ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905191 全員に公開 トレイルラン奥秩父

第5回両神山麓トレイルラン(20.7K)

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー cibou
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
西武秩父駅から送迎バスを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
3分
合計
4時間19分
Sスタート地点09:4910:21展望休憩舎10:2210:27両神神社奥社11:05展望休憩舎11:10両神神社奥社11:1111:53展望休憩舎12:00両神神社奥社12:52展望休憩舎12:5313:05両神神社奥社14:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日まで雨が降っていたのでコース状況は滑りやすかったが、ぬかるみはほとんどなかった。
その他周辺情報両神山荘、薬師温泉などが近くにある
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 着替え ザック 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
備考 エイドが充実していたので、食料は最小で十分だった

写真

会場の様子です。国民宿舎前の広場が開会式の会場になりましたが、なんとものんびりした雰囲気。開会式の後は、全員で準備運動をして、スタート場所へ移動です。今回はNHKが取材に来ていました。
2016年06月26日 09:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
会場の様子です。国民宿舎前の広場が開会式の会場になりましたが、なんとものんびりした雰囲気。開会式の後は、全員で準備運動をして、スタート場所へ移動です。今回はNHKが取材に来ていました。
スタート場所に移動しました。狭い山道に今回は10Kと20Kの部のランナーが集合し、嫌が応にも緊張感が高まります。みんなで記念撮影をし、カウントダウンです。
2016年06月26日 09:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート場所に移動しました。狭い山道に今回は10Kと20Kの部のランナーが集合し、嫌が応にも緊張感が高まります。みんなで記念撮影をし、カウントダウンです。
斜度10度近くの上り坂が続きます。こんな斜面を4回も上り下りするのはかなりきついです。
2016年06月26日 11:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度10度近くの上り坂が続きます。こんな斜面を4回も上り下りするのはかなりきついです。
頂上付近で一瞬開けた光景です。ほっと一息つきたいところですが、これまでの上りから解放されてようやく下りになるので、景色を楽しむ余裕がなかったです。
2016年06月26日 11:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近で一瞬開けた光景です。ほっと一息つきたいところですが、これまでの上りから解放されてようやく下りになるので、景色を楽しむ余裕がなかったです。
何ともアットホームなゴール地点です。記録の計測はすでに終わっているので、このゴールはいわばセレモニーですが、でも一人一人にゴールテープを張ってくれて、思わずガッツポーズです。
2016年06月26日 14:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何ともアットホームなゴール地点です。記録の計測はすでに終わっているので、このゴールはいわばセレモニーですが、でも一人一人にゴールテープを張ってくれて、思わずガッツポーズです。
撮影機材:

感想/記録
by cibou

今回、初めてのトレラン大会への参加でした。自宅のある都内から日帰りで参加できることもあり、軽い気持ちで20.7Kの部門を申し込ました。実際には、かなりきつかったです。
前日までの雨も止み、まさに梅雨の晴れ間でした。コースは一部滑りやすくなっていましたが、この程度なら問題ない状態だったと思います。
スタートから2Kは上り坂が続きます。この上り坂で、どれだけ体力を残せるかが、勝負の分かれ道だと思います。一旦、山に入るとコースが狭いので、順位の入れ替えがなかなか起きにくいのですが、なにせ高低差400mの山を4周もするので、どれだけ最後まで体力を残しておけるかが重要です。
私は体力の配分を全く考えずに、最初から調子に乗って飛ばしていたので、4周目には両足がつってしまい、リタイアも覚悟しましたが、何とかゴールできました。
エイドが充実しているので、必要最小限の装備で充分です。スイカなどの果物、ドリンク類、きゅうりなどなど、疲れた体を癒すには本当にありがたい心遣いです。レースの後半は、ただひらすらエイドで何を食べるかを楽しみに走っていました。
コースの印象は、やはり周回コースならでは単調さは仕方ありません。せめて2周くらいに抑えて、もう少し広いコースなら申し分ないのですが。ハイカーも少なく、ランナーにとっては走りやすいコースですが、20Kの距離で累計高度上昇が1600mということは、かなりドMのコースだと言えます。
でもゴール後は温泉に直行できますし、参加料には食事券もついているので、コスパはいいです。エイドの人達も温かい声援を送ってくれるなど、大人数の大会にはない、こじんまりとしたアットホームな大会で、参加して良かったと思える大会です。
訪問者数:153人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

梅雨
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ