ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908359 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

白駒池からにゅうと稲子岳周回

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー kotakky, その他メンバー1人
天候曇り時々強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白駒池入口の駐車場利用
1日500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間11分
休憩
1時間43分
合計
7時間54分
S白駒の池 駐車場07:0307:19白駒の池07:19青苔荘08:50ニュウ09:0410:05稲子岳10:4511:13登山道11:40中山峠11:50見晴らし台12:2312:50中山12:55中山展望台13:0514:05高見石小屋14:09高見石14:1514:19高見石小屋14:57白駒の池 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白駒池周辺は観光客も多く整備されているが、一般登山道は大きな石が連なり歩きにくい所が多い。
稲子岳へは登山道はなく薄い踏み跡と目印が頼り。マイナールート好きな人向けです。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

朝の白駒池駐車場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の白駒池駐車場
いざ登山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ登山開始
1
いきなりゴゼンタチバナの群生に出会う
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりゴゼンタチバナの群生に出会う
2
このあたりは白駒の森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは白駒の森
すぐに青苔荘  
白駒池湖畔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに青苔荘  
白駒池湖畔
朝の白駒池  
静かです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の白駒池  
静かです
1
ベニバナイチヤクソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベニバナイチヤクソウ
1
ギンリョウソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
1
池の周囲は木道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の周囲は木道
にゅう分岐  
でも標識は「ニウ」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にゅう分岐  
でも標識は「ニウ」
苔のモンスター  
さすが北八ッの森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔のモンスター  
さすが北八ッの森
6
ここはにゅうの森
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはにゅうの森
ここの標識は「ニュー」  
続けて読むとNEW中山???
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの標識は「ニュー」  
続けて読むとNEW中山???
2
次の標識は「にう」  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の標識は「にう」  
歩きづらい登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きづらい登山道
1
ヒカリゴケ発見  
写真に撮ったら思ったほど光っていないが実際はもっと光っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒカリゴケ発見  
写真に撮ったら思ったほど光っていないが実際はもっと光っていた
オサバグサ発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オサバグサ発見
1
オサバグサ アップ  
ケシ科の植物とは思えない花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オサバグサ アップ  
ケシ科の植物とは思えない花
3
イワカガミ発見  
1センチないくらい小さかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ発見  
1センチないくらい小さかった
1
にゅう三角点とその先に白駒池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にゅう三角点とその先に白駒池
4
振り返れば富士山がうっすら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返れば富士山がうっすら
3
目の前にはこれから行く稲子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前にはこれから行く稲子岳
1
にゅうの岩場にはコケモモが群生
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
にゅうの岩場にはコケモモが群生
3
イワツメクサも発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメクサも発見
バイカオウレン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイカオウレン
中山峠方面に向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠方面に向かう
1
100mほどで左手に目印  
ここをくぐって稲子岳へ向かう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mほどで左手に目印  
ここをくぐって稲子岳へ向かう
1
薄い踏み跡が続く  
時々現れる目印が頼り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡が続く  
時々現れる目印が頼り
イワカガミが群生していた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミが群生していた
2
ヤブっぽいところもある  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブっぽいところもある  
稲子岳山頂標識があった  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲子岳山頂標識があった  
1
その先の開けた場所にも山頂標識がある  
樹林帯の方が高くそっちが正解かな・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先の開けた場所にも山頂標識がある  
樹林帯の方が高くそっちが正解かな・・
1
こっちのは木製の手書き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちのは木製の手書き
キバナノコマノツメ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナノコマノツメ
稲子岳の絶壁を見下ろす  
下まで100m以上ありそうで怖い・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲子岳の絶壁を見下ろす  
下まで100m以上ありそうで怖い・・
1
その脇にミヤマハンショウヅル発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その脇にミヤマハンショウヅル発見
2
柵が張られたザレ場に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柵が張られたザレ場に出た
そこにはコマクサが・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこにはコマクサが・・
8
コマクサが・・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサが・・・・
15
コマクサが・・・・・  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサが・・・・・  
5
コマクサが・・・  
やったー! 満開だ〜!(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサが・・・  
やったー! 満開だ〜!(^O^)/
10
ひと株だけ見つけたヨツバシオガマ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと株だけ見つけたヨツバシオガマ
1
まだまだありますコマクサ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだありますコマクサ
1
オンタデ  
ブレたのは突風のせい(腕も悪いが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オンタデ  
ブレたのは突風のせい(腕も悪いが)
1
突風に耐える連れ  
瞬間的には立っているのがやっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突風に耐える連れ  
瞬間的には立っているのがやっと
岩場を下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を下ります
崩壊地を超えると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を超えると
中山峠からの正規登山道に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠からの正規登山道に出た
この標識が目印  
ヤブ歩きに慣れてない方はあまりお勧めできません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識が目印  
ヤブ歩きに慣れてない方はあまりお勧めできません
1
中山峠へはものすごい急登
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠へはものすごい急登
1
その先の見晴台から稲子岳を望む  
さっき突風にやられたザレ場が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先の見晴台から稲子岳を望む  
さっき突風にやられたザレ場が見える
2
珍しいハリブキの花
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しいハリブキの花
2
ツマトリソウはどこでも見かける
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウはどこでも見かける
1
中山への登りから見たにゅう  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山への登りから見たにゅう  
1
中山展望台  
ここも強風だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山展望台  
ここも強風だった
雲が取れ、天狗岳が雄大
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が取れ、天狗岳が雄大
遠くに御嶽山がうっすら見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに御嶽山がうっすら見えた
1
こちらは北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは北岳
1
中山からの下りも岩だらけで歩きにくい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山からの下りも岩だらけで歩きにくい
2
高見石小屋到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石小屋到着
高見石に登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石に登る
1
高見石から白駒池を見下ろす  
原生林の中にぽっかり浮かぶ神秘的な池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石から白駒池を見下ろす  
原生林の中にぽっかり浮かぶ神秘的な池
4
遠くには雨池も見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには雨池も見えた
1
駐車場は観光バスなどが来ていてほぼ満車だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場は観光バスなどが来ていてほぼ満車だった
1

感想/記録

稲子岳は北八ッの中でも登り残した山。
最近はこのレアな山にも登る人が増えてきているらしく、ネットでの記録も見かけるようになった。
また、コマクサも咲くということで、出かけてみた。

コースは、にゅうから稲子岳へ、そして中山を経由して周回するもの。
白駒池駐車場に車を置き出発。白駒池までは整備されすぎた道だが、にゅうへの登山道に入ると途端に悪くなった。
にゅうは八ヶ岳主稜線から外れた岩峰だが、その面白い名前から登る人もけっこう多い。自分も3回目。
ところが案内板には「にう」「ニウ」「ニュー」「にゅう」など色々あってどれが本当の呼び方かわからない。漢字では「乳」説が有力と聞いた(何かの本で見た)記憶がある。
にゅうの山頂からは、曇りがちではあるが富士山などが見え感激。風が強く寒いので早々と退散し中山峠方面に向かう。
100mほど行くと目印があり、そこを左に折れてヤブ気味の薄い踏み跡を辿る。ちょっとヤブっぽい道を小さくアップダウンを繰り返し、一番高い思われる場所に「稲子岳」の手書き標識があった。ところがそこから少し行った開けた場所にも手書きのプレートが置かれており、このあたり全体が山頂だろうと解釈。花々もあるので写真に収め先に進むと柵が設置されたザレ場に出た。その柵の向こうにはコマクサが群生していた。花も丁度見ごろで思わずバンザイ。
ところがこの頃から風がますます強くなり、立っているのもやっとの状態に。写真を撮るのも容易ではなく、寝転んで風がちょっと弱くなった瞬間を狙って何とか数枚撮影した。
コマクサを堪能して下山。分かりにくい踏み跡を辿り、中山峠に続く一般登山道に出たが、中山峠へはものすごい急登が待っていた。
中山峠に出てしまうと後は緩やかな道。その先の見晴台で昼食を摂り先に進む。中山山頂は樹林の中で何もないのでそのまま通過し、中山展望台へ。ここからは御嶽山や北岳などを望むことができた。
そこから高見石への下りは思いのほか長かった。大きな石がゴロゴロする登山道では足を痛めないようにゆっくり目に下り1時間かかって高見石へ。
高見石で再び展望を楽しんでから駐車場に戻った。
稲子岳・・ヤブ好きの自分としては充分満足できた。
訪問者数:497人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ