ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 904863 全員に公開 ハイキング京都・北摂

愛宕山〜竜ヶ岳

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー momochann
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
清滝の駐車場 1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
14分
合計
6時間35分
S月輪寺登山口07:5709:23大杉谷分岐09:33倒木(仮)09:3409:38大杉谷分岐09:3909:47(展望広場)09:5010:01890.1m峰(愛宕山三角点)11:13竜ヶ岳11:1412:49890.1m峰(愛宕山三角点)12:5213:01(展望広場)13:0413:10大杉谷分岐13:14倒木(仮)13:32月輪寺14:06月輪寺登山口14:14(水場)14:1514:22東海自然歩道分岐14:30愛宕神社二の鳥居14:3114:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※GPSの都合でデータ取りが途中からになりました。実際には清滝の駐車場7:20発です。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

14日から行方不明の方がおられると言うことで、急遽向かいました。
2016年06月26日 07:23撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14日から行方不明の方がおられると言うことで、急遽向かいました。
1
貼ってあります。
2016年06月26日 07:27撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貼ってあります。
3
これはキノコ
2016年06月26日 08:39撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはキノコ
1
獣道に迷い込む・・・これはちょっと細すぎかも
2016年06月26日 10:12撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獣道に迷い込む・・・これはちょっと細すぎかも
3
竜ヶ岳山頂
2016年06月26日 10:47撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳山頂
3
山頂からの急斜面を下山。登山道です。
2016年06月26日 11:30撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの急斜面を下山。登山道です。
2
沢沿いのルートを行きます。渡渉の連続。
2016年06月26日 12:30撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いのルートを行きます。渡渉の連続。
道標も何もないところにひょっこり出ます
2016年06月26日 12:49撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標も何もないところにひょっこり出ます
1
若者ルートって表現がナイス
2016年06月26日 13:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若者ルートって表現がナイス
2

感想/記録

この土日は天気も今ひとつで仕事がらみで終わりそうなところに、愛宕山で行方不明の方がおられると言うことで急遽入山してみました。
情報が乏しいのと、主だった登山ルートはすでに捜索済みなので、新しい枝の折れた痕とか、ニオイがしないかをルート沿いに歩いて調べてみましたが、何もありませんでした。
愛宕山といえば広い参道から登るのが一般的ですが、地図に書いてなくて道標もないマニアックなルートがたくさんあります。まあまあ踏まれているのですが、危険箇所も迷うところも多く、捜索範囲はかなり広範囲を想定しないといけません。
色々なルートに入ってみたいところですが、二次災害は絶対に起こしてはいけないので、100%の安全を確保した上で行動することが求められます。今日は同行の方にリスクを負わせる訳にはいかないので、無理しないで歩きました。
訪問者数:324人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

渡渉 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ