登れた。
2
P3(仮称)のピークより、たどってきた道を振り返る。原生林の森といった感じだ。
2016年06月26日 11:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3(仮称)のピークより、たどってきた道を振り返る。原生林の森といった感じだ。
1
P3(仮称)のピークより、その北にあるP4(仮称)を望む。P3とP4の間のギャップが結構深く、P3からの下り口が解らなかったので、P4まで行くのはギブアップ
2016年06月26日 11:49撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3(仮称)のピークより、その北にあるP4(仮称)を望む。P3とP4の間のギャップが結構深く、P3からの下り口が解らなかったので、P4まで行くのはギブアップ
2
P3岩峰(仮称)を振り返る。
2016年06月26日 12:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3岩峰(仮称)を振り返る。
1
伊予富士に引き続き、西の峰続きの、東黒森山に到着。伊予富士を振り返る。左手のごつごつしたあたりが(仮称)伊予富士北尾根
2016年06月26日 12:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊予富士に引き続き、西の峰続きの、東黒森山に到着。伊予富士を振り返る。左手のごつごつしたあたりが(仮称)伊予富士北尾根
3
少しズームして、北尾根のP2,P3、P4を望む。
2016年06月26日 12:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しズームして、北尾根のP2,P3、P4を望む。
1
右手の少し尖ったほうが、(仮称)P3.頂上の巨岩が目印
2016年06月26日 13:19撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の少し尖ったほうが、(仮称)P3.頂上の巨岩が目印
1
東黒森山の山頂
2016年06月26日 12:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東黒森山の山頂
1
東黒森山の山頂で一休みしていると、蝶々がザックに留まってくれた。
2016年06月26日 13:04撮影 by Canon IXY DIGITAL 900 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東黒森山の山頂で一休みしていると、蝶々がザックに留まってくれた。
2
撮影機材:

感想/記録

今年は6月初めに四国地方が梅雨に入ってから、ウイークデイだけでなく、週末も曇りか雨の天気ばかりで、山に行く機会がなかった。うずうずしていたところ、ようやく日曜日に晴れの天気予報がでた。1か月ぶりの登山で足も鈍っているが、山へ向かおう。今日は軽く伊予富士に行くことにした。

※今回は(旧)寒風山トンネル登山口からではなく、楽をしようと思い、久々に西側の登山口から登る。アザミやニガナの花を眺めながらのんびり登ると、約50分で伊予富士山頂に到着。
 今日は大陸側からの高気圧が張り出しているので、スッキリした青空で、北からの風が涼しい。山頂の気温=20℃。

※伊予富士はもう10回くらいは登っており、少々飽きもあるので、思いついて、伊予富士から北に伸びる尾根(ここでは仮称;「伊予富士北尾根」とする)をたどってみようと考えた。

 まずP1は主稜線上の小ピークで、踏み跡は途中から無くなっていた。山頂部は灌木に覆われ、展望なし。
 P2へは稜線伝いに行く。笹藪こぎ10分ほどでP2。このピークは稜線沿いに見ると顕著なピークだが、山頂部は灌木が多くて展望なし。

 さて、ここから北へと進む。道らしき道はなく、歩きやすいところをたどって灌木をかき分けながら行く。が、途中で古い赤テープが2〜3個あったので、たまには人が通るのだろう。鞍部を過ぎると、2〜3か所小さい岩場が出てきた。様子を見ながら、巻くか直登するか決める。

P3到着。このピークは山頂部に大きな岩場がある。高さで5〜7mくらいか?岩の上に行くのは難しいように思ったが、空身で思い切って登ると案外と手がかり、足がかりがあって、山頂部へと登れた。ここからも展望良好。その先には深い鞍部を隔ててP4ピークが見えるが、P3からの下り口が解らないので、ここでギブアップし戻ることにした。岩場を下るにしろ、巻くにしろ、ロープが入りそうなレベル。
戻る道も慎重に行く。だいたいが稜線沿いである。

※その後は、再び主稜線の登山道に戻り、西へと向かい、東黒森の山頂へ。東黒森に登るのも久々だ。パッとしない山頂だが、展望は良い。今日は日差しが暑くて食欲がないので、コーヒーゼリーを食べて、水分を補給しただけで下山にかかった。

※暑さがこたえた6月の山だったが、ちょっと冒険もできたし、まずまず満足な登山だった。家に帰ると早速ビールでクールダウン。
訪問者数:383人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/7
投稿数: 6
2016/7/6 10:36
 晴れてよかったね・・
がんばったね。でも鋭い岩峰部ではちょっとヒヤヒヤ・・
紅い花は、葉を見るとサラサどうだんではなく、箱根ウツギかも。。
どうやら梅雨も明けそうだが、 安全第一でね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ