ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905545 全員に公開 沢登り槍・穂高・乗鞍

癒しとリハビリ、飛騨・沢上谷遡行

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー 0930050
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
20分
合計
3時間55分
Sスタート地点09:0009:30五郎七郎滝09:3510:00岩洞滝10:0510:40簑谷大滝10:4512:00林道12:0512:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 
コース状況/
危険箇所等
巻き道はよく踏まれています。
結構、増水していました。大滝上で高巻きから流れに戻るところでスリップすると、水の勢いで『蓑谷のつゆ』になってしまうかもしれません。
ビブラム底のアクアシューズで遡行しましたが、岩質なのか結構滑りました。
その他周辺情報新平湯♨『本陣』で入浴 ¥500 時間も早く、貸し切りでした。
ひらゆの森は混んでいるようでした。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

五郎七郎の滝
雨後だったので水量多く、とてもきれいでした。
2016年06月26日 10:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五郎七郎の滝
雨後だったので水量多く、とてもきれいでした。
1
縄のれん
2016年06月26日 10:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縄のれん
1
不思議な造形美でした。
撮影のみで来ていた人もいました。
2016年06月26日 10:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な造形美でした。
撮影のみで来ていた人もいました。
1
この曲線、なんとも言えません。
2016年06月26日 10:02撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この曲線、なんとも言えません。
1
岩洞の滝
こちらは大迫力です。御嶽辺りの沢に多い感じの滝でした。
2016年06月26日 10:39撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩洞の滝
こちらは大迫力です。御嶽辺りの沢に多い感じの滝でした。
1
蓑谷大滝
噴き出してます。
2016年06月26日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓑谷大滝
噴き出してます。
2
こちらもまた美しい‼
2016年06月26日 11:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもまた美しい‼
1
微妙な波型がきれいなんです。
2016年06月26日 11:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微妙な波型がきれいなんです。
1
先を急ぐ理由があって、早々に後にしました。
2016年06月26日 11:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぐ理由があって、早々に後にしました。
1
大滝の上部は、噂の『自転車で走れるナメ』です。
ここまで平坦で長いナメは初めてでした。
楽しいです。
2016年06月26日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝の上部は、噂の『自転車で走れるナメ』です。
ここまで平坦で長いナメは初めてでした。
楽しいです。
晴れていれば、寝転がってゴロゴロしてみたかった…
2016年06月26日 11:37撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば、寝転がってゴロゴロしてみたかった…
2
二俣の滝
右壁にロープが垂れていますが、フリクションで登れます。
2016年06月26日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣の滝
右壁にロープが垂れていますが、フリクションで登れます。
2
撮影機材:

感想/記録

1週間強烈に膝が痛く、普通の行程すらこなせる自信がなかったので、仕事で心身共に疲れていることを理由に、かつてから行ってみたいと思っていた沢上谷に向かった。遡行時間は短いと聞いていたが、まあその通りだった。駐車スペースを調べていかず、林道の入り口に寄せて駐車してしまった。行程中すれ違った人たちが出られなかったらと考えると気持ちが落ち着かず、滝見学もぱぁーっと見てくる感じになってしまった。皆さんご迷惑をおかけしました。
 4時に相模原を出発、天気は回復傾向と聞いていたが諏訪付近から路面が濡れてきている。見えるどの山も雲が低く、158号線からの梓川はおかしな水の量だった。とりあえず現場に向かうが、平湯TNを抜けると霧雨模様…蒲田川まで下ってくるとそうでもない感じだ。鼠餅に続く林道に入ると、沢の規模があまり大きくなかったので決行することに。とは言いつつも水線通しで進むと、深い所で股下が濡れるくらいだ。水勢は割と強く、新規のゴム底シューズは岩質か苔なのか結構滑る。初めての沢にはフェルトで来るのが無難か?
 支流の滝は出合から各10分くらいで到達できる。水が多いため、縄のれんがたくさんぶら下がっている感じ。うろこチックな水流もとてもきれいだ。本流は蓑谷大滝手前が水線通しだとヤブ・倒木がうるさい感じ。大滝のたかまきは登りながら下流方面へ進む。踏み跡はバッチリだが、小さく巻く癖があるので、一段下のバンド状に入ってしまった。戻って『いいのかなぁ?』と思うくらい迂回すると、トロッコ道のようなところに出くわす。下降点はシュリンゲがぶら下がっているのでわかる。補助ロープも残置されている。本流に降り立つところが水量多いと、スリップすれば『蓑谷のツユ』になってしまうので注意。靴に不安があったので、結構不安になる。
 この先は、岩の継ぎ目すら見当たらないようなナメ帯になる。本当に自転車で走れそうだ。ただこのエリアに自転車を持ち込むとなれば、二俣の滝を下らないといけない。本当にやりたい人は考えて!杉林に変化してくると林道も近い。すれ違った人たちが待ってるかもしれないと思い、急いで下ってきた。沢の中も荷物を下ろしたのはカメラを取り出す時だけだった。
 次回は新緑の時期にもっとゆっくり来たいなぁ…沢半分、♨半分で完全に癒されました。
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/30
投稿数: 1813
2016/6/29 10:51
 沢
随分と素晴らしい滑じゃないですか👏
独り占めーー『蓑谷のつゆ』にならなくて良かったです
??で魚はいないのですねpisces

>1週間強烈に膝が痛く・・・・
困りましたね・ お若いのに
サボり過ぎじゃないですか〜
登録日: 2008/3/3
投稿数: 76
2016/6/30 1:09
 Re: 沢
違います。そんなにサボってませんが🤔
先週がハードでした。
来月は初、夏表銀座です。
中署山の会、順調に進んでいます!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 高巻き 巻き道 出合 下降点
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ