ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 906310 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山 登山未経験者と行く 富士宮口 〜 プリンスルート

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー heinai, その他メンバー1人
天候晴れ/曇り 
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
富士宮ルート9合5勺〜山頂に残雪がありちょっとした難所のようにとなっていました。
御殿場ルートの山頂〜7合5勺は傾斜は緩いですが、まだ山開き前で整備されていないのか、ロープは切れ切れ、登山道も荒れて歩きにくい印象でした。
また、御殿場ルートから宝永山方面への分岐点で、御殿場方面へ向かう真新しい踏み跡がありましたが、御殿場ルートをピストンしたツワモノばかりではなく、間違えて下った方がいたようです。
当日は霧により見通しが悪かった為と思いますが、この分岐は道標ありますが要注意です。
シーズン中には「プリンスルート」と「至 富士宮口」の案内板も設置されるようですが、山開き前の為か「下り6合」の道標しかありませんでした、富士宮口はこの道標の宝永山の方へ行きます。
御殿場方面(左)が広く本道で、宝永山方面(右)が分岐してゆく細い道といった感じでした。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

さあ!行くぞ。
富士山スカイライン5合目駐車場より。
標高2400m
2016年06月26日 05:53撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ!行くぞ。
富士山スカイライン5合目駐車場より。
標高2400m
5
いきなり飛ばして、すぐにバテる。
標高2700m付近
2016年06月26日 06:37撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり飛ばして、すぐにバテる。
標高2700m付近
2
新七合目御来光山荘(2790m)にて大休止
2016年06月26日 06:55撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七合目御来光山荘(2790m)にて大休止
2
元祖七合目山口山荘(3030m)より下を見る。
2016年06月26日 07:45撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元祖七合目山口山荘(3030m)より下を見る。
2
八合目池田館より下を見る。
2016年06月26日 08:33撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目池田館より下を見る。
1
八合目池田館(3220m)にて大休止
目を瞑ってじっと動かず、だいぶお疲れの様子。
2016年06月26日 08:33撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目池田館(3220m)にて大休止
目を瞑ってじっと動かず、だいぶお疲れの様子。
3
もう少しで9合目
上に見えるは、9合と9合5勺の小屋
標高3350m付近
2016年06月26日 09:08撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで9合目
上に見えるは、9合と9合5勺の小屋
標高3350m付近
2
9合5勺(3590m)から山頂を望む
2016年06月26日 09:56撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合5勺(3590m)から山頂を望む
1
9合5勺から麓を望む
芦ノ湖が見える
2016年06月26日 09:56撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合5勺から麓を望む
芦ノ湖が見える
1
山頂を目前にして座り込んじゃった。
もう少しだガンバレ
標高3740m付近
2016年06月26日 10:39撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を目前にして座り込んじゃった。
もう少しだガンバレ
標高3740m付近
2
座り込んじゃった所から下を見る。
9合5勺の小屋と9合の小屋が見える。
2016年06月26日 10:39撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
座り込んじゃった所から下を見る。
9合5勺の小屋と9合の小屋が見える。
1
富士宮口山頂から剣ヶ峰へ
2016年06月26日 10:59撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮口山頂から剣ヶ峰へ
1
ガスが晴れて火口が見えた。
2016年06月26日 11:10撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れて火口が見えた。
2
剣が峰へ、最後の登りがきつい。
ザレた急坂(馬の背)を登りきった所で、またも座り込み。
剣ヶ峰を目前にして、しばらく動かず。
後姿に哀愁が・・・
2016年06月26日 11:18撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣が峰へ、最後の登りがきつい。
ザレた急坂(馬の背)を登りきった所で、またも座り込み。
剣ヶ峰を目前にして、しばらく動かず。
後姿に哀愁が・・・
3
とうとうやりました!
日本最高地点に到着
2016年06月26日 11:31撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とうとうやりました!
日本最高地点に到着
6
相棒がおやつに持ってきた数本のバナナ、ザックに入らんと言うので私のザックに入れて登る。
山でバナナは初めてです。
2016年06月26日 11:48撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相棒がおやつに持ってきた数本のバナナ、ザックに入らんと言うので私のザックに入れて登る。
山でバナナは初めてです。
7
お鉢巡り
本栖湖が見えた。
2016年06月26日 11:29撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢巡り
本栖湖が見えた。
2
お鉢巡り
河口湖、西湖が見えた。
2016年06月26日 12:49撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢巡り
河口湖、西湖が見えた。
2
御殿場ルートの下り
2016年06月26日 13:33撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルートの下り
2
御殿場ルートの下り
2016年06月26日 13:33撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルートの下り
2
御殿場ルート7合5勺付近から山頂を見上げる。
2016年06月26日 14:42撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿場ルート7合5勺付近から山頂を見上げる。
3
宝永山
せっかくなので、よってみました。
何も見えませんでした。
2016年06月26日 15:17撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山
せっかくなので、よってみました。
何も見えませんでした。
2
宝永山からの下りで振り返って。
2016年06月26日 15:25撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山からの下りで振り返って。
1
宝永第一火口縁付近より
宝永山から下ってきた道がうっすらと見える。
2016年06月26日 15:46撮影 by Canon IXY 3, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永第一火口縁付近より
宝永山から下ってきた道がうっすらと見える。
1
撮影機材:

感想/記録
by heinai

 仕事でお付き合いのある職人のS氏から、「富士山に登りたいので一緒に登ってくれ」と頼まれて今回の山行となりました。
今年はレコにはUPしていませんが5月に登っており、2度目の富士山となります。
 S氏は40代後半男性で登山経験はありません。
登り始めると、結構良いペースで登っていきます。
と思ったら、やはりオーバーペースだったようで、6合目をすぎた辺りでダウン。
自身もそうだけど、ゆっくり登る事ができずに、息が切れてしまうようです。
登るペースは遅くないと思うが、休憩は長く、時々登山道脇に座り込んでしまう。
登る前は、お鉢巡りをすると意気込んでいたが、富士宮口山頂に着いた時には、疲労困憊とみえて、「剣ヶ峰には行かない」と言って大休止。
ここまで登って剣ヶ峰に行かなのは勿体無いので、強引に説得して剣ヶ峰へ。
剣ヶ峰でひとしきり休んだ後、「お鉢巡りはアップダウンが少ないから楽勝だ」とそそのかしてお鉢巡りへGO。
下山は御殿場ルートから宝永山へ向かうプリンスルートで5合目駐車場へ戻りました。
下山となればサクサク歩くだろうと思っていたが、意外と時間がかかりヒヤヒヤしました。
 今回、何度も登った山なので事前にチェックしなかったのですが、終わってみれば、トータルでは、ほぼ昭文社のコースタイムどおりでした。
多くの人が登る富士山だけに、昭文社のコースタイムはかなり遅めになっているようですが、ちょっと甘く考えていました、反省です。
 初心者は下りで膝にくるので、傾斜の緩いプリンスルートを使うのが良いと聞いて今回このルートとしましたが、(実は今までこのルートの存在を知らなかった)昭文社のコースタイムで計算すると、富士宮ルートでピストンするよりもプリンスルートで下山する方が時間が短いようです。
 S氏は、登頂の達成感と、自慢のネタが一つ増えて満足げでしたが、疲労困憊の表情で休む写真(表情をお見せできないのが残念ですが)は会社の同僚に大うけでした。
 山頂に近づくにつれ風も強く、そこそこ寒く手袋をするほどでしたが、モンベルのライトシェルジャケット1枚でしのげる程度でした。
訪問者数:356人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2091
2016/6/28 20:16
 おっ!珍しいですね
heinaiさん  コンんばんはpaper

単独では無いとは、違和感感じますね〜
時間は本当にギリギリで苦労した事わかります。
やはり、会社の方は高山病ですかね〜
普段山に登っていると、酸素が薄いとは感じなくなりますな〜
だいぶ前に買った酸素缶未開封のまま持っているオッサンより
登録日: 2012/11/26
投稿数: 230
2016/6/28 21:43
 Re: おっ!珍しいですね
コメントありがとうございます。
頭痛は無かったようですが、前日よく眠れなかったそうだし、食欲も無くなっていたので、高度障害だったかと思います。
なんとも、初心者に鞭打つような山行となってしまいました。
登録日: 2015/4/28
投稿数: 151
2016/6/28 23:04
 お疲れ様でした
自衛隊の訓練登山みたいですね〜
heinai さん周りの人から見ると鬼軍曹だったりして

私もこのルートを登山未経験の同僚と歩きました。
同じくヘトヘトになってましたよ
登録日: 2010/8/2
投稿数: 304
2016/6/28 23:09
 こんばんわ
初めての方には厳しい山でしたね。
何とか御鉢巡りできて良かったですね。
日曜は膝のリハビリで、スバルラインにバイクを置き、吉田口をから本八合目まで上がり、引き返してきました。
ニアミスでしたね。(^-^)
登録日: 2012/11/26
投稿数: 230
2016/6/29 22:08
 Re: お疲れ様でした
富士宮口山頂まで行って、剣ヶ峰に行かないなんて絶対後悔すると思いまして、ちょっと強引にお誘い申し上げました。
決して「ゴルァ!もっとサクサク歩かんかい!!」などとは・・・
登録日: 2012/11/26
投稿数: 230
2016/6/29 22:22
 Re: こんばんわ
彼には予想以上に苦しい登山だったようですが、懲りる事は無く、「韮崎市民なんだから今度は鳳凰山でも登ったら、景色が良いよ」って言ったら、その気になっていました。
それにしても、Hikaruさんも富士山に来ていたとは。
登録日: 2010/8/2
投稿数: 304
2016/6/30 7:17
 Re[2]: こんばんわ
heinai さん
悪魔のささやきとは、まさしくこのことではないですか。
ドンドコ沢から入山ですか?
三山ともピークを踏むのですか?
レコ楽しみにお待ちします
登録日: 2012/11/26
投稿数: 230
2016/7/1 21:50
 Re[3]: こんばんわ
訊かれたので、「青木鉱泉から登れるよ」とは答えておきましたが、多分ないと思います。
万が一「鳳凰山何時登りましょう?」なんて言われたら・・・どうしよう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ