ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908032 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

飛越新道〜薬師岳・黒部五郎岳Y字ピストン 雨の飛越新道は最悪でした

日程 2016年07月01日(金) [日帰り]
メンバー fukasi
天候朝は快晴、午後ガス、夜は本降り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飛越新道トンネル入口駐車場利用。簡易トイレ・登山届ポストあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
16時間53分
休憩
1時間31分
合計
18時間24分
S飛越新道登山口03:1604:42飛越新道分岐04:4305:33寺地山05:3406:07北ノ俣避難小屋07:21神岡新道分岐07:2708:14太郎山08:1908:24太郎平小屋08:2508:37薬師峠08:3809:09薬師平09:47薬師岳山荘10:14薬師岳避難小屋跡10:1510:27薬師岳11:0611:15薬師岳避難小屋跡11:1711:31薬師岳山荘11:51薬師平12:13薬師峠12:1512:28太郎平小屋12:2912:35太郎山12:3613:34神岡新道分岐13:40北ノ俣岳13:4314:02赤木岳14:31中俣乗越15:34黒部五郎の肩15:4015:45黒部五郎岳16:0016:10黒部五郎の肩16:58中俣乗越17:35赤木岳17:3618:01北ノ俣岳18:06神岡新道分岐18:0719:25寺地山20:23飛越新道分岐20:2421:37飛越新道登山口21:4021:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
飛越新道、噂通りの泥濘でした。途中まで長靴で歩く方のレコを見たことがありますが、アリですね。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

午前3時15分、飛越トンネル前駐車場を出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前3時15分、飛越トンネル前駐車場を出発!
1
神岡新道と合流。神岡新道は草刈をしていませんと書いてあるが、ドロドロの飛越新道とどっちが歩きやすいんだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神岡新道と合流。神岡新道は草刈をしていませんと書いてあるが、ドロドロの飛越新道とどっちが歩きやすいんだろう。
ニッコウキスゲ、たくさん咲いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ、たくさん咲いていました。
1
ゴゼンタチバナとツガザクラ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナとツガザクラ
朝日が昇ってきました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が昇ってきました!
1
寺地山到着。飛越新道の泥濘ぶりには閉口・・。写真撮ってませんけど、登山道の真ん中に水芭蕉あるんだもんな・・。あれって沼とか湿原に生えるものでは?w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺地山到着。飛越新道の泥濘ぶりには閉口・・。写真撮ってませんけど、登山道の真ん中に水芭蕉あるんだもんな・・。あれって沼とか湿原に生えるものでは?w
1
遠くに乗鞍岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに乗鞍岳。
1
北の俣避難小屋への分岐。やっと泥濘から解放される・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の俣避難小屋への分岐。やっと泥濘から解放される・・。
湿地帯と木道を登ります。池塘もたくさん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿地帯と木道を登ります。池塘もたくさん。
3
神岡新道を登り詰め、やっと稜線に取り付きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神岡新道を登り詰め、やっと稜線に取り付きました。
北の俣岳方面。ガスってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の俣岳方面。ガスってます。
ハクサンイチゲ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ。
まずは左へ。薬師岳を目指します。振り返ると、ハクサンイチゲの群落と北の俣岳。ガスが晴れて来たっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは左へ。薬師岳を目指します。振り返ると、ハクサンイチゲの群落と北の俣岳。ガスが晴れて来たっ!
2
雲の間から、有峰湖。デカイっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の間から、有峰湖。デカイっ!
1
雲間から薬師岳が姿を現しました。山容がすごく大きい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲間から薬師岳が姿を現しました。山容がすごく大きい。
来た道を振り返って。ずいぶん下ってきたなあ・・。ピストンだから、またあそこ登るんだな・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返って。ずいぶん下ってきたなあ・・。ピストンだから、またあそこ登るんだな・・。
1
太郎山に寄り道。奥の稜線に折立からのトレイルが見えます。あっちはドロドロのグチャグチャじゃないんだろうな・・。帰りに飛越通るのイヤだなあ・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎山に寄り道。奥の稜線に折立からのトレイルが見えます。あっちはドロドロのグチャグチャじゃないんだろうな・・。帰りに飛越通るのイヤだなあ・・。
1
太郎平小屋と薬師岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋と薬師岳。
1
太郎平小屋。広い場所に建ってますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋。広い場所に建ってますね。
2
遠くに槍ヶ岳が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに槍ヶ岳が見えます。
槍のアップ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍のアップ!
2
薬師岳のカールが見えてきました♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳のカールが見えてきました♪
4
トレイル上に雪はほんの少しだけ。迂回路あります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トレイル上に雪はほんの少しだけ。迂回路あります。
薬師岳山荘到着。たしか今日がオープン日のハズ。スタッフの方がいろいろと準備されてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山荘到着。たしか今日がオープン日のハズ。スタッフの方がいろいろと準備されてました。
1
ザレザレの斜面の上に祠が。あれがピークか!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレザレの斜面の上に祠が。あれがピークか!
1
と思ったら、こっちは東南稜。ピークはもう一つ先でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら、こっちは東南稜。ピークはもう一つ先でした。
1
中央のピークが薬師岳山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央のピークが薬師岳山頂。
3
薬師岳到着!標高2926m!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳到着!標高2926m!
3
誰もいないので、写真撮って遊びました。正面には水晶岳。北ア北部の山のパノラマがすごかったです!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいないので、写真撮って遊びました。正面には水晶岳。北ア北部の山のパノラマがすごかったです!
10
同じく正面には水晶岳。別名黒岳と言われるだけあって、黒いですね。あそこも行きたいなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく正面には水晶岳。別名黒岳と言われるだけあって、黒いですね。あそこも行きたいなあ。
2
薬師岳を振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳を振り返って。
1
先ほどの東南稜。迷いこまないように、岩に×印がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの東南稜。迷いこまないように、岩に×印がありました。
写真左のピークが、今から向かう黒部五郎岳。むっちゃ遠いな・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真左のピークが、今から向かう黒部五郎岳。むっちゃ遠いな・・。
1
シモツケソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ。
太郎平小屋と薬師岳。ココで名物のラーメンを食べたかったのですが、時間が推しているので断念!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎平小屋と薬師岳。ココで名物のラーメンを食べたかったのですが、時間が推しているので断念!
2
雷鳥ファミリー発見!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥ファミリー発見!
2
こんな至近距離でも親鳥逃げません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな至近距離でも親鳥逃げません。
3
ヒナは3羽いました。めっちゃかわいい!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナは3羽いました。めっちゃかわいい!!
1
2時間前まで居た薬師岳が、こんなに遠くに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間前まで居た薬師岳が、こんなに遠くに。
1
左のピークが黒部五郎岳。まだまだ遠いデス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のピークが黒部五郎岳。まだまだ遠いデス。
1
北の俣岳山頂。奥には雲のかかった薬師岳が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の俣岳山頂。奥には雲のかかった薬師岳が見えます。
2
雲の平方面。いつか行ってみたいな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平方面。いつか行ってみたいな。
雲の平のアップ。ホントにテーブルトップなんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平のアップ。ホントにテーブルトップなんですね。
1
黒部五郎岳へと続くトレイル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳へと続くトレイル。
1
赤木岳のピークは左側を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤木岳のピークは左側を巻きます。
3
はい!がんばります!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい!がんばります!
1
黒部五郎岳、全然近づいてこないんですけど・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳、全然近づいてこないんですけど・・。
3
だいぶ近づいてきました。ジグザグの登山道ははっきりと見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ近づいてきました。ジグザグの登山道ははっきりと見えます。
3
黒部五郎の肩に到着。山頂まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎の肩に到着。山頂まであと少し。
山頂への道。すっごいガスってる・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への道。すっごいガスってる・・。
黒部五郎岳、やっと到着!標高2840m。思ったよりも遠かった・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳、やっと到着!標高2840m。思ったよりも遠かった・・。
3
カールの下に黒部五郎小屋が見えます。けっこう遠いんですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールの下に黒部五郎小屋が見えます。けっこう遠いんですね。
2
雲の平方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平方面。
雲の平の奥に、鷲羽岳?あそこも新穂高から登ったけれど、遠かったなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲の平の奥に、鷲羽岳?あそこも新穂高から登ったけれど、遠かったなあ。
2
午後6時のトレイル。ひたすら戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後6時のトレイル。ひたすら戻りました。
1
飛越新道でヘッデン使用。途中から本降りで大変でしたが無事下山。時刻午後9時40分ですよ・・。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛越新道でヘッデン使用。途中から本降りで大変でしたが無事下山。時刻午後9時40分ですよ・・。
2

感想/記録
by fukasi

前日夕方に自宅を出発。約6時間車を運転して飛越新道トンネル前駐車場に到着。車は僕だけ。2時間仮眠してヘッデン点けて出発しました。

レコで見た通り、飛越新道の泥濘ぶりはひどかったですね。長靴を使用したほうが早く歩けるかも、と思いました。
途中小虫が大量発生しており、バグネットを急いで被りました。いい印象のない道ですねw

午前中は天気も良く、薬師岳に至るトレイルでは北ア北部の絶景をみることができました。ずっと薬師山頂で景色を眺めていたかったです。雲の平にも行ってみたいし、水晶岳&赤牛岳もいつか登りたいですね。

もともと下山は午後8時を予定しており、飛越新道のラスト1時間はヘッデンで下るつもりでしたが、スタートしてからの飛越新道の泥濘でペースが遅れていました。
薬師岳へ登頂し、北の俣岳に戻ってきた時点で午後1時40分。予定より1時間押していましたが、黒部五郎に予定通り登ることを決意。帰りもヘッデンで通る飛越新道の泥濘のコトを考えると気が重いw

午後になってくると、ガスが上ってきました。ペースも上がらずなかなか黒部五郎岳に近づきません。草臥れてきて、ゾンビのような歩きになり気持ちも折れそうにw
やっと到着した時は嬉しかったですね〜。でもゆっくりはしていられないので、すぐに下山。
復路もペースは上がりませんが、明るいうちに少しでも進んでおきたい。結局ヘッデンを点けたのは午後7時20分、北の俣避難小屋を過ぎ飛越新道の泥濘地帯に入ってから。
午前中に比べると、地面が多少は乾いていて、歩きやすい。いいぞ!と思ったのもつかの間、雨が降ってきました・・。

しかも本降り。雨具&ザックカバーを着けて進みます。もうトレイルは沼地と化していましたw
どうせびしょ濡れなので、水たまりは気にせず進みますが、ヌタヌタの泥濘地帯は踏み込んでしまうとシューズが脱げそうになるので、避けられる限り避けて進みました。

そして僕、カエルが大の苦手なのですが、トレイルにたくさん発生・・。気が変になりそうでしたw
一秒でも早く下山したいと思い、それまでの疲れを忘れて歩きました。
今までで一番つらい山行となりましたが、薬師と黒部五郎の二座を登ってヨカッタです。
往路は誰にも会わず、復路では3人とすれ違ったのみの静かな山行。
でも飛越新道には、二度と行きません!w

訪問者数:1178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ