ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908628 全員に公開 ハイキング近畿

生石ヶ峰

日程 2016年07月02日(土) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
生石高原駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
42分
休憩
1分
合計
43分
S山の家おいし17:5518:10生石ヶ峰18:1118:38山の家おいしG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

八経ヶ岳に続いて、生石高原を下見すべく訪れますが、麓の好天とはうって変わってガスに覆われ、強風が吹き付けています。
2016年07月02日 17:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳に続いて、生石高原を下見すべく訪れますが、麓の好天とはうって変わってガスに覆われ、強風が吹き付けています。
この様子では夕日も望むべくもありませんが、気を取り直して出発。笠石の前を通って、
2016年07月02日 17:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様子では夕日も望むべくもありませんが、気を取り直して出発。笠石の前を通って、
強風にさざ波立つススキの草原の中を進みます。
2016年07月02日 17:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風にさざ波立つススキの草原の中を進みます。
強風に翻弄されるのは、ススキのみならずオカトラノオや、
2016年07月02日 17:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風に翻弄されるのは、ススキのみならずオカトラノオや、
ノアザミ、
2016年07月02日 18:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ノアザミ、
テリハノイバラなども。
2016年07月02日 18:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テリハノイバラなども。
ササユリも点在しますが、どれもかなりお疲れの様子です。
2016年07月02日 18:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササユリも点在しますが、どれもかなりお疲れの様子です。
生石ヶ峰の頂上は視界が全く利きません。
2016年07月02日 18:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生石ヶ峰の頂上は視界が全く利きません。
巻道を経由して西の丘に向かうと、来し方を振り返りますが、ガスに覆われて高原の全容はおぼろげです。
2016年07月02日 18:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道を経由して西の丘に向かうと、来し方を振り返りますが、ガスに覆われて高原の全容はおぼろげです。
ガスの中でも目立つ濃いピンク色のササユリが独り強風に耐えていました。
2016年07月02日 18:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中でも目立つ濃いピンク色のササユリが独り強風に耐えていました。
展望台に立つと、雲の切れ間から夕日を浴びて輝く紀伊水道が顔をのぞかせますが、本日の展望はこれが精いっぱいといったところ。
2016年07月02日 18:55撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台に立つと、雲の切れ間から夕日を浴びて輝く紀伊水道が顔をのぞかせますが、本日の展望はこれが精いっぱいといったところ。
撮影機材:
訪問者数:44人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ