ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907578 全員に公開 トレイルラン東北

蕃山から萱ヶ崎山の先へ

日程 2016年06月30日(木) [日帰り]
メンバー deodeo
天候小雨交じりの霧
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間28分
休憩
10分
合計
2時間38分
Sスタート地点12:0112:47大梅寺登山口12:4913:14蕃山13:2113:31西風蕃山13:41萱ヶ崎山13:4214:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
いたるところ「クマ出没注意」の看板。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

【青葉山駅】
ホテルでトレランの格好に化け、仙台駅のロッカーに荷物を預けて出発。初めて地下鉄東西線に乗りました。序盤は早歩きでスタート。
2016年06月30日 12:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【青葉山駅】
ホテルでトレランの格好に化け、仙台駅のロッカーに荷物を預けて出発。初めて地下鉄東西線に乗りました。序盤は早歩きでスタート。
1
【青葉の森】
雨が上がった直後なので、木の葉から雨滴がポタポタと落ちてきて気持ちいいですが、車道から車の音がひっきりなしに聞こえてくるのはちょいと興ざめかな。
2016年06月30日 12:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【青葉の森】
雨が上がった直後なので、木の葉から雨滴がポタポタと落ちてきて気持ちいいですが、車道から車の音がひっきりなしに聞こえてくるのはちょいと興ざめかな。
【チゴユリのみち】
やけに多い「クマ出没」の看板。正直ひとりで走るのは怖いです。
2016年06月30日 12:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【チゴユリのみち】
やけに多い「クマ出没」の看板。正直ひとりで走るのは怖いです。
【大梅寺入口】
青葉の森から車道に戻り東北道・仙台宮城インターチェンジに下りてここから山道スタート。20年ぶりの訪問です。
2016年06月30日 12:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大梅寺入口】
青葉の森から車道に戻り東北道・仙台宮城インターチェンジに下りてここから山道スタート。20年ぶりの訪問です。
【大梅寺入口の涌水】
ペットボトルに水を汲んでいる人がいた。「この水おいしいですか?」と聞いたら、「飲むのはやめといた方がいいよ。金魚の水槽用に汲みにきた」と言われたのでスルー。(^^;
2016年06月30日 12:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大梅寺入口の涌水】
ペットボトルに水を汲んでいる人がいた。「この水おいしいですか?」と聞いたら、「飲むのはやめといた方がいいよ。金魚の水槽用に汲みにきた」と言われたのでスルー。(^^;
【大梅寺参道】
崩れかけた石段は往時のまま。それにしても気温は高くないものの雨上がりの湿度100%なので汗が滝のように出る。
2016年06月30日 12:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【大梅寺参道】
崩れかけた石段は往時のまま。それにしても気温は高くないものの雨上がりの湿度100%なので汗が滝のように出る。
【イノシシよけの柵】
クマ出没の看板だけでなくこんなものまで!人間と自然の付き合い方が変わってきたことを痛感。
2016年06月30日 12:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【イノシシよけの柵】
クマ出没の看板だけでなくこんなものまで!人間と自然の付き合い方が変わってきたことを痛感。
【蕃山の東西尾根】
雨交じりの霧中を行く。左に落ちたらただでは済まないので慎重に歩を進める。この後、トレイルランナーが突然現れて思わず「うわっ!」と大声を上げてしまった。
2016年06月30日 13:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【蕃山の東西尾根】
雨交じりの霧中を行く。左に落ちたらただでは済まないので慎重に歩を進める。この後、トレイルランナーが突然現れて思わず「うわっ!」と大声を上げてしまった。
【蕃山開山堂】
お堂は変わらず、でも2つの灯篭が倒れているのは3・11によるもの?
2016年06月30日 13:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【蕃山開山堂】
お堂は変わらず、でも2つの灯篭が倒れているのは3・11によるもの?
1
【西風蕃山】
山頂も霧中。萱ヶ崎山へ向かう。
2016年06月30日 13:31撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【西風蕃山】
山頂も霧中。萱ヶ崎山へ向かう。
1
【素晴らしいトレイル】
森の中のフカフカトレイル。クマがこわいけど気持ちいいです。
2016年06月30日 13:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【素晴らしいトレイル】
森の中のフカフカトレイル。クマがこわいけど気持ちいいです。
【萱ヶ崎山】
20年前はここを見つけられず3度くらいトライしたなあ。山頂の表示はなかったような。上空から送電線の発するブーンという唸り音が聞こえます。
2016年06月30日 13:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【萱ヶ崎山】
20年前はここを見つけられず3度くらいトライしたなあ。山頂の表示はなかったような。上空から送電線の発するブーンという唸り音が聞こえます。
2
【馬越石への入口】
ピンクリボンが馬越石方面ですが、右の送電線下を進みます。ここからが本日のハイライトです。
2016年06月30日 13:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【馬越石への入口】
ピンクリボンが馬越石方面ですが、右の送電線下を進みます。ここからが本日のハイライトです。
【獣の気配】
萱ヶ崎山から南西に伸びる尾根には小ピークがたくさん。ここは標高325m前後の分岐。右は尾根伝い、左は小ピークの巻き道。この後、茂みの中から突然「ガサゴソ、バキバキッ」と音がして驚き、回れ右して逃走。10分くらいしてから大声を発しながら通過する。クマじゃなくてカモシカかな?(汗)
2016年06月30日 13:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【獣の気配】
萱ヶ崎山から南西に伸びる尾根には小ピークがたくさん。ここは標高325m前後の分岐。右は尾根伝い、左は小ピークの巻き道。この後、茂みの中から突然「ガサゴソ、バキバキッ」と音がして驚き、回れ右して逃走。10分くらいしてから大声を発しながら通過する。クマじゃなくてカモシカかな?(汗)
【電力巡視路トレイル】
立派なトレイルである。標高240m前後。この後まもなく中身山林道に出る。予定していたサイカチ沼方面には行かず、茂庭台にエスケイプしてバスで仙台駅に戻った。
2016年06月30日 14:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【電力巡視路トレイル】
立派なトレイルである。標高240m前後。この後まもなく中身山林道に出る。予定していたサイカチ沼方面には行かず、茂庭台にエスケイプしてバスで仙台駅に戻った。
撮影機材:

感想/記録
by deodeo

仙台での社員旅行2日目。自由行動になったのをいいことにトレイルランに出かけました。仙台駅から地下鉄東西線で青葉山駅へ、そこから蕃山を経て萱ヶ崎山からサイカチ沼に抜け、愛子駅から仙台駅に戻るプランです。
梅雨の真っただ中、昼前にようやく雨が上がってほぼ湿度が飽和している中でスタート、道は泥んこですが平気平気。大梅寺までの車道は膝痛再発の気配を感じて不安でしたが、蕃山の尾根に出てトレイルを走り出したら何ともなくなり軽快に森の中を進めました。八戸に帰る時間を考慮し途中で茂庭台に逃げましたが、満足のランでした。
訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ