ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909008 全員に公開 ハイキング丹沢

小川谷経路-東沢乗越-同角山稜-石棚山稜

日程 2016年07月01日(金) [日帰り]
メンバー kazika, その他メンバー1人
天候晴れ/濃霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間10分
休憩
1時間20分
合計
10時間30分
S小川谷経路05:0006:30東沢06:5008:00東沢乗越09:20同角山稜11:10同角ノ頭12:1015:30西丹沢県民の森G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
※ 小川谷経路は西丹沢詳細図に載ってるらしいですが、東沢ー乗越ー同角山稜は読図が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

前回探しても咲いていなかった花
出会うことが出来ました✿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回探しても咲いていなかった花
出会うことが出来ました✿
23
下草の中に埋もれるように一輪
でも蕾はたくさんあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下草の中に埋もれるように一輪
でも蕾はたくさんあります
9
今回も見つけてくれた花
最初の一株、周りの緑に溶け込んでる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も見つけてくれた花
最初の一株、周りの緑に溶け込んでる
16
次の一株
素晴らしい反応です🌼
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の一株
素晴らしい反応です🌼
16
小川谷経路
斜面を削って作られたような経路
誤って落ちるは、命に係ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川谷経路
斜面を削って作られたような経路
誤って落ちるは、命に係ります
3
以前はロープが張り巡らされていた
今はスッキリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前はロープが張り巡らされていた
今はスッキリ
2

小川谷最後の堰堤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

小川谷最後の堰堤
14
傍らにナツノタムラソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傍らにナツノタムラソウ
9
アカショウマも涼し気です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカショウマも涼し気です
1
水量は少ない沢です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水量は少ない沢です
4
右に分岐して
湧き水
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に分岐して
湧き水
ここが丹沢鉱山
武田信玄の隠し金山跡??
入口に滞水なし・入る勇気ございません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが丹沢鉱山
武田信玄の隠し金山跡??
入口に滞水なし・入る勇気ございません
12
いきなりTHE丹沢になった
笛を吹きながら登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりTHE丹沢になった
笛を吹きながら登る
11
東沢乗越
直ぐに同角沢に下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東沢乗越
直ぐに同角沢に下る
4
神秘的な削られ方
遺言棚落口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神秘的な削られ方
遺言棚落口
26
同角沢
遺言棚下には左から登って直ぐ
右の踏み跡を下ります
棚は見ずにそのまま登り続けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同角沢
遺言棚下には左から登って直ぐ
右の踏み跡を下ります
棚は見ずにそのまま登り続けます
10
ネジキ
ヤセ尾根上に白く散っていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネジキ
ヤセ尾根上に白く散っていました
9
アセビ等の木々にザックを引っ掛けながら登ると、開放的な尾根に出ました。
上部にもヤセ尾根が一部あり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビ等の木々にザックを引っ掛けながら登ると、開放的な尾根に出ました。
上部にもヤセ尾根が一部あり
6
砂ザレのトラバース先が
同角山稜に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂ザレのトラバース先が
同角山稜に到着
3
コアジサイが新鮮
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コアジサイが新鮮
3
登山道にシモツケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にシモツケ
3
コナスビ
二個咲いてるならと・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コナスビ
二個咲いてるならと・・・
8
キレット
ハルセミが時々遠くで鳴いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット
ハルセミが時々遠くで鳴いています
5
砂ザレのシモツケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂ザレのシモツケ
4
イワキンバイも元気💪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワキンバイも元気💪
6
アマドコロもあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アマドコロもあります
8
クワガタソウだってニ個咲いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クワガタソウだってニ個咲いている
13
ヤマボウシも新鮮です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマボウシも新鮮です
6
木道
同角ノ頭〜ユーシン分岐まで木道が続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道
同角ノ頭〜ユーシン分岐まで木道が続きます
10
ヒコサンヒメシャラ
マルバダケブキに違う花が咲いたようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒコサンヒメシャラ
マルバダケブキに違う花が咲いたようだ
8
ユーシン分岐
歩く人が少なくなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシン分岐
歩く人が少なくなります
1
バイケイソウも花を付けた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウも花を付けた
4
ブナの稜線歩き
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの稜線歩き
10
何時もの場所
カエデの木も混じっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何時もの場所
カエデの木も混じっている
8
ツルアジサイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツルアジサイ
1
再び濃霧に包まれた
お〜い・待ってくれ〜(^O^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び濃霧に包まれた
お〜い・待ってくれ〜(^O^)
5
ここから延々の下り
左〜西丹沢県民の森・右〜箒沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから延々の下り
左〜西丹沢県民の森・右〜箒沢
3

感想/記録
by kazika

西丹沢県民の森
7月1日から一般車通行止めです。
玄倉林道から仲ノ沢林道の分岐がクサリで施錠されています。
夏場はキャンパーが自由に出入りして川原にゴミを捨てるなどの行為が目立っていた。
自業自得で、小川谷沢登りや登山者も巻き込まれてしまったようです。

小川谷経路
玄倉林道から仲ノ沢林道を30分も歩けば西丹沢県民の森に到着する。
ここにはトイレが設置してあります。
更に林道を進むとゲートがあり、その先右側に小川谷経路がある。
以前は手製看板があったが、現在は朽ちている。
深い谷を右に見ながら崖地のトラバースが続きます。
ザックの引っ掛けによりバランスを崩すと冷や汗ものです。
何度か小沢を渡ると広い川原に出ますが、まだ先に進みます。
大崩壊地に出ます。以前ロープが設置してあり、一端下って登り返しましたが
現在はそのまま進めました。なお、上部に巻き道もあります。

崩壊地を過ぎると右下に小川谷が見えて来ます。以前より早めに沢に下った方が良い。
鹿柵が設置されたので上手く交わしながら堰堤下へ進みます。
堰堤の下流に東沢に分岐があります。

東沢ー東沢乗越ー同角山稜
こからは東沢を濡れないように歩きます。
右側稜線は、大タル丸から東沢乗越に続く険悪な稜線です。
熊が人間を避けて棲家としているような場所です。
ここへ来たら濃霧で見通せません。鈴は勿論・笛を吹きながら歩きました。
何度か滝を登り渡渉しながら進むと沢の分岐、乗越へは右に進みます。
暫く行くと湧き水が出ています。
この上部に「丹沢鉱山跡」があります。
沢を直登しないで、途中から左へ登って行くと、最後に少しトラバースして東沢乗越に到着です。

乗越からは直ぐに右下に向けて緩やかに下ります。
現在はこちらの方が踏み跡が薄い、沢(同角沢)が見えますので適当に下ります。
上流に向かって行くと同角山稜への経路入口があります(以前は川原に石が積まれ・テープ等あった)

我々は「遺言棚」の落ち口まで下り、右岸の尾根を行きます。
暫くはヤセ尾根で、アセビ等の木々が邪魔します。
水平踏み跡を横切り進むと綺麗な尾根上に出ます。
最後に砂ザレのトラバースをこなせば同角山稜に出ます。
ここからは一般登山道です。

貴重な花に出会えて良かった
ハ〇ネ〇ン
ウチ〇ウ〇ン
訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2008/1/30
投稿数: 4583
2016/7/8 23:18
 クワガタソウ
お疲れさまです。
西丹沢県民の森情報ありがとうございます。
そんなことになってましたか?
小川谷の沢登り計画していたので残念です

以前、ヤマレコユーザーのクワガタさんから
この付近に「クワガタソウ」がいると聞いていましたが
私の技量では見つけられませんでした
登録日: 2011/9/30
投稿数: 1812
2016/7/17 22:05
 Re: クワガタソウ
ありゃ〜ごめんなさい🙇
一週間以上気が付かなかったです

小川谷沢登り良い季節ですね
30分位の歩き、準備運動で丁度良いかもです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ