ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 908974 全員に公開 沢登り道南

オコツナイ川〜小田西川

日程 2016年06月30日(木) 〜 2016年07月01日(金)
メンバー goshimakudo2012
天候30日:晴れ
1日:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
15時間5分
休憩
15分
合計
15時間20分
S河口10:0011:00F115:00Co470二股04:4009:00オコツナイ岳09:1515:00河口
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
30日:晴れ
河口(10:00)F1(11:30)Co470(15:00)=C1
なぜか用もないのに札幌駅に来たGを回収し、道南へ向かう。沢日和。
河口からしばらくは河原歩き。F1は右岸から高捲く。F2までは廊下が出てくる。F2はKトップで左岸を空身で登る。ピンと終了点はハーケン。ヌメる。F3はGがリーチをいかして水流からヌーっと這い上がる。ザック引上げ後続ゴボウ。F4は釜つきの小滝。F5(5m+20m+5m)は右岸からまとめて高捲く。ロープ出して3ピッチ。1p目、Gトップでリッジから草つきを登り立木まで。2p目、Kトップでブッシュ→泥壁トラバース。下のスラブも行けそうだが、上のほうがブッシュでランナーがとりやすくbetter。3p目、Gトップで草つきトラバース。懸垂7mで沢へ戻る。懸垂はしなくてよかった。滑滝をこえて、Co470二股直前の支沢との合流点でC1。五島が苔つきボルダーに挑む。

1日:晴れ
C1(04:40)ピーク(09:00)河口(15:00)
二股から水量の多いほうを詰める。F7(15+3m)はGが右岸ルンゼから上部スラブに抜けて滝の上部へ回り込む。後続は側壁から直接上がるが、モロモロすぎてユマーリングで上がる。上部スラブで一度Fixして、後続も同ルートで登るべきだった。F8は捲き、F9はザック引上げ。草つきの広いスラブを登り、藪を漕いでピーク。下りもしばらくは藪漕ぎ。水が出てきてしばらく行くと10mF。懸垂で降りる。Co600あたりから伏流。復活すると湧水が冷たくてうまい。小田西本流は巨岩の沢。堤防から左岸林道へ上がり下山。ヒッチで車を回収し、見市川へ向かう。
オコツナイは明るく楽しい沢、準山におすすめ。
Fの番号はOBの記録(2007)に合わせました。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]
2016年07月の天気図 [pdf]

写真

F1。右岸高捲き。
2016年06月30日 11:15撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1。右岸高捲き。
寿都幌別に雰囲気が似ている。
2016年06月30日 11:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寿都幌別に雰囲気が似ている。
1
F2。左岸から登る。
2016年06月30日 11:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2。左岸から登る。
テンバ
2016年06月30日 16:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンバ
ピーク。
2016年07月01日 09:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク。
1

感想/記録

テンバに登ってくれと言わんばかりに鎮座していたボルダー岩。
見た目に反して、意外と難しい。私が初登なのではないか。
だから名前を付けようと思う。
苔を落としながら登ったから、ルート名は ”苔落とし”。

再登者、求む。
訪問者数:351人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

右岸 左岸 テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ