ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908605 全員に公開 ハイキング比良山系

堂満岳・・・の気分を味わいに。

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー yafedn(記録), Kou6495
天候
アクセス
利用交通機関
電車
JR湖西線 比良駅が最寄りです。
本来であれば登山バスを使い、イン谷口から登り始めるのですが、比良駅到着はam10:22。バスはなく、タクシーを呼ぶも到着まで30分以上かかる、のとことで駅からスタート。
公共交通機関でアクセスする際はバスの時間の確認、という基本はやっぱり大切です。(下に看板の写真を添付しますのでご参考ください)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
38分
合計
4時間54分
S比良駅10:2711:14イン谷口11:2912:00大山口12:1013:03青ガレ13:1414:07大山口14:25イン谷口14:2715:20天然温泉比良とぴあ15:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
イン谷口までは陰が少なく、アスファルトの照り返しが強く体力を消耗。
イン谷口から先は林道と山道の繰り返し。
青ガレは濡れていると危ないので、登行される前日が晴れていることが条件となるでしょう。アルプス気分を味わえそうです。
その他周辺情報志賀バイパス比良インターの近くに比良トピアという天然温泉の施設があります。
入浴料もまだ良心的。今の時期は琵琶湖で遊んだ帰りの人もいらっしゃるので、なるべく早い時間帯での利用がおすすめ。
比良トピアから比良駅までの送迎もありますが、ハイエースでの送迎のため、入館時に予約しておく必要が。ご注意を。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 カメラ
共同装備 地図(地形図)
備考 やっぱり夏の低山は昼前から登ってはいけない、ということを改めて学びました。
みなさんはご経験も豊富でしょうから大丈夫でしょうが、ビギナーさんはお気をつけを。
日の出とともに登り始め、お昼ごはんのころにはほぼ下山しているがやっぱり理想ですよね、夏は。
あとは、折り返す心の余裕も。「山は逃げない」を合言葉に。いい季節になったらリベンジしたらいいだけですもんね。

写真

比良駅全景。のどかです。
2016年07月02日 10:34撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良駅全景。のどかです。
1
比良川?、下流を望む。琵琶湖へそそがれます。
2016年07月02日 10:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
比良川?、下流を望む。琵琶湖へそそがれます。
一般的なスタート地点「イン谷口」。
2016年07月02日 11:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般的なスタート地点「イン谷口」。
1
バスの看板は駅前とここにあります。
きっちりチェックを!
(2016年用です。最新情報はググッてください)
2016年07月02日 11:17撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスの看板は駅前とここにあります。
きっちりチェックを!
(2016年用です。最新情報はググッてください)
せっかくの看板も木に隠れて・・・
2016年07月02日 11:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくの看板も木に隠れて・・・
ここで具体的な件数を見ると気が引き締まります。
2016年07月02日 11:35撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで具体的な件数を見ると気が引き締まります。
1
大山口の分岐点。ここから山道らしくなります。
2016年07月02日 12:00撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山口の分岐点。ここから山道らしくなります。
1
暑くて、陰から出ることが出来ません。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑くて、陰から出ることが出来ません。。
3
川の水が気持ちいい!
帽子を濡らしてクールダウン。
2016年07月02日 12:01撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川の水が気持ちいい!
帽子を濡らしてクールダウン。
1
堰堤を流れ落ちる水が天然のクーラー!
涼しさとマイナスイオンに癒されます。
2016年07月02日 12:28撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を流れ落ちる水が天然のクーラー!
涼しさとマイナスイオンに癒されます。
青ガレ。
とっても楽しそうですが陰がない・・・。
時間と体力を判断し、ここで折り返し。
また戻ってきます!
2016年07月02日 13:09撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ガレ。
とっても楽しそうですが陰がない・・・。
時間と体力を判断し、ここで折り返し。
また戻ってきます!
2
すき間から見える琵琶湖。
「高くまで来たもんだ」
2016年07月02日 13:26撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すき間から見える琵琶湖。
「高くまで来たもんだ」
1
最後に地図看板。
2016年07月02日 14:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に地図看板。
1
ほんとは山頂からここに下りてくるはずだったんです。
2016年07月02日 14:32撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんとは山頂からここに下りてくるはずだったんです。
1
なんとも言えない道を進み、不安になっている頃に出てくる手作り道標。
2016年07月02日 14:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとも言えない道を進み、不安になっている頃に出てくる手作り道標。
リベンジを誓い、比良山を後にします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リベンジを誓い、比良山を後にします
2
暑すぎた山登りのしめはレアチャシューのラーメンで!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑すぎた山登りのしめはレアチャシューのラーメンで!
撮影機材:
訪問者数:186人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 堰堤 ガレ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ