ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905829 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

瑞牆山

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー harunoneko, その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 7:00あずさ1号 8:37韮崎着
8:50韮崎駅発みずがき山荘行きバス 10:05みずがき山荘着
 (バス代片道2060円)
帰り 16:35みずがき山荘発 17:55韮崎駅着
   16:35発のバスは土日祝のみ運行
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間0分
休憩
1時間4分
合計
6時間4分
Sみずがき山荘10:1110:51富士見平小屋11:0411:24瑞牆山・八丁平分岐11:2511:33桃太郎岩11:3712:30大ヤスリ岩12:4013:10瑞牆山13:4013:58大ヤスリ岩14:53桃太郎岩14:5515:05瑞牆山・八丁平分岐15:0915:28富士見平小屋16:15みずがき山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

歩き始めは気持ちのいいハイキングロード
2016年06月26日 10:16撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めは気持ちのいいハイキングロード
5
富士見平小屋
2016年06月26日 11:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋
3
小屋からいったん下って、大きな桃太郎岩
隣の階段と比べると大きさがわかるかな。
2016年06月26日 11:34撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋からいったん下って、大きな桃太郎岩
隣の階段と比べると大きさがわかるかな。
9
桃太郎岩から、大きな石ゴロゴロの急登の始まり
2016年06月26日 11:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃太郎岩から、大きな石ゴロゴロの急登の始まり
6
手足を使って登ります
2016年06月26日 12:29撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手足を使って登ります
2
とにかく巨岩があちこちに
2016年06月26日 12:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく巨岩があちこちに
10
振り返ると絶景
2016年06月26日 13:00撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景
2
ゴゼンタチバナ
2016年06月26日 13:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
5
山頂に到着
2016年06月26日 13:10撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着
11
雲がどいてくれないので、遠望は利きませんが、すごい眺め。
2016年06月26日 13:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がどいてくれないので、遠望は利きませんが、すごい眺め。
11
登ってよかった〜
2016年06月26日 13:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってよかった〜
7
八ヶ岳方面(多分)
2016年06月26日 13:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面(多分)
5
富士山も見えませんね
2016年06月26日 13:17撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も見えませんね
6
大ヤスリ岩 クライミングする人もいます
2016年06月26日 13:17撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩 クライミングする人もいます
19
高度感あります
2016年06月26日 13:17撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感あります
6
シャクナゲは終わり。
残っていたハクサンシャクナゲ
2016年06月26日 13:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲは終わり。
残っていたハクサンシャクナゲ
11
ツマトリソウ
2016年06月26日 13:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
5
登山道の途中から見えた大ヤスリ岩
人が見える
2016年06月26日 13:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の途中から見えた大ヤスリ岩
人が見える
1
林道のビューポイント,らの瑞牆山
「あそこに登ったんだねえ」と感慨に耽る。
2016年06月26日 15:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道のビューポイント,らの瑞牆山
「あそこに登ったんだねえ」と感慨に耽る。
8
青空が見えてきた
2016年06月26日 15:44撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が見えてきた
2
林道の片側崩落したところからの眺め
2016年06月26日 15:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の片側崩落したところからの眺め
2
ビューポイント△らの瑞牆山
2016年06月26日 15:56撮影 by Canon IXY 31S, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビューポイント△らの瑞牆山
5
個性的なカッコイイ山でした。
2016年06月26日 15:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
個性的なカッコイイ山でした。
15
撮影機材:

感想/記録

梅雨の合間を狙って瑞牆山へ行ってきました。予定しても天候が悪くなって、なかなか実行できなかった山です。
人気の瑞牆山だけに、バス(小型)は立ち乗りの人もいました。朝から登っている人も多く、登りの途中では多くの下りてくる人たちとすれ違いました。たくさんの人に道を譲っていただきました。大きな岩の道、手足を使っての登りは、なかなかに楽しめました。山頂は晴天とは行かずずっと曇りのまま、楽しみの眺望は遠望が利かず残念でしたが、深い山々の眺めが素晴らしかったです。風が強く遮るものがないので、皆上着を羽織っていました。ダウンを着ている人も。
下山は富士見平小屋から少し下ったところの林道を通って、ビューポントから瑞牆山を眺めました。山全体がよく見えるところが少ないので、林道経由はおススメです。楽ちんの道なので、ちょっと遠回りでも時間的にはあまり変わらないのではと思います。
今回のやっちまった:予定通りに下山しバスに乗り駅に着き、特急の指定券も取ってあるのでのんびりおそばを食べてベンチに座り、ホームでぼうっと電車を待っていると、来たのは普通電車。この次かなと切符を確認したら、特急の発車時刻を勘違いしていて、すでに通過した後...。甲府から満員の自由席車両に乗りましたとさ(次の特急は韮崎は止まらないの(T-T)。なんてこった。。。
訪問者数:483人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/23
投稿数: 1316
2016/6/27 20:24
 瑞牆山〜♪
harunonekoさんこんばんは〜♪
瑞牆山は超ハイスピードのツアーで行った為、亀な私には辛かった記憶が…。でも頂上からの景色は素晴らしかったです。
電車の旅ってワクワクしますね〜!
日帰りなのに旅行気分♪
今回のやっちまったが、うけました。(笑)私もやりそうな感じです。
帰りも指定席でないとこれからの時期は厳しいのかな?
登録日: 2014/1/11
投稿数: 220
2016/6/27 21:56
 Re: 瑞牆山〜♪
kitausagi さん、こんばんは。
いつもコメントをありがとうございます。

瑞牆山は急登が続くので、超ハイスピードのツアーは辛いですよね。
私なら完全に置いていかれます。無理なものは無理〜
そうなんです、電車の旅は日帰りでも旅行気分になれますね。
山歩きするようになって、すっかり普通の旅行をしなくなってしまいました。
歩くだけで、いろんな景色や空気を五感で味わうことが出来るんだもん
「やっちまった」に受けてくださってありがとう 。全くマヌケな私です。
あずさの混み具合はどうなんでしょうかねぇ。何処から乗るのかにもよるのかな。
私は帰省の際はドキドキするのがいやなので、いつも指定席をとってしまいます。
今回は急に天候がよくなったからなのか、朝のあずさも指定は満席でした(前日までは空きあり)。天気を見て山に行く人とか多いのかなと思いました。
登録日: 2015/3/25
投稿数: 887
2016/6/27 22:09
 私もやっちまった
私の場合は、肉体的ダメージですからホントに痛いです。肉体的痛みでマジでつらいです。ショックは大きいです(>_<)

瑞牆山は山荘前でテン泊しました。次の日は金峰山往復です。定番みたいなもんですかね。瑞牆山はホント、岩、岩の山ですね。山頂にいるだけで緊張しました。金峰山の五丈岩の方が緊張しなかったですね。金峰山に年明け早々に登った時は、誰にも会いませんでした。人気の山も時期によって人出は全く変わりますね。その時は五丈岩には登りませんでした。

小屋の煙突からは煙が出ていたので、登山者はいたのでしょうね。人を見なかったのは、たぶん時間が早かったせいでしょう。とても寒かったです。
登録日: 2014/1/11
投稿数: 220
2016/6/27 22:49
 Re: 私もやっちまった
肉離れ、痛そうですね。
痛みはダメージが大きいですね。早くよくなりますように。
お大事になさってくださいね。

瑞牆山往復だけで我が家の二人は翌日筋肉痛です。
二日目は金峰山往復なんて、本当にすごいですね。年明けの金峰山は雪の中ですよね。
すごいなぁ。
金峰山は機会があったら大弛峠から歩きたいと思っています。
こっちからなら歩けると思うので。行ってみたい山のひとつです。
瑞牆山も金峰山も中央線からよく見える山なので。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 962
2016/7/8 14:15
 やっちまいましたか!
harunonekoさん、こんにちは!

 瑞牆山、お天気がマズマズでよかったですね!
まあ、この時期ですから、遠望を望むのは高望みのようで。(望が多いな)
でも、富士山は見れなくても、両手を使って十分楽しんだようですね。
瑞牆山って、途中、樹林が邪魔して写真が撮れないんですよね。
そうですか、林道を回っていくとビューポイントがあるんですね。
今度行ったら回ってみよう。

 ところで、今回のやっちまったは、なかなか痛〜っ!(と言いながら、他人事なので大笑いしてしまった。  す、スミマセン!)
しかし、これはショックでかいですね。駅のベンチを蹴飛ばしたとか?
でも、人生、苦あれば楽あり(逆か?)、次回は予想外のいいことありますよ。イケメンさんが荷物持ってくれるとか。

 ところで、harunonekoって、春の猫ですかね?
登録日: 2014/1/11
投稿数: 220
2016/7/8 22:50
 Re: やっちまいましたか!
f15eagleさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですよね、この時期はわかっちゃいるけどあわよくば、なんてね。
この時期に登れただけでもラッキーです。
ピストンならばビューポイント、おススメです。
歩いている人は1組しか出会いませんでしたが。

やっちまったは、本当におバカさんでした
山行は最後まで気を抜いてはいけないと、つくづく思いましたよ
ところで、山で出会う男の人がみんなイケメンさんに見えるのはなぜだろう?

はい、harunonekoは はるの猫(うちのネコの名前はるなんです)です。
ハルワンコではありませぬ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ