ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908517 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山へ 山開き!最高の一日!馬返しより

日程 2016年06月30日(木) 〜 2016年07月01日(金)
メンバー furuhiro, その他メンバー2人
天候山開きの山頂 快晴 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央自動車道 河口湖ICより 富士パノラマライン
富士浅間神社経由 馬返し駐車場へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
8時間0分
休憩
1時間50分
合計
9時間50分
吉田口八合02:2003:40八合目 御来校館04:00久須志神社04:20吉田山頂手前04:3004:40吉田口山頂・浅間神社04:5005:20雷岩辺り05:3005:40富士山頂・剣ヶ峰06:0006:40須走下山口07:0007:50八合目08:0009:10六合目09:30佐藤小屋10:0012:10馬返しG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>6月30日(金)
 5:00 安曇野穂高発
 7:30 富士浅間神社 お参り
 8:20 馬返し駐車場着
<復路>7月1日(土)
12:30 馬返し発
13:00 富士吉田 泉水 入浴
15:00 御殿場 宿泊
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない
その他周辺情報富士吉田 溶岩の湯 泉水 佐藤小屋で100円引きの券をいただく
800円→700円
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]
2016年07月の天気図 [pdf]

写真

富士 山開きの準備をする
富士浅間神社 お参りをする
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士 山開きの準備をする
富士浅間神社 お参りをする
2
馬返しの駐車場
靄がかかっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返しの駐車場
靄がかかっていた
1
馬返し登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返し登山口
富士の守り神 猿が迎えてくれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の守り神 猿が迎えてくれる
1
富士登山 禊所
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士登山 禊所
三合目 見晴らし茶屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目 見晴らし茶屋
四合目 大黒屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目 大黒屋
五合目 中宮
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 中宮
五合目 たばこ屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 たばこ屋
五合目 不動小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 不動小屋
佐藤小屋への林道2度通る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐藤小屋への林道2度通る
五合目 佐藤小屋前 営業中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 佐藤小屋前 営業中
1
山開きのパトロール?
富士山ナンバーのパトカー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山開きのパトロール?
富士山ナンバーのパトカー
1
五合目 六角堂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 六角堂
1
五合目 立正安国
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目 立正安国
雲が切れ富士の山容が見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れ富士の山容が見える
六角堂で休憩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六角堂で休憩
六合目の手前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目の手前
六合目 スバルライン五合目からとの合流点
富士登山協力金の受付所
まだ開いていなかった 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目 スバルライン五合目からとの合流点
富士登山協力金の受付所
まだ開いていなかった 
七合目上部の小屋がジグザグに立ち並ぶ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目上部の小屋がジグザグに立ち並ぶ
2
七合目 花小屋への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 花小屋への登り
七合目 花小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 花小屋
花小屋から日の出館への登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花小屋から日の出館への登り
七合目 日の出館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 日の出館
七合目 トモエ館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 トモエ館
七合目 鎌岩館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 鎌岩館
七合目 富士一館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 富士一館
溶岩の岩場が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
溶岩の岩場が続く
七合目 鳥居館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 鳥居館
七合目 東洋館
外観が一番きれいだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目 東洋館
外観が一番きれいだった
青空が出始めた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が出始めた
1
八合目 太子館
今日はここへ泊る 先着15名になりオリジナル手ぬぐいをいただく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目 太子館
今日はここへ泊る 先着15名になりオリジナル手ぬぐいをいただく
太子館 夕食
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太子館 夕食
1
2時起床
2:20太子館発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時起床
2:20太子館発
八合目 白雲荘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目 白雲荘
八合目 元祖室
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目 元祖室
八合目 富士山ホテル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目 富士山ホテル
八合目 トモエ館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目 トモエ館
八合目五尺 御来校館
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目五尺 御来校館
夜が明け始める
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜が明け始める
2
九合目 久須志神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九合目 久須志神社
雲海の上に日が昇る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の上に日が昇る
2
富士山からのご来光
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山からのご来光
7
浅間大社奥宮の標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間大社奥宮の標柱
左回りでお釜巡り・剣ヶ峰を目指す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左回りでお釜巡り・剣ヶ峰を目指す
手前 毛無山
赤石・荒川 南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前 毛無山
赤石・荒川 南アルプス
白峰三山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白峰三山方面
毛無山と南アルプスの山並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山と南アルプスの山並み
1
吉田口方面の山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口方面の山頂
影富士に足が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影富士に足が
足長の影富士
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足長の影富士
1
影富士と南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
影富士と南アルプス
剣ヶ峰が近づく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰が近づく
あと一歩で日本最高点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと一歩で日本最高点
日本最高点の三角点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本最高点の三角点
最高点の標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高点の標柱
山頂手前の急坂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の急坂
山頂への急坂と雪渓
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への急坂と雪渓
1
剣ヶ峰と山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と山頂
1
お釜の壁の断層が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釜の壁の断層が美しい
山頂神社鳥居
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂神社鳥居
どこも営業してません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこも営業してません
宝永の噴火口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永の噴火口
剣ヶ峰正面の荒々しい噴火口壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰正面の荒々しい噴火口壁
3
穏やかな山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかな山頂
1
お釜巡りも最終
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お釜巡りも最終
吉田口のお店の屋根が並ぶ
ほとんど人はいません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口のお店の屋根が並ぶ
ほとんど人はいません
1
静かな吉田口方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな吉田口方面
須走口下山道標柱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口下山道標柱
火口全体が明るくなってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口全体が明るくなってきました
剣ヶ峰見納め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰見納め
須走口から下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走口から下山
1
火山礫・灰がクッションになる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火山礫・灰がクッションになる
途中雪渓が見られた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中雪渓が見られた
須走から吉田口への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須走から吉田口への分岐
美しい山肌と小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい山肌と小屋
1
佐藤小屋
ワラビをいただき
泉水の割引券も頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐藤小屋
ワラビをいただき
泉水の割引券も頂きました。
山開きの準備
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山開きの準備
馬返し駐車場に戻る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬返し駐車場に戻る

感想/記録

2016(平成28年)6月30日(木)〜7月1日(金)

富士山へ

「山開き 富士の山頂 日本晴れ」

快晴 無風に近い穏やかな富士山頂!
人も少なくのんびり過ごす。
最高の山開き 富士山頂でした。

6月30日(木)
富士山に登るのは初めて。
日本一の山に登るのだから、まずは富士浅間神社に富士登山の無事登頂を祈念した。
神社境内の広さ、樹々の大きさ、そして本殿の立派さに富士の威厳をすでに感じた。それに明日の富士山開きの準備も行われ、活気ある富士山麓を見て取ることができた。

浅間神社から歩くことも考えたが、さすがに車も通ることから
その道を数匱屬嚢圓、馬返しへと到着した。
天気は雨が上がり霞んでいた。雨の中を歩くことも覚悟していたので安堵しての登りはじめとなった。

富士の守り神、猿の像の立つ禊(みそぎ)所を通り登山道へ。
広い登山道は良く整備され、徐々に高度を上げていった。
一合目 鈴原天照大神 が祀られているのか建物が在る。
二合目 「立ち入り禁止」のテープが張られた朽ちた神社。
三合目 見晴茶屋 弁財天 山小屋が二件あったが三軒茶屋と呼ぶ。
四合目 大黒屋 大黒天像が置かれていた小屋跡。
五合目 中宮 木山と焼山の境 四件の小屋が建ち入山料徴収していた。    佐藤小屋 この日は外国人8名が宿泊とのこと
    「富士山」ナンバーのパトカーが止まっていた。
    六角堂 立正公安の像 この辺りで薄日が差す。富士山肌にか     かっていた雲が取れる。
六合目 富士スバルラインからの道との合流地点 
    1000円の協力金を集めている所。まだ開設されていなかった。
    緑が少なくなり火山岩のガラガラした登山道になる。
七合目 花小屋が最初で8件ほどの小屋が立ち並ぶ。
    さすが小屋が多い。安全安心を感じた。
    トイレも200円のチップを支払えばいいので全く心配ない。
    ただ登山者が多くなると渋滞もあるというのでどうか?
八合目 太子館 宿泊
    先着15名には手拭いがプレゼントされるということでいただく。
    寝袋が並ぶ。かなり空いていたが4つ並ぶ寝袋に3人で寝た。
    隣はアジア系の5人組、さらに隣は西洋系の2人組。
    食事はカレー 少ないルーにびっくり!ご飯のお代わりがある     ものの、お櫃に一人分半膳ぐらいがあったのみだった。
    魚の切れ身、ウィナー1本、ゼリー、富士山饅頭(美味しい)
    最初少ないと思った食事量が、意外と体調を良くしてくれた。
    朝食は、夕飯時に配布された。
    五目御飯の暖められたレトルト。パン1個。そして水。
    夜は興奮してか全く眠られず過ごす。
    隣の外国人の集団は1時に起床出発していった。
7月1日(金)
    我々は2時起床。
    2時20分ごろ太子館を出発した。外は真っ暗、しかし天には満     天の星と三日月が見られた。
    いくつかの小屋を通り過ぎ火山岩の岩場を慎重に登る。
九合目 久須志神社 東の空が明るくなってくる。
    
もう少しで吉田口の山頂に着く手前で「ご来光」を待つことにする。
他に登っている人も歩みを止めそれぞれの場所でご来光を待つ体勢をとる。オレンジ色に雲の色が変わる。空はコバルトブルーに変色する。
ご来光だ!
雲海の中から太陽が顔を出し始める。思っていたところより下の方から光が差しどんどんと大きくなる太陽。太陽の真ん中に細い水平の雲がかかり土星のような太陽の全体が現われた。空にオレンジ色が広がり、自然のキャンパスが様々に変化し一時のご来光を楽しませてくれた。
そしてどこからか万歳の声が響いてきた。

吉田口の山頂に到着。
ここから左回りに「お鉢巡り」をした。
まだ営業していない小屋の立ち並ぶところを過ぎると
目の前に日を受けて最高地点、剣ヶ峰を見ることができた。
お鉢の一部も見え始めた。
さらに進むと雷岩の付近だったのだろう、富士西側の雲海に
影富士がくっきりと見ることができたのだ。
感激だった。
広く白い雲にくっきりと黒い富士が映っている。

自分の影も映し出し、影富士と写真撮影もできた。

最後目指す剣ヶ峰。
日本最高点!
やはり他の山の頂に立つのとは気持ちが違っていた。
いま日本で一番高いところに居ると考えただけで嬉しい気持ちになった。
登って来た苦労が報われたような気分にもなった。

ふるちゃん
訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 林道 ご来光 三角点 雪渓 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ