ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 907830 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

ウトウノ頭~酉谷山

日程 2016年07月01日(金) [日帰り]
メンバー Ogikuboguy
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 奥多摩駅からバスで日原鍾乳洞
帰り 東日原からバスで奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間53分
休憩
16分
合計
6時間9分
Sウッドサークル(ミズナラの巨木)09:5009:56人形山09:5910:18金袋山10:1810:34篶坂ノ丸10:3411:06ウトウノ頭11:0611:24大京谷ノクビレ11:2411:37大京谷ノ峰11:3711:51カラ滝ノ頭11:5112:21行福ノタオ(コツ谷ノツメ)12:2212:47酉谷山12:5413:00酉谷峠13:0013:19坊主山(割谷ノ峰)13:1913:48七跳山(犬麦スダレノ峰)13:4914:23大栗山14:2314:27ハナド岩14:2814:36ハンギョウノ頭(板形ノ峰)14:3614:54一杯水避難小屋14:5515:11横篶山15:1115:57東日原バス停16:0316:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一石山神社からタワ尾根への入口が分かりにくくどうやら違うところから入ったようでコースに出るのに苦労した。
ウトウノ頭を越えると急な下りで要注意。かつコースを外して少しよじ登った。

写真

バスの車窓から稲村岩
2016年07月01日 08:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの車窓から稲村岩
1
日原鍾乳洞バス停でバスを降りてそのバスを撮ってみた
2016年07月01日 08:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日原鍾乳洞バス停でバスを降りてそのバスを撮ってみた
一石山神社の階段を登る
2016年07月01日 08:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一石山神社の階段を登る
神社の右後ろから山に入ったが、これが間違えだったようだ
2016年07月01日 08:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の右後ろから山に入ったが、これが間違えだったようだ
10分ほどコース外をよじ登ってなんとかコースにある木の名札に出会って一安心
2016年07月01日 09:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどコース外をよじ登ってなんとかコースにある木の名札に出会って一安心
一石山に 
2016年07月01日 09:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一石山に 
最初のギンリョウクソウを見つけて嬉しかった
2016年07月01日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のギンリョウクソウを見つけて嬉しかった
その後ギンリョクソウだらけで価値が薄れた
2016年07月01日 10:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後ギンリョクソウだらけで価値が薄れた
2
人形山はこのへんのはずだが、それらしい名札を発見できず
2016年07月01日 10:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人形山はこのへんのはずだが、それらしい名札を発見できず
金袋山 一石山からここまではなだらかな登りで歩きやすい
2016年07月01日 10:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金袋山 一石山からここまではなだらかな登りで歩きやすい
ウトウノ頭の手前の少し開けたところからの眺望はなんにもなし
2016年07月01日 11:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウトウノ頭の手前の少し開けたところからの眺望はなんにもなし
この日のメインターゲット 
2016年07月01日 11:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日のメインターゲット 
4
ウトウノ頭を過ぎての下りに少し苦労したり少し道に迷ったが、なんとかモノレール出合に
2016年07月01日 11:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウトウノ頭を過ぎての下りに少し苦労したり少し道に迷ったが、なんとかモノレール出合に
モノレール終点 もうちょっとでタワ尾根の頭の分岐点
2016年07月01日 11:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール終点 もうちょっとでタワ尾根の頭の分岐点
モノレール終点はこのへん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレール終点はこのへん
1
長沢背稜縦走路に到達
2016年07月01日 11:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長沢背稜縦走路に到達
行福ノタオ さてもう少しで酉谷山山頂だ
2016年07月01日 12:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行福ノタオ さてもう少しで酉谷山山頂だ
酉谷山山頂
2016年07月01日 12:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酉谷山山頂
1
山頂からの眺望は...
2016年07月01日 12:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望は...
七跳山山頂? 名札はなかった
2016年07月01日 13:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七跳山山頂? 名札はなかった
都県境の尾根を歩いてうちにコースをはずれてしまった
2016年07月01日 14:03撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都県境の尾根を歩いてうちにコースをはずれてしまった
1
こんな感じで外れてなんとか戻ってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じで外れてなんとか戻ってきた
ハナド岩ってのがあるはずなんだけど見つからずがっかり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナド岩ってのがあるはずなんだけど見つからずがっかり
一杯水避難小屋 バスの時間に間に合わないとまずいのでミツドッケは巻いてきた。ここからバス停までコースタイム1時間半でバスの時間も1時間半 
2016年07月01日 14:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋 バスの時間に間に合わないとまずいのでミツドッケは巻いてきた。ここからバス停までコースタイム1時間半でバスの時間も1時間半 
一杯水からバス停まで1時間ちょっとで余裕でバス待ち
2016年07月01日 16:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一杯水からバス停まで1時間ちょっとで余裕でバス待ち
撮影機材:

感想/記録

前回ちょうど1か月前の6/1にウトウノ頭を目指したときには小川谷の通行止めを勘違いして天祖山経由で酉谷山に向かったので今回はそのリベンジ。

 奥多摩駅からのバスは立っている人はいないが、もう一人来たらその人は立たないといけないくらい。ほぼ全員山の人。平日とはいえまずまずの入りだ。川乗橋で大半の17名が下車。中日原で4人。そして終点の日原鍾乳洞では自分を入れて3人。そのうち一人は軽いカッコの外人。聞いてみると鍾乳洞に行くらしい。さらに聞いてみるとプエルトリコ出身で今はサンフランシスコ在住。仕事で東京に来て滞在は24時間。前回は高尾山に行って、その前は大阪に24時間滞在だったと。シンガポールか香港の帰りにストップオーバしてるのかと思ったら航空会社勤務だと。

 前回通行止めだった小川谷林道への道に今回は通行止めがなかったから、登った神社を降りてみると現場の人がいて、そこは入っちゃダメだよ、と。ウトウノ頭に行きたいんだけど、じゃあこの神社の裏から行けるのかなと聞いてみる。そうそうそっちからというので一石山神社の横から山に入ったが、そこでも間違えたらくして最初の10分くらいはコース外を。なんとか木の名札があるコースに合流して一石山までの急登をヨチヨチ50分弱登る。

一石山からはなだらかな登り道で途中ギンリョウソウがいっぱい。初めてのギンリョウソウに最初は感動したが、そこら中に生えてるので...

 ウトウノ頭の手前から少し登りが急になったと思ったらウトウノ頭に。眺望はなんにもないけど有名なレリーフに出会えて感動。

 ウトウノ頭を越えて急な下りで苦労してたら赤いテープを見逃してお約束のLost way。結構危ない岩場をよじ登ってなんとか赤テープを見つけて一安心。直後にモノレール出合。

 あとは道に迷うことなく酉谷山でランチしてそのままコース通りに歩いていた。このあとのプランは南面の眺望がいいと地図に書いてあるハナド岩に登って、ミツドッケから長沢背稜、石尾根を眺めてヨコスズ尾根を下って東日原のバス停に。今のところ先日苦労した新しいトレッキングシューズもインナーソールを薄いのに変えたおかげですこぶる順調。でもまだ本格的に下ってないからなんとも言えない。

 このままプラン通りに歩くとバスの時間までに結構な余裕が出そうなので色気を出して七跳山に向けて都県境の尾根を歩くことにした。ぜんぜん眺望のない七跳山を越えて踏み跡が結構しっかりしている尾根を下っていて、ふとiPhoneの山と高原地図を見ると、想定したいたコースとはまったく逆、北に向かって下っていることに気づいた。どうやら地図上破線でも示されていない大平山に向かっての踏み跡の上を歩いてきたらしい。そのまま戻るのは悔しいから少しでもショートカットしてコースに戻れる方向に歩いてなんとかコースに戻ってきたが、結局七跳山に廻ったおかげで30分くらいロスしてしまったのでこれはミツドッケは諦めだな思いながらハナド岩を見過ごさないように地図を見ながら歩いていたがハナド岩が見つからない。ちょうどその時その日唯一出会ったトレンラン風のおじさんが反対から歩いてきたのでハナド岩を聞いてみたが知らないとのこと。で、そのおじさんトレラン的なザックなのにその日は酉谷山の避難小屋に泊まって翌日雲取山を越えて鴨沢に下りるんだと。食べ物は大丈夫なのかと勝手に心配してみる。

 ハナド岩は諦めて、さらにミツドッケを巻いて一杯水の避難小屋に着いたのが14:52。1Lのポカリがなくなったからザックに入ってる凍らせてもってきた500mlのポカリに交換して14:55にスタート。下までのコースタイムは1時間半。バスは16:24。それを逃すと次は17:50。まぁ、大丈夫とは思いながら少しペースを速める。30分歩いて半分程度なら走る覚悟でやや小走りなペースで下りていく。心配していたトレッキングシューズも大丈夫そうだ。インナーソールは大事だ。それにしてもなだらかな下り。GWにここを登った時もそんなにタフだった印象がないからこのまま行けるか。20分ほどして地図を見ると下までの工程の半分をちょっと過ぎている。でも下のほうに急坂って書いてあるから、油断せずペースを緩めずに下る。で、結局1時間ちょっとでバス停に到着。まずまずのペースかな。途中滝入ノ峰というがあったら、今度はそこを登ってみよう。

 次回は今回の残した宿題(ハナド岩、滝入ノ峰、大平山)をこなして避難小屋泊まりだな。
訪問者数:396人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ