ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905718 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走東海

富士宮口〜山頂剣ヶ峰〜御殿場下山口→富士宮口 富士山 

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー kenmapapa
天候晴れ ?
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士宮口五合目駐車場 トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
工程内に 立ち休憩 多数 含まれています。
天候が良かったため 空気が乾いていたのか
思ったより のどが渇き 水分を 摂取しました。
距離 11.4km
標高 1,418m
累積標高 上り 1,532m
     下り 1,526m
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。
一部雪渓がありますが キックステップで 十分上れます。
怖いのは 雪渓から外れた 地面の 凍結箇所 
見た目には 分からず グリップが効きません。
その他周辺情報今回も 天母(あんも)の湯 1時間410円
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 地形図 コンパス 筆記具 保険証 飲料 トイレットペーパー バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 ストック 飲料水 時計 非常食2食 食事1食 シリアルバー他 医薬品 カメラ コンロ+コッヘル ボンベ ツエルト 軽アイゼン

写真

富士山本宮浅間大社
前日に参拝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山本宮浅間大社
前日に参拝
1
この脇にて 御神水を 頂く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この脇にて 御神水を 頂く
1
天気予報は 晴れる予定だが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気予報は 晴れる予定だが
1
登山口です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口です。
1
登山道の説明
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の説明
おなじみの看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの看板
1
五合目公衆トイレ
登山口に赤外線カウンターが 設置されていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目公衆トイレ
登山口に赤外線カウンターが 設置されていました。
2
空は青くなってきたが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空は青くなってきたが
1
山頂方向は 雲ひとつなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向は 雲ひとつなし。
1
6合目着 5合目から6合目は 意外と近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目着 5合目から6合目は 意外と近い
こんな感じの 眺め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの 眺め
登山道脇の花 ちょっとピンボケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇の花 ちょっとピンボケ
太陽は昇っているが 雲に隠れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽は昇っているが 雲に隠れている。
1
やっと出てきたと思ったら 筋雲の陰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと出てきたと思ったら 筋雲の陰
2
新七合目に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七合目に到着
1
山頂方向 空は 青い ただし 写真では分からないが 風強し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向 空は 青い ただし 写真では分からないが 風強し
3,000m 到着 残りは ・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3,000m 到着 残りは ・・・
1
お金のレリーフ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お金のレリーフ
2
筋雲がきれいだったので
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筋雲がきれいだったので
1
幻想的な雲のウエーブ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な雲のウエーブ
1
回りに雪は無し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
回りに雪は無し
山頂方向 鳥居とともに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向 鳥居とともに
1
九合五勺到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合五勺到着
雪渓を渡ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓を渡ります。
1
登山道を歩くには アイゼン ピッケル 必要です。
申し訳ないが すぐ脇を歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を歩くには アイゼン ピッケル 必要です。
申し訳ないが すぐ脇を歩きました。
2
山頂手前の 鳥居
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の 鳥居
その脇には ツララ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その脇には ツララ
1
山頂奥の宮到着 お参りして 剣ヶ峰に向かいます。
残念なのは 冬季閉鎖中ではあるが 社の前に 荷物のデポが あるのは 悲しい。社の所で食事中の人もいた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂奥の宮到着 お参りして 剣ヶ峰に向かいます。
残念なのは 冬季閉鎖中ではあるが 社の前に 荷物のデポが あるのは 悲しい。社の所で食事中の人もいた。
2
剣が峰に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰に向かいます。
三角点の説明版
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点の説明版
三角点タッチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
2
火口 静かです。静かでいてください。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口 静かです。静かでいてください。
4
説明が書いてあったが 写真では判別できず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
説明が書いてあったが 写真では判別できず
御殿場下山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場下山口
1
今回はこちらから下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はこちらから下ります。
1
ここにも登山道が あったみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも登山道が あったみたいです。
1
8合目まで下ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8合目まで下ってきました。
山開き準備中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山開き準備中。
1
山頂方向を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向を振り返る。
七合目到着
この後 道標はありませんが 御殿場口から富士宮口への分岐があります。下ってきて直進 ブル道を 横断します。道標は 御殿場口へ降りる道標のみでした。開山後は 設置されるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目到着
この後 道標はありませんが 御殿場口から富士宮口への分岐があります。下ってきて直進 ブル道を 横断します。道標は 御殿場口へ降りる道標のみでした。開山後は 設置されるのかな?
宝永山第一火口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山第一火口
1
山頂(宝永山)は 雲の中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂(宝永山)は 雲の中
1
今回は 宝永山は パス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は 宝永山は パス
2
第一火口の富士山山頂方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一火口の富士山山頂方向
駐車場に戻ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ります
左右どちらを歩くか迷って 長い道を 歩くことに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左右どちらを歩くか迷って 長い道を 歩くことに
1
宝永山第二火口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山第二火口
1
やはり木々のあるところは 癒されます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり木々のあるところは 癒されます。
1
花も咲いているし
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花も咲いているし
マイヅルソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウ
1
途中の開けたところ たぶん土砂崩れ跡
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の開けたところ たぶん土砂崩れ跡
ミツバオーレン?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオーレン?
登山口到着(ブル道起点)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着(ブル道起点)
1

感想/記録

今回は 富士山
三年前と同様
富士山本宮浅間大社にてお参りを済ませ 五合目駐車場へ
思ったより風が吹き 車体が揺れたため 熟睡できず。

3時半に起床 食事を済ませ お湯を沸かしてポットに入れて 準備
トイレを済まして ストレッチ

しかしびっくりしたのは 駐車台数の多さ 夕方着たときは 
数えるほどだったのに 下の駐車場まで 止まっている。

ゆっくり上り始める しかし 登山者が多い
外国の方も含めて トレランの 人も 多い

自分のペースを 崩さないように 進む
急がず あせらず マイペース

天気は良いが 風が強い 砂埃が無いだけ まし

高度が高いためか 空気が乾燥しているためか
異常に のどが渇く こまめに水分を取る。

雪渓が出てきた。
かなりの方が歩かれた後のため 雪も緩み
ふみ跡もできており キックステップで
十分歩ける 
苦労して アイゼンをつけている人も 見えたが
特に必要は 感じなかった。

山頂奥の宮着
お参りをして 剣ヶ峰へ
風が強い 馬の背を上りきり 順番を待って 三角点タッチ
山頂には 電子基準点も 設置されていた。

下山は 御殿場口から

さすがにすれ違いの人は少ない
ほとんどの人が トレラン
女性がわりと 多かった。

七合目を下ったところに分岐の標識は 無し
御殿場口に下る標識のみ
分岐を直進 ブル道を すぐに横断して 宝永山に向かう

小砂走りの始まり
足にはらくだが 疲れる 
宝永山は 今後の楽しみに残して置く。

宝永第一火口の休憩ベンチにて昼食後
五合目登山口に向かう

やはり樹木のある登山道は 癒される。
やたらに多い 熊注意の看板には参ったが

登山口(宝永山)到着
ブル道の起点でも あり 数台とめてあった。

しかし 山開き前なのに 登山客の多さには びっくりしました。
訪問者数:253人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/22
投稿数: 258
2016/6/27 18:57
 こんにちわ!
kanmapapaさん、初めまして。
Zenpと申します。 私のレコも見てくださり、ありがとうございます!

しかし、本当に風が強かったですね!
私は、初めての富士登山でしたが強風過ぎて撤退も考えていたところでした。
出発した時間がほぼ同じ時間だったので、何処かでお会いしてるかもしれませんね!?
レコを拝見させてもらっていて、次回は御殿場口から登ってみようかと思いました!
お疲れ様でした!
登録日: 2012/6/11
投稿数: 147
2016/6/28 16:25
 Re: こんにちわ!
Zenp さん コメントありがとうございます。

時系列から考えると 途中で すれ違っているのでは?

風のおかげで 山容がきれいに見えたように思えます。
ガスのほうが 歩きやすくはありますが
(こと 富士山に関しては)

一番長い 御殿場登山口 トレランのメッカ ご健闘を祈ります。
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ