ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908429 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

強風・濃霧の八ヶ岳南部縦走リベンジ(小淵沢駅〜編笠山〜赤岳〜天狗岳〜渋の湯)

日程 2016年07月01日(金) 〜 2016年07月02日(土)
メンバー yukiotas
天候晴れ後曇り(濃霧・強風)
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:小淵沢駅
帰り:渋の湯バス停から茅野駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間21分
休憩
1時間12分
合計
12時間33分
S小淵沢駅22:0022:48火の見跡22:4922:58観音平口ゲート23:37観音平23:4000:10雲海00:1300:39押手川01:41編笠山01:4302:05青年小屋02:2002:25乙女の水02:2902:32青年小屋02:3402:50のろし場02:5203:07西ギボシ03:18東ギボシ03:1903:23権現小屋03:2503:28縦走路分岐03:2903:32権現岳03:3403:35権現小屋03:53旭岳04:03ツルネ04:14キレット小屋04:1505:14真教寺尾根分岐05:19竜頭峰05:2005:24赤岳05:2505:30赤岳頂上山荘05:52赤岳天望荘05:55地蔵の頭05:5606:06二十三夜峰06:0706:15日ノ岳06:2006:22鉾岳06:2606:28石尊峰06:33横岳(三叉峰)06:3406:40無名峰06:43横岳(奥ノ院)06:55台座ノ頭07:07硫黄岳山荘07:0807:27硫黄岳07:56ヒュッテ夏沢08:0008:01夏沢峠08:21箕冠山08:2308:26根石山荘08:31根石岳08:3208:40白砂新道入口08:53東天狗岳08:57天狗の鼻08:5809:34中山峠09:4009:42黒百合ヒュッテ09:4310:13渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐10:1510:29八方台方面・渋の湯方面分岐10:3011:03渋御殿湯
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

てんきとくらすの予報では、時間的に、編笠山はAだが、権現岳はB、赤岳から天狗岳はCで結構厳しそう。安全そうな近場でトレーニングしようか迷ったが、結局、面白そうな八ヶ岳に行くことにした。
2016年07月01日 19:12撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
てんきとくらすの予報では、時間的に、編笠山はAだが、権現岳はB、赤岳から天狗岳はCで結構厳しそう。安全そうな近場でトレーニングしようか迷ったが、結局、面白そうな八ヶ岳に行くことにした。
22:00 小淵沢駅からスタート。
2016年07月01日 21:59撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
22:00 小淵沢駅からスタート。
観音平
2016年07月01日 23:37撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音平
雲海
2016年07月02日 00:10撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海
押出川
2016年07月02日 00:39撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
押出川
1:40 編笠山。標準CTは5時間55分だが、3時間40分だった(CT比0.62)。先週は濃霧・強風(15 m/s程)・低温(5℃)で大変だったが、今回は星が見え、弱風、高温(10℃)で快適。
2016年07月02日 01:41撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1:40 編笠山。標準CTは5時間55分だが、3時間40分だった(CT比0.62)。先週は濃霧・強風(15 m/s程)・低温(5℃)で大変だったが、今回は星が見え、弱風、高温(10℃)で快適。
2:07-2:33 青年小屋で休憩。
2016年07月02日 02:07撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2:07-2:33 青年小屋で休憩。
徒歩4分の水場「乙女の水」で補給。
2016年07月02日 02:24撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒歩4分の水場「乙女の水」で補給。
のろし場。風が強くなってきたので、ゴアジャケットを着る。
2016年07月02日 02:50撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のろし場。風が強くなってきたので、ゴアジャケットを着る。
権現小屋
2016年07月02日 03:23撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現小屋
権現岳(2715 m)に寄ってからキレットへ。
2016年07月02日 03:32撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳(2715 m)に寄ってからキレットへ。
7〜8mの源氏梯子を降りる。
2016年07月02日 03:39撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7〜8mの源氏梯子を降りる。
天狗尾根と夜明け。キレット小屋の手前で、トレラン3人組に追い抜かれたが、下りがとても速くて忍者のようで凄かった。
2016年07月02日 04:07撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗尾根と夜明け。キレット小屋の手前で、トレラン3人組に追い抜かれたが、下りがとても速くて忍者のようで凄かった。
2
奥秩父、雲海、富士山。
2016年07月02日 04:16撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父、雲海、富士山。
3
富士山
2016年07月02日 04:16撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
1
急斜面を登る。
2016年07月02日 04:32撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登る。
ハシゴを登る
2016年07月02日 04:50撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴを登る
1
奥秩父方面からの朝焼け
2016年07月02日 04:50撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父方面からの朝焼け
3
シルエットは小天狗
2016年07月02日 04:50撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シルエットは小天狗
2
シルエットは大天狗
2016年07月02日 04:50撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シルエットは大天狗
富士山
2016年07月02日 04:50撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
2
登ったハシゴを見下ろす
2016年07月02日 04:52撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ったハシゴを見下ろす
小天狗と大天狗
2016年07月02日 04:52撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小天狗と大天狗
歩いてきた権現岳方面。後ろは南アルプス
2016年07月02日 04:52撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた権現岳方面。後ろは南アルプス
3
赤岳。この時までは晴れていて素晴らしい景色だった。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463159891899/
2016年07月02日 04:56撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳。この時までは晴れていて素晴らしい景色だった。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463159891899/
阿弥陀岳
2016年07月02日 04:57撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳
急遽、西からガスが来て、赤岳などが覆われた。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463243225224/
2016年07月02日 05:05撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急遽、西からガスが来て、赤岳などが覆われた。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463243225224/
赤岳山頂はガスに覆われて見えなくなった。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463289891886/
2016年07月02日 05:17撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳山頂はガスに覆われて見えなくなった。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463289891886/
5:24 赤岳到着。標準CTは11時間程だが、7時間25分だった(CT比0.67)。
2016年07月02日 05:24撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5:24 赤岳到着。標準CTは11時間程だが、7時間25分だった(CT比0.67)。
2
雲が迫ってきて飲み込まれた@赤岳展望荘
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835654909872724/
2016年07月02日 05:47撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が迫ってきて飲み込まれた@赤岳展望荘
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835654909872724/
地蔵の頭からみた、ガスに覆われた横岳など。ここから下山するか、横岳方面に進むか迷ったが、厳冬期よりは容易と思い進んだ。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463459891869/
2016年07月02日 05:56撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭からみた、ガスに覆われた横岳など。ここから下山するか、横岳方面に進むか迷ったが、厳冬期よりは容易と思い進んだ。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835463459891869/
横岳
2016年07月02日 06:43撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳
2
硫黄岳山荘。ますます風が強くなってきて、よろめく。ガスが濃いのでケルンを頼りに進む。
2016年07月02日 07:07撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘。ますます風が強くなってきて、よろめく。ガスが濃いのでケルンを頼りに進む。
1
硫黄岳。ここから赤岩の頭を経て赤岳鉱泉に下山できたが、せっかくなので縦走を続けることに。
2016年07月02日 07:27撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳。ここから赤岩の頭を経て赤岳鉱泉に下山できたが、せっかくなので縦走を続けることに。
1
強風で流されるガス。もう少しで樹林帯に入り風を凌げる。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835657453205803/
2016年07月02日 07:48撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風で流されるガス。もう少しで樹林帯に入り風を凌げる。
https://www.facebook.com/yuki.sato.96558/videos/835657453205803/
夏沢峠
2016年07月02日 07:56撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠
箕冠山
2016年07月02日 08:21撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山
根石岳山頂。直前の根石岳山荘で水を補給する予定だったが、風がものすごく強いのでスルーした。
2016年07月02日 08:31撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳山頂。直前の根石岳山荘で水を補給する予定だったが、風がものすごく強いのでスルーした。
東天狗岳(2,640m)。濃霧・強風で大変。
2016年07月02日 08:53撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳(2,640m)。濃霧・強風で大変。
中山峠。樹林帯に入れば平和。予定通り、ここから縦走コースを外れ、渋の湯方面へ。
2016年07月02日 09:34撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠。樹林帯に入れば平和。予定通り、ここから縦走コースを外れ、渋の湯方面へ。
黒百合ヒュッテ
2016年07月02日 09:43撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
ルートミスで十分程ロス。
2016年07月02日 10:29撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートミスで十分程ロス。
11:01 渋の湯到着。標準CTは18時間程だが、13時間程だった(CT比0.72)。
2016年07月02日 11:01撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:01 渋の湯到着。標準CTは18時間程だが、13時間程だった(CT比0.72)。
途中、名前の知らない高山植物の花がたくさん咲いていたが、写真を撮る余裕がなかった。
2016年07月02日 11:01撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、名前の知らない高山植物の花がたくさん咲いていたが、写真を撮る余裕がなかった。
11:30のバスで茅野駅へ
2016年07月02日 11:02撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:30のバスで茅野駅へ
1
下界は晴れている
2016年07月02日 11:52撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界は晴れている
電車から見た編笠山、権現岳など。
2016年07月02日 12:54撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車から見た編笠山、権現岳など。
1
電車から見た甲斐駒ヶ岳。山頂に雲がかかっておらず、天候が良さそうに見えた。
2016年07月02日 12:58撮影 by HTC One, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電車から見た甲斐駒ヶ岳。山頂に雲がかかっておらず、天候が良さそうに見えた。
1

感想/記録

先週、八ヶ岳南部を縦走しようとしたが、強風・濃霧で青年小屋で撤退した。今回、てんきとくらすの予報では、時間的に、編笠山はAだが、権現岳はB、赤岳から天狗岳はCで結構厳しそうだった。近場の安全な低山でトレーニングしようか迷ったが、結局、面白そうな八ヶ岳に行くことにした。予報通り、赤岳手前から濃霧と強風で、何度もエスケープするか迷ったが、厳冬期の時よりは容易で楽しくもあり、結局計画通り、渋の湯まで歩いた。結果的には、悪天候でもさほど問題なかったが、一歩間違えば大事故になりかねないので、くれぐれも注意したい。

(以下詳細)
22:00小淵沢駅を出発。先週、編笠山は濃霧・強風・低温で大変だったが、今回は星が見え、弱風、高温で快適。権現岳近くからは風が強くなってきた。赤岳手前までは晴れていて素晴らしい景色だったが、突如、ガスに覆われた。濃霧・強風のため、地蔵の頭から下山するか迷ったが、横岳〜硫黄岳は厳冬期にも歩いており、今回はそのときより容易なので進むことに。硫黄岳手前からますますガスが濃く、風が強くなり、ケルンを目印にして、よろめきながら進んだ。硫黄岳からは赤岳鉱泉に下山できたが、せっかくなので縦走を続けた。最後の東天狗周辺もガスが濃く、すごい風で大変だった。樹林帯に入るとようやく平和。11:04渋の湯到着。11:30のバスで茅野駅へ。
訪問者数:338人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ