ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907317 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走アジア

ラダック・インダス川上流域のトレッキング

日程 2016年06月16日(木) 〜 2016年06月26日(日)
メンバー poornananda
天候全日程、素晴らしい天気に恵まれました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
レー(Leh)から、約70kmのルムツェ(Rumtse)へ、ジープで移動。
頼もしい現地ガイド、ヘルパーの二人と、荷物を運ぶ4頭のポニー&ポニーマンと一緒に10日間の行動。

コースタイム [注]

6/12〜15は、高所順応を兼ねて、レーを起点にしてチベット仏教寺院を見学する。
6/16 レーからルムツェ(4100m)へ、車で移動。テント泊。
6/17 ルムツェから2つ川を渡り、キャマル村(4383m)へ。テント泊。
6/18 キャマルから、キャマル・ラ峠(4870m)とマンダルチャン・ラ峠(4996m)を越えてティサリングへ。テント泊。
6/19 ティサリングから、シブク・ラ峠(5016m)を越えて、パングナグ〔4398m〕へ。峠からは、ツォ・カル湖がよく見える。
6/20 パングナグからヌルチャン〔4500m〕へ。
6/21 ヌルチャンから、ホルラムコング・ラ峠〔4900m〕を越えて、ラチュングカル〔4668m〕へ。
6/22 ラチュングカルから、キャマユル・ラ峠〔5125m〕を越え、小さな小川を渡り、さらにギャマイ・ラ峠〔5100m〕を越えて、ギャマローマへ。
6/23 ギャマローマから、ヤランギュグ・ラ峠〔5100m〕を越え、ツォ・モリリ湖畔のコルゾク村へ。
6/24 ツォ・モリリ湖周辺を散策、ゴンパ(僧院)を訪ねる。
6/25 コルゾクからジープで、レーへ移動(約7時間)。
※毎日、4500m前後の所にテント泊でした。
コース状況/
危険箇所等
高所トレッキングといわれるコースなので、高所順応が必須。
ほとんどが標高4500m以上で、5000m位の峠をいくつも越えながら、ツォ・カル湖、ツォ・モリリ湖を訪れる巡礼の旅でした。
その他周辺情報テント泊。日中は、非常に紫外線が強く30度位まで上がりますが、夜は0度位まで冷えます。夜は湯たんぽを用意してくれたので、助かりました。
現地の厳しい環境で生きるのに合っているローカル食(チベタン料理)は口に合い、美味しく体調も良かったです。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 ライター コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ シェラフ ソフトシェル
共同装備 調理用食材 調味料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 テント テントマット

写真

幸運なことに、出発の日、マナリーからレーまで約425kmを歩いて巡礼をするリンポチェ一行に出会いました。
リンポチェとは、ダライラマのように転生された生き仏といわれる高僧です。
2016年06月16日 10:50撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸運なことに、出発の日、マナリーからレーまで約425kmを歩いて巡礼をするリンポチェ一行に出会いました。
リンポチェとは、ダライラマのように転生された生き仏といわれる高僧です。
5
ジープで、最初のキャンプ地、ルムツェに到着。
2016年06月16日 11:09撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジープで、最初のキャンプ地、ルムツェに到着。
1
不思議な雲。
2016年06月17日 10:45撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不思議な雲。
9
夕陽に照らされて輝く、ヤクの群れ。
2016年06月17日 17:22撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽に照らされて輝く、ヤクの群れ。
3
キャマル・ラ(峠)。
2016年06月18日 11:39撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャマル・ラ(峠)。
4
真っ青な空がすごく印象的。
2016年06月18日 14:32撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ青な空がすごく印象的。
2
ツォ・カル湖。白い湖という意味で、三日月の形をした塩湖。
湖岸に塩が結晶している。
2016年06月20日 10:46撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツォ・カル湖。白い湖という意味で、三日月の形をした塩湖。
湖岸に塩が結晶している。
5
スキャン(野生馬)の群れに遭遇。美しい!
2016年06月21日 08:40撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキャン(野生馬)の群れに遭遇。美しい!
3
峠を越えていく、荷物を運ぶポニーたち。
2016年06月22日 09:37撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠を越えていく、荷物を運ぶポニーたち。
黒い雲が出て、少し雨を心配したが、ありがたいことに雨は降らなかった。
2016年06月22日 16:16撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒い雲が出て、少し雨を心配したが、ありがたいことに雨は降らなかった。
4
真っ青なツォ・モリリ湖が最初に見えた地点。
2016年06月23日 10:47撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ青なツォ・モリリ湖が最初に見えた地点。
4
空に浮かぶ、虹色の雲。
龍神のよう。
2016年06月23日 10:50撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空に浮かぶ、虹色の雲。
龍神のよう。
ツォ・モリリ湖のそばにたたずむ、雪をかぶった6000m級の峰。
2016年06月23日 14:51撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツォ・モリリ湖のそばにたたずむ、雪をかぶった6000m級の峰。
3
コルゾク村に近い山道で会った、馬の親子。
2016年06月23日 15:36撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルゾク村に近い山道で会った、馬の親子。
1
ツォ・モリリ湖 湖畔。
2016年06月23日 16:29撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツォ・モリリ湖 湖畔。
6
朝、凪のような静けさの湖面。
2016年06月24日 08:29撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、凪のような静けさの湖面。
2
カモの親子たちが、寄ってきた。
2016年06月24日 10:24撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモの親子たちが、寄ってきた。
1
夕陽に輝くツォ・モリリ湖。
2016年06月24日 17:37撮影 by SH-25MR , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽に輝くツォ・モリリ湖。
3

感想/記録

素晴らしい旅をすることができました。
デリーから飛行機で降り立つレーは、約3500m。最初の4日間は僧院巡りをしながら、高所順応にあてました。

それでも、トレッキングを開始すると、やはり空気が薄い!
息が苦しいと少しでも感じたら、大きく深呼吸するように心がけました。
そして、登るときに息が切れるので、「ステップを細かく刻め。」これを自分に言い聞かせながら歩きました。心臓に負担が掛かり過ぎないように。

別グループでスイス人カップルがいて、スイスイ歩いて行くのですが、このボディはそういう風に出来る状態ではないので、とにかくマイペースでゆっくり歩き続けました。

スポーツ選手が高所トレーニングをするように、空気の薄いところで身体を鍛練する機会を頂いたように観じました。ありがたいことでした。

合計9日間、約90kmを歩き続けましたが、最後までくずれることなく、筋肉痛もなく完了できたので、大変感激でした!!

ラダックのザンスカール出身のガイドさんは、一緒にゆっくり歩いてくれていたのですが、歩く姿を見ていると、野生のタイガーかレオパードがのっしのっしと歩いているような感じでした。
どの一歩もバランスが取れているというか、スキが無いというか。美しさを感じました。すごく、歩き方の勉強になりました!

訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/11
投稿数: 763
2016/6/30 20:08
 すごいですねー
ただただ 感動の写真です!
めったに見られない風景で感動しました!
お疲れ様でした
登録日: 2015/3/15
投稿数: 13
2016/6/30 22:09
 Re: すごいですねー
早速のコメント、ありがとうございます。
500枚位、写真を撮ってしまいましたが、そのうち差し支えのないもので美しいものを公開しました。またどこかでお会いする機会がありましたら、他の写真もご覧頂きたいです!

関連する山の用語

カール コル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ