ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 905996 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白神山地・岩木山

ヤブガール誕生! 十二湖〜白神岳縦走と山頂の花畑

日程 2016年06月23日(木) 〜 2016年06月24日(金)
メンバー slowlife2
天候概ね曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク、 飛行機
奥十二湖の駐車場キョロロは1日400円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間3分
休憩
1時間15分
合計
10時間18分
S森の物産館キョロロ06:3906:43鶏頭場の池06:48青池06:5609:44崩山10:0412:21大峰岳12:4016:10大峰岳分岐16:1516:30白神岳避難小屋16:4216:43白神岳16:4716:48白神岳山頂水場16:5016:51白神岳16:5616:57白神岳避難小屋
2日目
山行
4時間33分
休憩
1時間12分
合計
5時間45分
白神岳避難小屋06:0506:19大峰岳分岐06:2108:16マテ山分岐08:2508:52蟶山コース最後の水場09:1910:27旧登山口10:5411:00白神岳登山口駐車場11:0711:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
熊やスズメバチに注意。大崩の上部の登山道に、背丈の高さに樹液の出ている個所があり、スズメバチがいました。去るまで待つ必要あり。
白神岳から崩山への縦走コースは大半が藪こぎです。
その他周辺情報ハタハタ温泉館500円
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

不老ふ死温泉
2016年06月22日 15:23撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不老ふ死温泉
大崩と日本キャニオン
2016年06月22日 18:18撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩と日本キャニオン
ガスカートリッジは能代市内のスポーツ用品店で購入
2016年06月23日 04:35撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスカートリッジは能代市内のスポーツ用品店で購入
朝もやの十二湖
2016年06月23日 06:27撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝もやの十二湖
1
新緑がきれい
2016年06月23日 06:52撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新緑がきれい
青池
2016年06月23日 06:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青池
名前分からず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前分からず
3
大崩から
2016年06月23日 08:51撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大崩から
鉱石と水晶玉
2016年06月23日 09:18撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱石と水晶玉
1
霧のブナ林
2016年06月23日 14:27撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧のブナ林
日光キスゲ
2016年06月23日 14:50撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光キスゲ
3
シャクナゲ
2016年06月23日 15:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ
ハクサンチドリ?
2016年06月23日 15:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ?
1
歩いてきた山々
2016年06月23日 15:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた山々
たこ足の木
2016年06月23日 15:51撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たこ足の木
1
白神岳避難小屋
2016年06月23日 16:41撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白神岳避難小屋
この先、降りていくと水場
2016年06月23日 16:53撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先、降りていくと水場
1
白神岳山頂直下の水場。十分な量です。
2016年06月23日 16:56撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白神岳山頂直下の水場。十分な量です。
1
ハルゼミ?
2016年06月24日 08:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハルゼミ?
ギンリョウソウ
2016年06月24日 08:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
2
樹幹流という雨の流れ
2016年06月24日 08:23撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹幹流という雨の流れ
五能線は1日5本
2016年06月24日 12:04撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五能線は1日5本

感想/記録

新緑のきれいな時期の白神山地。
梅雨の時期でもあるので雨を覚悟しましたが、梅雨前線は南下してほとんど降られず。
十二湖〜白神岳〜白神岳登山口駅の縦走は、北上する行程組みが多いですが、スケジュールの関係で南下ルートを選択。
主に心配なのは、以下の2つ。
1.十二湖〜白神岳の長距離コース、北上する場合は大崩れからの下りのスリップが心配で、今回はそれはありませんが、心配なのは長距離を登りに使用するので時間がかかること。でも夏至の時期で暗くなるのが遅いからこそできる選択かと思います。

2.最近頻繁にニュースになっている熊。
人を積極的に襲う可能性がある熊、がいるのが心配です。ただし、それでもそのような熊は少数派と考え、作戦は伝統的な「人がいることを知らせる」という方法。
それでも突然出くわし、襲われた場合に備えて、ストックは普段は使わない2本を準備。
重量のあるストックを、槍のように投げて熊をひるませる作戦です。
途中1か所、藪の中をかなりの重量級の動物がいる気配を感じましたが、音をだしてこちらの存在を知らせ、その動物とご対面することはありませんでした。やれやれ。

あと、まさかのピンチが1つ。
登山道の途中に、木をくぐる場所がありますが頭の高さに樹液が出ており、スズメバチが樹液を吸っていました。たまたまもう1匹が飛んでいて気づきましたが、そうでなければザックが木にぶつかってハチを驚かせていたかもしれません。
そこは蜂が去るのを待って切り抜けましたが、別の場所を歩いているとなんと!
メンバーの一人の腕にスズメバチが止まったのです!
幸い本人は恐怖で体が動かず、悲鳴だけあげてそれに驚いたのか、蜂は去ってくれました・・・。
それにしても、スズメバチと至近距離で目が合う恐ろしさ・・・。

ほとんどが樹林帯で、だいたい標高1,100Mを超えると展望が開けます。
大峰岳〜「十二湖、まて山分岐」までの3−4時間はほぼ「藪こぎ」です。これは相当体力を消耗します。雨が降っていたらなおさら大変でしょう。
おかげで、
「山ガールはこんな場所には来ないよね。」
「私たちヤブ(藪)ガールだね。」
という会話をして「ヤブガール」という新しいジャンルが生まれました!

藪こぎは大変ですがそれでもたくさんの花が咲いており、心を和ませてくれます。
ニッコウキスゲ、ハクサンチドリ、シャクナゲ、チシマフウロ、つつじの仲間などなど。
特に最後の分岐〜白神岳山頂の区間は見晴らしもよく、もう少し待てばまさに「お花畑」と呼べる場所です。礼文島を思い出しました。

山頂水場がどうなっているかわからなかったため、水は一人3-4L持参しましたが、水場の水は豊富でした。夏には水浴びもいいかもしれません。

縦走区間は、世界遺産地区の端っこにあたるわけですが、奥には広大なブナ林が広がっています。青森の森の奥深さを感じました。

日帰りの場合は白神岳登山口からの往復になりますが、標高差1200M以上であり、これもなかなかハードです。時間には余裕をもって登りましょう。

(お知らせ)
次回少人数ツアーは、8月夏の絶景ヨーロッパアルプス(東チロル、ドロミテ)10日間格安ツアーです。
http://etour.web.fc2.com/
訪問者数:644人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ