ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907687 全員に公開 沢登り札幌近郊

発寒川〜星置川

日程 2016年07月01日(金) [日帰り]
メンバー Fumiya2012(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間55分
休憩
30分
合計
7時間25分
S登山口07:2508:00Co440二股入渓点08:1509:35大滝11:15稜上の林道11:2013:25林道14:10採石場14:2014:50G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・発寒川
登山道を歩いてCo440二股で入渓。函は全て中を行く、滝は全て直登すると決める。入渓直後の滝は左岸を水流浴びながら直登。少しOWっぽい登り。その後も函や小滝など。わざわざ泳いで突破したりシャワークライムしたり。Co510の函滝は中を突っ張って登って行く。気温は高いが水はやはり冷たい。小さい函でもいちいち泳いでいるため寒い。その後しばらくして流木がかかった5m程の滝。左岸トラバース気味に登れそうだが直登したい。左側を行く。一瞬泳いで水流の裏側へ入る。上を見上げると抜けられそう。流木も利用して突っ張ったりして攀じ登る。3次元的な登りでちょっと面白い。その後も函は泳ぎ滝は直登していく。Co660の10m大滝は左岸を直登する。その後は階段状の段差がある程度で特に何もない。Co800二股を右股へ行く。しばらく平坦な、フキと笹に覆われた水路を歩いて行く。蜘蛛の巣払いながら進む。水が涸れそうになったあたりで東よりに進み、藪に突入する。教蘢度の藪。45分ほど笹藪を漕いで林道に出る。

・星置川
林道からすぐに星置川に下る。小滝などがいくつかあったが適当にクライムダウンしていく。5m程の函状の滝は右岸を笹をつかみながら捲いて降りた。しばらくして10m程の滝。左岸を懸垂下降。10m弱。左岸トラバース気味に捲くこともできそう。しばらく下って15m弱の大滝。中々立派。右岸の泥壁をフキをつかみながら捲いて降りていく。その後はCo510二股を下りて階段状の4m程の滝があるのみで特に何もない。河原歩き。堰堤が現れて適当に捲いて降りていくと林道があった。あとは林道歩いて下山。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

Co510函滝。中を行く。
2016年07月01日 08:43撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Co510函滝。中を行く。
この滝が少し面白かった。
2016年07月01日 08:47撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝が少し面白かった。
1
一瞬泳いで水流の裏側、流木の下へ回り込んだ。
2016年07月01日 08:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬泳いで水流の裏側、流木の下へ回り込んだ。
2
上を見上げると出口が見える。流木使って突っ張って登っていく。3次元的な登り。
2016年07月01日 08:50撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見上げると出口が見える。流木使って突っ張って登っていく。3次元的な登り。
この滝は右岸凹角状を水流浴びながら登る。
2016年07月01日 09:10撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は右岸凹角状を水流浴びながら登る。
10m大滝。左岸を直登する。
2016年07月01日 09:35撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10m大滝。左岸を直登する。
藪を漕いで行くと、林道に出た。
2016年07月01日 11:15撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪を漕いで行くと、林道に出た。
星置川に下る。
2016年07月01日 11:40撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星置川に下る。
この滝は左岸を懸垂下降。
2016年07月01日 12:26撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝は左岸を懸垂下降。
15m程の大滝。右岸の泥壁をふきをつかみながら捲いて降りた。
2016年07月01日 12:36撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15m程の大滝。右岸の泥壁をふきをつかみながら捲いて降りた。
砂防ダムが出てきた。少し歩いたら林道。
2016年07月01日 13:20撮影 by RICOH WG-30W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂防ダムが出てきた。少し歩いたら林道。
撮影機材:

感想/記録

発寒川は全ての函を中を行き、滝を直登してみた。特に難しいものは無いがそれなりに楽しめる。捲き道を使うのはもったいないような気がする。ただしずっと泳いでいると寒い。

星置川はほとんど何も調べずに来たが案外立派な滝が2つあった。上流部は小滝もいくつかあった。登ってもそれなりに楽しめるかもしれない。詰めの藪漕ぎも楽そう。しかしきれいな沢とは言い難い。

山谷曰く発寒川と星置川をつないでフルの1日行動、とあったのでちょっと期待したが半日+αくらいで物足りない感じであった。
訪問者数:224人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ