ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905549 全員に公開 沢登り丹沢

久し振りの丹沢へ 四十八瀬川勘七沢

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー LadyM, その他メンバー10人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

二股入渓8:50−F1 9:00−F5 11:25−大倉尾根14:05−堀山の家14:35−二股15:30−駐車場15:50
コース状況/
危険箇所等
メンバーが堰堤でヒルにやられた
F5でハプニングありその影響でその後のタイムは大幅アップで参考になりません
その他周辺情報湯花楽 ¥930
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 塩漬けした首筋タオル 長ズボン

写真

F1左壁から(ロープ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1左壁から(ロープ)
F2 右からがやさしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2 右からがやさしい
F3 釜が浅くなったのでは?へつらなくても取りつける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F3 釜が浅くなったのでは?へつらなくても取りつける
F4 2段14m 下段右から登り上段はルンゼを登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F4 2段14m 下段右から登り上段はルンゼを登る
越えると堰堤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えると堰堤
堰堤のはざま
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のはざま
1
堰堤を越えて F5まで5つの堰堤を越える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を越えて F5まで5つの堰堤を越える
左からバンドを右上し直上するところはきちんと見ると滑らないスタンスあり(ロープ)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左からバンドを右上し直上するところはきちんと見ると滑らないスタンスあり(ロープ)
F5を過ぎると小滝になり滝の標識も無くなる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F5を過ぎると小滝になり滝の標識も無くなる
楽しいゴルジュ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しいゴルジュ
どんどん進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん進みます
適当な支沢を登り尾根を詰める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当な支沢を登り尾根を詰める
支尾根の作業道を利用してあっさり大倉尾根に飛び出した
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根の作業道を利用してあっさり大倉尾根に飛び出した

感想/記録
by LadyM

 人気の勘七沢だが今日は我らが独占だ☻ 今や全丹沢がヒルの住処で、しっかりヒル対策をし目配りを怠らず遡行したせいで私は被害無しだった。
 超久し振りの沢の要素が詰まった勘七沢 F1の最初の1歩のバランスが最も難しかった記憶があるが滝底が浅くなりステルスの威力で快適に登る。F5は迫力があり大いに楽しんだ。堰堤が沢山あるが滝は全て直登でき、へつりや釜に入ったり、ゴルジュや水流をかき分け登ったり、ヤブコギ無く登山道に出るのでやっぱり丹沢は楽しい!(ヒルさえいなければ)
訪問者数:152人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ