ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 906228 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大峰山脈

大普賢岳

日程 2016年06月27日(月) [日帰り]
メンバー okap4693
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間28分
休憩
1時間14分
合計
8時間42分
S和佐又ヒュッテ07:2407:54和佐又のコル08:31日本岳(文殊岳)09:18石の鼻09:2009:22小普賢岳09:2710:09大普賢岳10:1810:59国見岳11:0212:05七曜岳12:0613:15無双洞14:0714:15水簾滝14:1715:29七曜、大普賢分岐15:51和佐又のコル16:06和佐又ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鎖場やはしごが多いので慎重に進んでください。
トイレは出発地点にしかありません。
無双洞周辺は道迷いしやすく、疲れもたまってるので、特に注意が必要です。
その他周辺情報今回は寄りませんでしたが、たくさんの天然温泉が近くにあります。
和佐又山ヒュッテが基点なので便利で心強かったです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

今回駐車した和佐又山ヒュッテ、料金¥1000です。月曜日だったのでこの時点で数台しか停まっていませんでした。
2016年06月27日 07:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回駐車した和佐又山ヒュッテ、料金¥1000です。月曜日だったのでこの時点で数台しか停まっていませんでした。
3
こちらが和佐又山ヒュッテ。立派な建物でした。
2016年06月27日 07:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが和佐又山ヒュッテ。立派な建物でした。
1
すぐ近くの登山道から出発。
2016年06月27日 07:38撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くの登山道から出発。
1
15分ほどで和佐又のコル。和佐又山と大普賢岳の分岐です。
2016年06月27日 07:56撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15分ほどで和佐又のコル。和佐又山と大普賢岳の分岐です。
1
ここを起点に外回り大普賢岳コースと内回り無双堂コースの環状コースになります。今回は大普賢岳コースです
2016年06月27日 07:57撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを起点に外回り大普賢岳コースと内回り無双堂コースの環状コースになります。今回は大普賢岳コースです
1
歩きやすい山道を30分ほど進むと山側の巨大な岩盤の下に小さな空洞が
2016年06月27日 08:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい山道を30分ほど進むと山側の巨大な岩盤の下に小さな空洞が
2
シタンの窟です。修験道の修行の場です。
2016年06月27日 08:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シタンの窟です。修験道の修行の場です。
2
さらに進むと朝日窟
2016年06月27日 08:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進むと朝日窟
1
圧倒的に巨大な岩盤の下に、広い空間があいてますが、スケールの大きさわかりますか?
2016年06月27日 08:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
圧倒的に巨大な岩盤の下に、広い空間があいてますが、スケールの大きさわかりますか?
1
こちらが笙の窟
2016年06月27日 08:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが笙の窟
1
岩盤の大きさ高さが中々表現できませんが
2016年06月27日 08:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩盤の大きさ高さが中々表現できませんが
2
こちらが鷲の窟
2016年06月27日 08:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらが鷲の窟
1
岩の上からひっきりなしに水しぶきが落ちてきます。
2016年06月27日 08:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の上からひっきりなしに水しぶきが落ちてきます。
1
日本岳1505m 笙の窟をはじめとする巨大な岩盤からなる山の頂になります
2016年06月27日 08:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本岳1505m 笙の窟をはじめとする巨大な岩盤からなる山の頂になります
1
石の鼻、ここからの大峰の絶景が素敵!
2016年06月27日 09:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石の鼻、ここからの大峰の絶景が素敵!
1
今回の目的地 大普賢岳 1780m
2016年06月27日 10:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目的地 大普賢岳 1780m
3
山頂は広く、解放感ありました。
2016年06月27日 10:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広く、解放感ありました。
1
稲村が岳 大日岳が見えます
2016年06月27日 10:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村が岳 大日岳が見えます
2
こちらは弥山、八経が岳
2016年06月27日 10:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは弥山、八経が岳
1
大峰の山々が360度見渡せ最高の気分です
2016年06月27日 10:07撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰の山々が360度見渡せ最高の気分です
2
お天気もよかったです!
2016年06月27日 10:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お天気もよかったです!
2
大普賢岳までは岩山ではしごや鎖場が多かったですが、
一転山上の草原といった雰囲気に
2016年06月27日 10:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳までは岩山ではしごや鎖場が多かったですが、
一転山上の草原といった雰囲気に
2
水太覗という場所だそうで、左手へ行ってみると
2016年06月27日 10:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水太覗という場所だそうで、左手へ行ってみると
2
切り立った崖の向こうに広がる美しい山々
2016年06月27日 10:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り立った崖の向こうに広がる美しい山々
5
少し歩いたところが国見岳
2016年06月27日 11:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩いたところが国見岳
1
そこから薩摩転げという、おそろし気な難所が
ほぼ垂直の岩場を鎖を使って一歩一歩下っていきます
2016年06月27日 11:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこから薩摩転げという、おそろし気な難所が
ほぼ垂直の岩場を鎖を使って一歩一歩下っていきます
2
大普賢岳をはじめとするギザギザの山容がかっこいい!
2016年06月27日 11:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳をはじめとするギザギザの山容がかっこいい!
3
難所を過ぎると苔と岩のある穏やかな景色
2016年06月27日 11:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
難所を過ぎると苔と岩のある穏やかな景色
1
稚児泊 キャンプ適地だそう
2016年06月27日 11:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稚児泊 キャンプ適地だそう
1
大普賢岳、小普賢岳、日本岳、と続いているようです
2016年06月27日 11:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳、小普賢岳、日本岳、と続いているようです
4
七つ池、別名鬼の釜
水は張ってなくて、大きな窪地でした。
2016年06月27日 11:36撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七つ池、別名鬼の釜
水は張ってなくて、大きな窪地でした。
1
七曜岳、奥駆道とはここでわかれ、再び和佐又山方向へ向かいますが、この先がわかりにくい。テープをたどり迷いながら歩を進めます
2016年06月27日 11:53撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曜岳、奥駆道とはここでわかれ、再び和佐又山方向へ向かいますが、この先がわかりにくい。テープをたどり迷いながら歩を進めます
2
トラバースを抜けると川を越えて対岸に出ますが
どこで川を渡ったらいいのか1時間ほどさまよい、無双洞を見つけようやく対岸に渡ることができました。
2016年06月27日 14:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースを抜けると川を越えて対岸に出ますが
どこで川を渡ったらいいのか1時間ほどさまよい、無双洞を見つけようやく対岸に渡ることができました。
1
水簾の滝、近くによって写真を撮ろうとしたのですが、数日来の雨で勢いが強く、ものすごい水しぶきでした。
2016年06月27日 14:19撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水簾の滝、近くによって写真を撮ろうとしたのですが、数日来の雨で勢いが強く、ものすごい水しぶきでした。
4
無双洞を過ぎると鎖場、というよりロッククライミング。
3点支持で慎重に登る、というより4つんばいでひいひい這い上がるというのが正しいかな。
2016年06月27日 15:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無双洞を過ぎると鎖場、というよりロッククライミング。
3点支持で慎重に登る、というより4つんばいでひいひい這い上がるというのが正しいかな。
1
ようやくヒュッテが見えてきました。昼間よかった天気も雲がかかってきました。
2016年06月27日 15:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくヒュッテが見えてきました。昼間よかった天気も雲がかかってきました。
2
1600ごろ和佐又山ヒュッテに到着。今まであまり経験のない鎖やはしご、渡河などスリリングで充実した山行となりました。
2016年06月27日 16:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1600ごろ和佐又山ヒュッテに到着。今まであまり経験のない鎖やはしご、渡河などスリリングで充実した山行となりました。
2

感想/記録

梅雨の切れ間の今日、ずっとあこがれてた大普賢岳に行ってきました。
京奈和自動車道の延伸で自宅から2時間ほどとずっと近くなった和佐又山ヒュッテ。
ただ上級者向けのコースということでやはりハード。特に七曜岳からの帰路が疲れもたまりしんどかったです。

ヒュッテの方とお話ししたところ、大普賢岳ピストンで行かれる人が多いとのこと。
帰宅途中から大粒の雨が降り出しました。最高のタイミングで山行でき、本当にラッキーでした
訪問者数:313人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ