ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905924 全員に公開 ハイキング甲信越

リハビリ山行2回目は守屋山

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー dqfather
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
杖突峠登山口駐車場。
出発時は7〜8台。
下山時は約20台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
25分
合計
2時間57分
S杖突峠口09:0409:37分杭平10:15守屋山東峰10:34守屋山10:5211:09守屋山東峰11:31分杭平11:3812:00杖突峠口12:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
信仰の山として地元の人に良く整備されている。
登り始め、途中に滑りやすい土の登山道がある。

写真

歩き始めは滑りやすい道。
2016年06月26日 09:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めは滑りやすい道。
100mほど高度を稼ぐと林道に合流。
林道を左に歩いていく。
2016年06月26日 09:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mほど高度を稼ぐと林道に合流。
林道を左に歩いていく。
キャンプ場へ、左のわき道を降り、沢沿いに進む。
2016年06月26日 09:34撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場へ、左のわき道を降り、沢沿いに進む。
林道終点には何故か沢山の駐車。
2016年06月26日 09:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点には何故か沢山の駐車。
キャンプ場に到着。
守屋さん登山道入り口。
2016年06月26日 09:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場に到着。
守屋さん登山道入り口。
キャンプ場。
誰もいません。
2016年06月26日 09:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場。
誰もいません。
キャンプ場奥に登山道の看板。
2016年06月26日 09:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場奥に登山道の看板。
少し明るくなってきたぞ。
2016年06月26日 09:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきたぞ。
かなり上に来たら、伐採作業しているようだ。
2016年06月26日 09:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり上に来たら、伐採作業しているようだ。
重機もこんな高いところまで(作業道を作ってある)。
2016年06月26日 09:58撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重機もこんな高いところまで(作業道を作ってある)。
「胸突坂」看板。
急傾斜だがもうすぐ東峰山頂。
2016年06月26日 10:06撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「胸突坂」看板。
急傾斜だがもうすぐ東峰山頂。
東峰山頂。
ガスガス。
2016年06月26日 10:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰山頂。
ガスガス。
日差しはあるが、周囲の山は雲の中。
2016年06月26日 10:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日差しはあるが、周囲の山は雲の中。
いったん下って暫く行くと、西峰山頂が見えた。
2016年06月26日 10:33撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったん下って暫く行くと、西峰山頂が見えた。
西峰(主峰)山頂。
2016年06月26日 10:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰(主峰)山頂。
諏訪湖。
2016年06月26日 10:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
諏訪湖。
三角点タッチ
2016年06月26日 10:35撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
引き返して。
ラビットハウス横には風除けして休憩できるようにしてある。
2016年06月26日 10:36撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して。
ラビットハウス横には風除けして休憩できるようにしてある。
ラビットハウス内部。
2畳ほど?
2016年06月26日 10:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラビットハウス内部。
2畳ほど?
中でおやつ。
2016年06月26日 10:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中でおやつ。
1
メモ帳。
少しだけ記入した。
2016年06月26日 10:48撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メモ帳。
少しだけ記入した。
東峰に戻って、山頂下の「守屋神社」
2016年06月26日 11:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰に戻って、山頂下の「守屋神社」
「守屋新道」分岐。
立石口へ下山できます。
2016年06月26日 11:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「守屋新道」分岐。
立石口へ下山できます。
キャンプ場に戻って簡易トイレを借りました。
ペーパーあり。
2016年06月26日 11:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場に戻って簡易トイレを借りました。
ペーパーあり。
1
林道終点の車は殆どなくなっていた。
2016年06月26日 11:38撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終点の車は殆どなくなっていた。

感想/記録

 リハビリハイキング、2回目は守屋山へ。前回と同程度の負荷か。荷物・装備は前回と同様。
 8時前に自宅出発、1時間程で駐車場。早くから歩いている人がいるようだ。準備をしている間にもチラホラとと出発する人が。登り始めは前日までの雨で、ぬかるんではいないが滑りやすい土の道。朝は肌寒かったので(出発時は15℃位)メリノウールの長袖Tシャツと、薄手の半袖を着ていたがやや汗ばんでくる。すぐに傾斜は緩くなって林の中を進む。100m程標高を上げると平らになり、林道に合流。やや下り下限の林道を進み、沢沿いの「ザゼンソウの道」へ入るが、ザゼンソウは見られず。林道終点に合流したらキャンプ場、ここまで自動車で上がることができる。この日は近くでイベントがあったのか(どこからか掛け声?がしていた)、多くの車が止まっていた(下山時にはほとんどなくなっていた)。
 キャンプ場で薄手半そでを脱ぐぎ、登っていくと更に急になって「胸突き坂」。ちょっとした鎖場を登れば「東峰(1631m)」へ到着、登山者は5人ほど(顔見知りの北沢さんに挨拶)。この日は時々陽は射すが雲が多く周囲の山は雲の中、ざっと写真を撮ってさらに進む。10分ほど小さなアップダウンを進み「ラビットハウス」は後回し、西峰(主峰。1650m)へ到着、2名ほどラーメンの支度をしていた。やはり眺望がないのですぐに下って「ラビットハウス」をお借りしておにぎりとお茶で一休み。中に入るのは初めて、メモ帳に一言。
 西峰周辺は寒く(12℃位)また半そでを着て下山へ。すれ違う人が多くなり、結構な人が入山している人気の山。東峰付近から気温が上がり(16℃位)、キャンプ場でまた半そでを脱ぐ。簡易トイレをお借りしておしっこ(ペーパーあり)。滑るのを注意しながら下山、休憩含めて丁度3時間だった。
 まだまだ脚力・体力ともじっくりリハビリが必要。翌日仕事がある日には丁度良いハイキングであった。

 下山後は諏訪側へ。お昼は茅野の「六方」(夜までお腹一杯だった)。諏訪の魚市場「角上」でお土産(夕飯のおかず)を買い出ししてから帰宅。

 
訪問者数:248人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ