ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 906499 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

天狗岩〜烏帽子岳

日程 2016年06月27日(月) [日帰り]
メンバー huuta
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
やまびこ荘上の駐車場に駐車。駐車場は10台以上駐車可能ですが今日は月曜日のせいか1台のみ。
帰りにはやまびこ荘で温泉入浴(600円)ができます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
30分
合計
5時間55分
S天狗岩登山口08:5009:30二股10:10天狗岩10:45横道との分岐12:15横道との合流12:30マル分岐12:45烏帽子岳13:1513:20マル分岐13:35岩稜ルートとの分岐13:55岩稜ルートとの合流14:20二股14:45天狗岩登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
岩稜ルート前半のピークは岩場はなく後半の2ピークに岩場がありますが困難ではありません。各ピークとも妙義、南牧の山々、天狗岩と過ぎてきたピークの展望が利きます。烏帽子ピークは10人で満員。
コース状況/
危険箇所等
岩稜ルートP7下降地点から岩稜ルートと横道ルートの合流地点までの間はテープが少なくルーファイに注意必要ですが、左手の尾根を意識して歩けば合流地点直下のロープにたどり着きます。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル

写真

登山口から30分で二股。右のニリンソウ群生地に向かいます。
2016年06月27日 09:34撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から30分で二股。右のニリンソウ群生地に向かいます。
緩やかな登山道を登ります。
2016年06月27日 09:47撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登山道を登ります。
尾根道に出ます。ここは左へ。
2016年06月27日 10:00撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根道に出ます。ここは左へ。
天狗岩直下はルンゼを登ります。
2016年06月27日 10:07撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩直下はルンゼを登ります。
天狗岩頂上。鉄橋の先に展望台があります。
2016年06月27日 10:12撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩頂上。鉄橋の先に展望台があります。
妙義山と南牧の山々が一望できます。
2016年06月27日 10:23撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙義山と南牧の山々が一望できます。
1
ギンリョウソウ。
2016年06月27日 10:43撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。
1
岩稜ルート(右)と横道ルート(左)の分岐。今日はシラケ山をパスして岩稜ルートに向かいます。
2016年06月27日 10:47撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜ルート(右)と横道ルート(左)の分岐。今日はシラケ山をパスして岩稜ルートに向かいます。
岩稜ルートのピークから。
2016年06月27日 10:59撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜ルートのピークから。
岩稜ルートの前半はあまり岩は目立ちません。
2016年06月27日 11:02撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜ルートの前半はあまり岩は目立ちません。
アップダウンを繰り返し、P6(?)頂上。ドウダンツツジ。
2016年06月27日 11:22撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返し、P6(?)頂上。ドウダンツツジ。
もうひとつドウダンツツジ。
2016年06月27日 11:25撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひとつドウダンツツジ。
P7かな?
2016年06月27日 11:27撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P7かな?
振り返ります。
2016年06月27日 11:43撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ります。
P7の下りは岩を右に巻きます。からだが空中にでますがホールドがしっかりしているので安心。
2016年06月27日 11:46撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P7の下りは岩を右に巻きます。からだが空中にでますがホールドがしっかりしているので安心。
1
P7からはシャクナゲとコケを踏んで下り、のぼり返します。
2016年06月27日 12:04撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P7からはシャクナゲとコケを踏んで下り、のぼり返します。
横道ルートの合流点まで赤テープがなく道が不明瞭ですが、左の稜線を外さないように巻き気味に通過します。
岩稜ルートの疲れもあり、踏み跡に誘われ右下に下りそうになりますが強いココロ(?)で登りかえします。
2016年06月27日 12:10撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横道ルートの合流点まで赤テープがなく道が不明瞭ですが、左の稜線を外さないように巻き気味に通過します。
岩稜ルートの疲れもあり、踏み跡に誘われ右下に下りそうになりますが強いココロ(?)で登りかえします。
合流点。岩稜ルートを1時間30分で通過。帰りの横道ルートは所用時間20分でした。
2016年06月27日 12:19撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点。岩稜ルートを1時間30分で通過。帰りの横道ルートは所用時間20分でした。
アジサイ。
2016年06月27日 12:32撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アジサイ。
烏帽子のコル。左に大仁田ダムへの道を分けます。
2016年06月27日 12:38撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子のコル。左に大仁田ダムへの道を分けます。
最後のロープを登って岩を廻り込むと
2016年06月27日 12:44撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のロープを登って岩を廻り込むと
烏帽子岳頂上。
2016年06月27日 12:50撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳頂上。
1
岩稜ルートを振り返ります。
2016年06月27日 12:51撮影 by SH010, KDDI-SH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩稜ルートを振り返ります。
撮影機材:
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ