ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908932 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

梅雨の晴れ間、蝉の大合唱の天城山へ

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー imunie
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR伊東駅から天城東急リゾートシャトルバスで往復しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
56分
合計
6時間14分
S天城高原ハイカー専用駐車場08:5609:13四辻09:49万二郎岳09:5010:15馬の背10:1610:28石楠立10:2910:56万三郎岳11:2211:28万三郎岳下分岐11:3011:48戸塚山(小岳)12:0012:17万三郎岳下分岐12:1812:50涸沢分岐点13:26101ポスト13:2713:44菅引分岐13:51四辻13:5214:05天城高原ハイカー専用駐車場14:1515:00東急バーべストクラブ天城15:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標がきちんと整備されており、コースタイム表示もていねいかつ正確でした。静岡県と伊豆市のご努力に感謝します。
その他周辺情報伊東駅そばの温泉共同浴場「湯川弁天の湯」で汗を流しました。大人250円です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

伊東駅に着くと晴れ間が出てきました。
2016年07月02日 07:58撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊東駅に着くと晴れ間が出てきました。
1
バスで登山口に着く頃には。
2016年07月02日 08:58撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで登山口に着く頃には。
すっかり青空。
2016年07月02日 08:59撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり青空。
おはよう。
2016年07月02日 09:09撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよう。
アマギツツジそろそろ盛りを過ぎそうです。
2016年07月02日 09:20撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマギツツジそろそろ盛りを過ぎそうです。
少し下って四辻に到着。
2016年07月02日 09:22撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って四辻に到着。
アマギツツジのじゅうたん。
2016年07月02日 09:30撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマギツツジのじゅうたん。
振り返ると雲海。
2016年07月02日 09:37撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると雲海。
所々急坂。
2016年07月02日 09:52撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所々急坂。
最初のピーク、万二郎岳。
2016年07月02日 09:57撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のピーク、万二郎岳。
2
姫沙羅。
2016年07月02日 10:04撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫沙羅。
天城連山がくっきり。
2016年07月02日 10:08撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城連山がくっきり。
1
こいつらがうるさかった。
2016年07月02日 10:09撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こいつらがうるさかった。
1
梯子もあります。
2016年07月02日 10:19撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子もあります。
馬の背、この先急登あり。
2016年07月02日 10:19撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背、この先急登あり。
馬酔木のトンネル。
2016年07月02日 10:27撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬酔木のトンネル。
また梯子。
2016年07月02日 10:35撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また梯子。
石楠立。
2016年07月02日 10:37撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠立。
石楠花がたくさんありました。
2016年07月02日 10:54撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花がたくさんありました。
伊豆半島最高峰到達!
2016年07月02日 11:06撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆半島最高峰到達!
2
お約束の一等三角点。
2016年07月02日 11:06撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の一等三角点。
可憐。
2016年07月02日 11:38撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
可憐。
苔生したブナ林。
2016年07月02日 11:43撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生したブナ林。
片瀬峠。峠道は機能していませんが。
2016年07月02日 11:50撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片瀬峠。峠道は機能していませんが。
いい感じ。
2016年07月02日 11:56撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じ。
戸塚山の本当のピーク。
2016年07月02日 11:58撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸塚山の本当のピーク。
道標はちょっと下にあります。
2016年07月02日 11:59撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標はちょっと下にあります。
ヘビブナ、なるほど。
2016年07月02日 12:05撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビブナ、なるほど。
地面を見るとブナの恵みがたくさん。
2016年07月02日 12:05撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地面を見るとブナの恵みがたくさん。
ゴルフ場方面へ。
2016年07月02日 12:27撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルフ場方面へ。
急な下り。
2016年07月02日 12:30撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な下り。
涸沢分岐点、降りる道はロープでふさがれています。
2016年07月02日 12:58撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢分岐点、降りる道はロープでふさがれています。
北側のアマギツツジはまだ満開。
2016年07月02日 13:22撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側のアマギツツジはまだ満開。
突然現れる人工物、整備ありがとうございました。
2016年07月02日 13:32撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然現れる人工物、整備ありがとうございました。
謎の?石柱101地点。
2016年07月02日 13:37撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎の?石柱101地点。
アマギツツジが低いところで咲いていました。
2016年07月02日 13:59撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマギツツジが低いところで咲いていました。
ここでもツツジのじゅうたん。
2016年07月02日 14:04撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでもツツジのじゅうたん。
駐車場に帰ってきました。
2016年07月02日 14:15撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に帰ってきました。
1
ハーヴェスト天城からの富士山。
2016年07月02日 15:11撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハーヴェスト天城からの富士山。
同じく天城連山。
2016年07月02日 15:12撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく天城連山。
1
ここでひとっ風呂。
2016年07月02日 16:53撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでひとっ風呂。
2
これで帰りました。
2016年07月02日 17:08撮影 by DSC-TX20, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これで帰りました。
2

感想/記録
by imunie

梅雨の晴れ間に思い立って、以前より狙っていた伊豆半島最高峰の天城山に向かいました。朝起きた時は曇天でしたが、伊東駅に着く頃は晴れ間も覗き、バスで登山口に着くと、すっかり快晴になっていました。
登山口にはいらした数人の登山者の方と前後して、登山を開始です。
朝から蝉の大合唱。ザックにつけた熊鈴の音は全然聞こえません。少し下って四辻を過ぎ、万二郎岳への途を進むと、ところどころで真っ赤なアマギツツジが咲いていました。そろそろ盛りを過ぎそうで、地面に落ちた花弁がつつじのじゅうたんみたいに見えていました。この花を狙っているカメラマンの方の何人かいらっしゃいました。
一時間ほどで万二郎岳に到着。水分補給をして先に進みます。稜線を進み、ところどころ木々の間から覗く、雲海や天城連山が見事です。風もあるので、さわやかな道中となりました。
馬の背、石楠立を過ぎ、最高峰万三郎岳に到着。眺望はありませんが、上空を次々と流れる雲がきれいでした。ここで昼食、少しゆっくりします。やはりコースタイムよりは早くなってしまったので、戸塚山とヘビブナまで足を延ばすことにしました。
万三郎岳より先はブナ林が見事でした。片瀬峠を過ぎ、戸塚山手前あたりは根元が苔生した樹林が広がり、とてもよい雰囲気でした。しかしながら鹿の食害でしょうか、馬酔木以外の植生に乏しく、土壌の流出も少し気になりました。ブナや様々な広葉樹の若木が育つ環境を回復するのには、まだ時間がかかるのでしょうか。
道標から少し離れた戸塚山の本当のピークを確認すると、小さい木のプレートがありました。はっきりした踏みあとはありませんが、戻る方向はコンパスがあれば確認できます。
八丁池方面に少し下り、右に曲がって100mほど行くと、ヘビブナとご対面できました。確かに蛇みたいにグネグネしてます。なんでこんな形ででかくなったんでしょうね、不思議です。
ここからは来た径を戻り、万三郎岳下分岐を直進し、涸沢分岐点方面に進みます。急な下りの階段は、所々土が流出してしまっていてかなり歩きにくいところもありました。30分ほど下ると、斜面に沿った巻き道になります。気が付くと、午後になりすっかり蝉も静かになっていました。長い帰り道は少々退屈でしたが、四辻に近づくとアマギツツジとヒメシャラの花が迎えてくれました。四辻を過ぎ、「おつかれさまでした」が見えると駐車場、ゴールです。でもバスの発車まであと1時間あるので、東急ハーベスト天城まで車道を下りました。途中、道路わきで若鹿とご対面、写真を撮ろうとしたら、警戒音をピーッと発して逃げられてしまいました。
バスで伊東駅に到着し、電車の時間までの間に、近くの温泉共同浴場「弁天の湯」で熱い温泉につかり汗を流しました。次回は八丁池までの縦走を目指します!


訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ