ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907520 全員に公開 ハイキング関東

伊豆大島 地図にはない樹海トレースコース2 支線を行く

日程 2016年07月01日(金) [日帰り]
メンバー slowlife2
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
10分
合計
2時間52分
Sスタート地点08:4710:23三原神社10:2710:32御神火茶屋&三原山温泉方面分岐10:43剣ガ峰10:4911:09テキサスルート分岐11:39大島温泉ホテル(三原山温泉)11:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

針葉樹みたいな芽
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針葉樹みたいな芽
こんな感じの樹海です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの樹海です。
1
名のわからぬ花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名のわからぬ花
樹海に何か所かある水たまり。モリアオガエルのオタマジャクシがたくさん。川や池のない大島では貴重な水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹海に何か所かある水たまり。モリアオガエルのオタマジャクシがたくさん。川や池のない大島では貴重な水場。
鹿の仲間のキョンかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の仲間のキョンかな
1
赤いマークのBコースから途中別れる、支線Aコース。黄色い札がマークです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いマークのBコースから途中別れる、支線Aコース。黄色い札がマークです。
名のわからぬ花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名のわからぬ花
樹林帯を抜けるとこのような景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けるとこのような景色。
1
ここから出てきました。この先は何の印もない場所を歩きます。土地勘がないと迷うこと必至。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから出てきました。この先は何の印もない場所を歩きます。土地勘がないと迷うこと必至。
周囲を樹林帯に囲まれた溶岩地帯
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲を樹林帯に囲まれた溶岩地帯
1
穴が開いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穴が開いていました。
1
このような人工物が、道しるべ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような人工物が、道しるべ。
その後、一般登山道に合流し、ここはお鉢巡りの一部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後、一般登山道に合流し、ここはお鉢巡りの一部。
1
三原山火口(A火口)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三原山火口(A火口)
2
剣ヶ峰近く。水蒸気が舞い上がっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰近く。水蒸気が舞い上がっています。
1
遠くに見える雲海は、海のすぐ上にあります。今日は朝から濃霧で、東海岸はまだ残っているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに見える雲海は、海のすぐ上にあります。今日は朝から濃霧で、東海岸はまだ残っているようです。
1
剣ヶ峰から櫛形山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から櫛形山方面。
1
この時期に草紅葉!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時期に草紅葉!!
1
黄色っぽい葉っぱも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色っぽい葉っぱも。
1

感想/記録

地図に載っていない樹海コースは、赤色マークの本線のほかに、黄色いマークの支線があります。これは本線の途中から溶岩流の方向に分かれるコースで、樹海を抜けると溶岩流地帯に出ますが、その先は標識がいっさいありません。遠くの景色を参考に方角だけはわかりますが、道らしい道はないので、一般登山道に出るまでに苦労します。
また、樹林帯を抜けてたあと、最初は草原地帯なので見晴らしが効くのですが、その後は背丈以上の木々が生い茂るので結構な藪こぎを必要とします。

その後舗装道に出て、三原神社を目指します。
この時期は天気がいいとかなり暑いですが、見晴らしはやはりよいです。
今日は伊豆半島や富士山、伊豆七島は見えませんでしたが珍しい雲海が見られました。雲海は海の上にできていたのですが、海抜は数M程度の場所かと思います。
今日は朝から湿気が多く、早朝はかなりの濃霧でした。その名残で、東海岸はしばらく雲海が残っていました。

お鉢巡りの東側斜面には、紅葉する草が生えています。一面真っ赤になるわけではありませんが、こんな夏の季節にそれなりの草紅葉が見られます。

時間があれば、櫛形山ふもとの、水蒸気噴出地帯を訪れてもいいかもしれません。

その後は温泉ホテルを目指します。
1周、3時間から3時間半程度のコースです。
訪問者数:175人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ