ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908596 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳うち五ヶ岳の早駆け

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー triglav
天候ガスのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
舟山十字路付近に7-8台は駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間20分
休憩
55分
合計
9時間15分
S舟山十字路05:1007:30阿弥陀岳07:4008:30赤岳08:4010:30権現岳10:4511:15青年小屋11:2011:35編笠山11:4512:00青年小屋12:40西岳12:4514:10広河原14:25舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳からキレット小屋の間は非常に長いルンゼを登るので落石注意。今日は強風のため、非常にシビアでした。風の強い日はやめた方が良いでしょう。
その他周辺情報富士見リゾートの鹿の湯。600円。露天風呂が故障していたが来週には治るそう。

写真

御小屋尾根への道は八ヶ岳らしいカラマツ林
2016年07月02日 05:37撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根への道は八ヶ岳らしいカラマツ林
まずは一ヶ岳の阿弥陀岳。ガスで真っ白け。すでにやる気なし。
2016年07月02日 07:46撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは一ヶ岳の阿弥陀岳。ガスで真っ白け。すでにやる気なし。
タカネシオガマは花密度が濃いので見た目派手ですね。
2016年07月02日 08:25撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネシオガマは花密度が濃いので見た目派手ですね。
4
ニヶ岳の赤岳。烈風吹きすさび寒くて手がかじかんでます。
2016年07月02日 08:39撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニヶ岳の赤岳。烈風吹きすさび寒くて手がかじかんでます。
4
キレットにはコマクサがまだ沢山ありました。
2016年07月02日 09:25撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットにはコマクサがまだ沢山ありました。
2
キレットは森林限界下になる。梅雨の緑は幻想的で美しいです。
2016年07月02日 09:28撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットは森林限界下になる。梅雨の緑は幻想的で美しいです。
2
三ヶ岳の権現岳。風が強すぎて危ないので小屋の写真
2016年07月02日 10:46撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ヶ岳の権現岳。風が強すぎて危ないので小屋の写真
阿弥陀南稜を望む。一度登ってみたいが、見るからに岩くずだらけボロボロの稜線だ。
2016年07月02日 11:08撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀南稜を望む。一度登ってみたいが、見るからに岩くずだらけボロボロの稜線だ。
青年小屋に下るころにようやく晴れてきて一気にテンションが上がる。
2016年07月02日 11:11撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋に下るころにようやく晴れてきて一気にテンションが上がる。
1
編笠山
2016年07月02日 11:12撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠山
2
青年小屋と権現岳
2016年07月02日 11:36撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青年小屋と権現岳
1
梅雨の晴れ間はエッジがくっきりです。
2016年07月02日 11:47撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅雨の晴れ間はエッジがくっきりです。
2
南アも見えてきました。
2016年07月02日 11:49撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アも見えてきました。
1
富士山がこれほど晴れているとは。今日はあっちがよかったな。
2016年07月02日 11:50撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山がこれほど晴れているとは。今日はあっちがよかったな。
3
四ヶ岳の編笠山にて。ようやく暖かくなってきた。
2016年07月02日 11:52撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ヶ岳の編笠山にて。ようやく暖かくなってきた。
2
晴れてくるとシラビソの密林すら楽しい。
2016年07月02日 12:13撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてくるとシラビソの密林すら楽しい。
1
南ア。北岳が目立ちますね。
2016年07月02日 12:39撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南ア。北岳が目立ちますね。
編笠の肩に富士。
2016年07月02日 12:39撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠の肩に富士。
2
赤岳も晴れた。今日は逆回り(西岳からスタート)にすべきだった。
2016年07月02日 12:42撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳も晴れた。今日は逆回り(西岳からスタート)にすべきだった。
風が強いので雲の形状も面白い
2016年07月02日 12:47撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強いので雲の形状も面白い
編笠と赤岳。
2016年07月02日 12:50撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
編笠と赤岳。
1
五ヶ岳。最後の西岳です。このころにはだいぶ暑くてたいへん。
2016年07月02日 12:52撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ヶ岳。最後の西岳です。このころにはだいぶ暑くてたいへん。
1
ギンリョウソウ。ちょっと遅め?
2016年07月02日 13:29撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。ちょっと遅め?
1
西岳から広河原に下る道が心配でしたが、近づいてくると立派な看板がありました。
2016年07月02日 13:45撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西岳から広河原に下る道が心配でしたが、近づいてくると立派な看板がありました。
1
広河原へはこの看板に従います。広河原まではかなり荒れていて危険個所もあり。
2016年07月02日 13:51撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原へはこの看板に従います。広河原まではかなり荒れていて危険個所もあり。
最後は渡渉もありますが、登山靴でなんとか渡れます。それよりもこのあたりはアブが多くて参りました。1か所刺されてしまいました。
2016年07月02日 14:11撮影 by RICOH GX200 , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は渡渉もありますが、登山靴でなんとか渡れます。それよりもこのあたりはアブが多くて参りました。1か所刺されてしまいました。
1
撮影機材:

感想/記録

このコースは逆回りで5年ほど前に10時間で走破しているが、今回またやってみたくなり悪天を忍て実施。9時間ちょいで行けた。前回は編笠は登らなかったのでかなり速いペースだったが、それほど急いだつもりはなく、前半の天気が最悪で速足だったせいだろう。そして7月とは思えぬほどの寒さ。もっと天気の良い時にやるべきだろう。

今回特筆すべきなのは、西岳からの下山路のアブのすごさ!! 八ヶ岳でこんなに虫の襲撃に遭ったのは初めてのこと。執拗に襲われるので気が狂いそうになった。

南八つを満喫できるいいコース。体力を測るためのコースとしても利用価値高し。
訪問者数:547人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ