ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909197 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

金剛山 もみじ谷オール左〜もみじ谷本流(沢沿いは大賑わい)

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー abek3
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠公共駐車場、バス停横の駐車場(いずれも無料)があります。
本日は日曜のため、いずれも満車。バス運行の邪魔にならないよう、水越峠に路駐しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
1時間3分
合計
5時間36分
S水越峠08:5309:34もみじ谷入り口10:21第6堰堤10:30本流ルート分岐11:02葛木神社11:0511:10山頂広場12:1012:16もみじ谷下山口12:55第6堰堤13:45もみじ谷入り口14:29水越峠14:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・もみじ谷
もみじ谷は途中の分岐が多いので、初めての方はテープの多い「もみじ谷本流」を歩かれるのが無難です。
第5堰堤上部で谷が大きく二つに分かれます。左が昭文社の登山地図に登山道として記載されているルート。右のV字谷が「もみじ谷本流」ルート。その後、第6堰堤上部で再び分岐が来ますが、右が本流ルートです。

今回は第6堰堤上部で左に行き、次の分岐も左に行きます。(通称オール左と呼ばれるルート)
突き当りは扇状の笹斜面になります。左側にそれなりの踏み跡がありますので、それをたどって小尾根に出ます。しっかりした踏み跡の登山道となり、たどると一の鳥居と葛城神社との中間地点に出ます。もみじ谷入口としてNo.100の電柱があるところです。

道は沢を何度か渡渉しますが、いずれも水量わずかで石伝いに渡れます。ただ、滑り易いので注意は必要です。崖状の細い道もあり通行時は注意して下さい。

第6堰堤左俣の他の分岐道は、テープも少なく自由に進めますが、滑り易い斜面・藪漕ぎなどで苦労する事になると思います。こちらは、あまりお勧めしません。

第6堰堤左俣の他のルートについては、下記を参考にして下さい。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-648009.html
その他周辺情報水越峠にはトイレ、登山ポストはありません。
水場は歩いて30分ほどの所に「金剛の水」があります。
トイレは水越トンネル傍の「さわんど」にあります。

写真

水越峠からスタート。
2016年07月03日 08:53撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水越峠からスタート。
1
入って直ぐの所にヤマユリの蕾がたくさん。株も多く、これからが楽しみ。
2016年07月03日 08:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入って直ぐの所にヤマユリの蕾がたくさん。株も多く、これからが楽しみ。
2
金剛の水場のアジサイ。
2016年07月03日 09:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水場のアジサイ。
1
もみじ谷に入ります。左の沢を渡って下さい。
2016年07月03日 09:34撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もみじ谷に入ります。左の沢を渡って下さい。
六月中旬に赤ペンキで番号が書かれていた。本日見ると、ピンクのペンキで上書き。これは無粋です・・・。
2016年07月03日 09:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六月中旬に赤ペンキで番号が書かれていた。本日見ると、ピンクのペンキで上書き。これは無粋です・・・。
第5堰堤。
2016年07月03日 10:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤。
1
後ろからも、続々と登って来る。
2016年07月03日 10:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろからも、続々と登って来る。
第5堰堤にもピンクの上書き。
2016年07月03日 10:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤にもピンクの上書き。
V字谷。
2016年07月03日 10:18撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
V字谷。
1
第6堰堤。
2016年07月03日 10:22撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤。
水飛沫アップ。最高の涼しさ。暑い日は、これに限る。
2016年07月03日 10:23撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水飛沫アップ。最高の涼しさ。暑い日は、これに限る。
2
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。
本日は左から登って、右へ降りて来ます。
2016年07月03日 10:30撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤から進んだ先にある分岐点。右がメインルート。
本日は左から登って、右へ降りて来ます。
1
左俣ルートは、こう呼ばれています。
2016年07月03日 10:31撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左俣ルートは、こう呼ばれています。
後は左へ。
2016年07月03日 10:38撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後は左へ。
左へ。
2016年07月03日 10:41撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ。
左の斜面へ。
2016年07月03日 10:45撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の斜面へ。
たどって登ると、第5堰堤上で左俣へ入り尾根へ登る正規ルートの登山道に合流 。一の鳥居と葛城神社との中間地点に出ます。
2016年07月03日 10:57撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たどって登ると、第5堰堤上で左俣へ入り尾根へ登る正規ルートの登山道に合流 。一の鳥居と葛城神社との中間地点に出ます。
葛木神社裏から、葛城山。薄っすらと生駒山方面も見えました。
2016年07月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社裏から、葛城山。薄っすらと生駒山方面も見えました。
4
葛木神社への参道。
2016年07月03日 10:59撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社への参道。
神社へ向かって。
2016年07月03日 11:01撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社へ向かって。
葛木神社へお参り。
2016年07月03日 11:02撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社へお参り。
1
標柱に金剛山最高峰の記載。
2016年07月03日 11:02撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標柱に金剛山最高峰の記載。
神社から、お隣の転法輪寺へ。ここにもお参り。
2016年07月03日 11:10撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社から、お隣の転法輪寺へ。ここにもお参り。
2
7/7の、れんげ大祭の準備中。
2016年07月03日 11:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7/7の、れんげ大祭の準備中。
境内では法螺貝が鳴り響いていました。練習中?
2016年07月03日 11:11撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
境内では法螺貝が鳴り響いていました。練習中?
みるくちゃんのTV放映、8月に延期になったそうです。
2016年07月03日 11:12撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みるくちゃんのTV放映、8月に延期になったそうです。
1
山頂は22℃。風があって快適。
2016年07月03日 11:15撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は22℃。風があって快適。
4
12時のライブカメラ。標識の右でストック振ってます。 画面一杯の人・人・人。
2016年07月03日 12:00撮影 by ver.1DB101066.1, HRE Inc.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時のライブカメラ。標識の右でストック振ってます。 画面一杯の人・人・人。
5
夏の空ですね。
2016年07月03日 12:02撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏の空ですね。
3
ひさご池にシオカラトンボ。
2016年07月03日 12:08撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひさご池にシオカラトンボ。
もうトンボの季節。
2016年07月03日 12:09撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうトンボの季節。
下山は、もみじ谷本流ルートから。
2016年07月03日 12:16撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は、もみじ谷本流ルートから。
1
午後からも、どんどん登って行きます。この日は往復で30名以上と出会いました。暑い日は、やっぱり沢!
2016年07月03日 12:51撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後からも、どんどん登って行きます。この日は往復で30名以上と出会いました。暑い日は、やっぱり沢!
1
金剛の水場に戻って来ました。小休止。
2016年07月03日 13:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金剛の水場に戻って来ました。小休止。
ここは、落とし物預り所? 眼鏡、手袋、キーなど多数。
2016年07月03日 13:52撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、落とし物預り所? 眼鏡、手袋、キーなど多数。
下って来ると、下界の暑さが押し寄せる。
2016年07月03日 14:25撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って来ると、下界の暑さが押し寄せる。
1
無事、水越峠に帰着。午後は良い天気でした。
2016年07月03日 14:28撮影 by Canon PowerShot A4000 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事、水越峠に帰着。午後は良い天気でした。
1
撮影機材:

感想/記録
by abek3

 いつもの金剛山もみじ谷へ。好天の日曜日とあって車も登山者も多数。暑いので登り下りとも、もみじ谷とする。オール左で登って、本流ルートで下る。夏はやっぱり沢筋が一番。皆さん同じ事を考えるのか、もみじ谷は大賑わい。往復で30人以上と出会った。これほど大人数と出会ったのは記憶に無い。

 山頂も登山者で大賑わい。22℃で風もあり、木陰で座っていると昼寝をしたくなるような心地よさ。風が有るおかげで、暑さを感じない。

 下りも沢の涼しい風を受けながら快適に進む。ダイトレに出てからは照り返しが暑かったが、時々吹く強い風が汗を飛ばしてくれた。
これからの暑い季節、低山では沢筋が一番快適ですね。
訪問者数:398人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/5
投稿数: 831
2016/7/5 14:08
 気持ちよさそうですね〜
こんにちは〜
やっぱりこの季節は沢がいいですね(*^_^*)
それにしても堰堤の文字、アカンですよね(;O;)
さらに上書きですか。どうしたもんでしょうね。
消したら、また余計に書き足されるような気がして・・・
登録日: 2014/4/14
投稿数: 98
2016/7/5 21:00
 Re: 気持ちよさそうですね〜
m-kama さん、こんにちは
夏の低山は沢筋が涼しくて快適です。

それにしても、ペンキ書きには参りました。
アルプスではありませんので、テープ程度で充分です。
あまり表示が多いと、登山道を見分ける能力が養われません。
初めての道は、少し迷うくらいが楽しいと思うのですが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ