ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909263 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山

日程 2016年06月26日(日) [日帰り]
メンバー 178_tomo(記録), sima4448(CL), koya4698(SL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行き&帰り:瑞牆山荘前駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
58分
合計
4時間41分
S県営無料駐車場07:4408:22富士見平小屋08:37瑞牆山・八丁平分岐08:43桃太郎岩08:4409:27大ヤスリ岩09:2909:42瑞牆山10:1910:32大ヤスリ岩10:3311:10桃太郎岩11:1111:18瑞牆山・八丁平分岐11:1911:34富士見平小屋11:4912:25県営無料駐車場12:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 瑞牆山は、奥秩父の主脈に連なり、全山が黒雲母花崗岩でできた岩峰で、山頂付近は巨石が屹立した奇峰にして、日本百名山にふさわしい名峰です。
 人気の山とあって早朝に出発し、朝8時前に瑞牆山荘前に到着しましたが、50台程停められる駐車場はすでに満車に近い状態でした。瑞牆山一帯は県の”森林文化の森”に指定され、秩父多摩甲斐国立公園の特別地域です。少しひんやりとして気持ちよい標高1,515m地点のカラマツ、シラカバ、ナナカマド、ミズナラが茂る理想的な雑木林の中を歩き始めます。
 岩段を登っていくと、里宮神社の参道入口に出ます。瑞牆山や金峰山は、古くから山岳信仰の山で、奈良・吉野の大峯金峰山から山神を奉迎して里宮さまをお祭りしたのが、数百年の間に御社が朽ちてしまい、昭和に祠を再建して登山者の安全と村の五穀豊穣を祈っているのが、今の里宮神社です。
 みずがき林道経由みずがき山自然公園への分岐を過ぎると水場があり、その先が瑞牆山の2つめの山荘、富士見平小屋です。小屋から直進して東に行くと金峰山です。山小屋初の地ビール”富士見平小屋ビール”の看板に惹きつけられます。帰りの楽しみにしましょう。
 針葉樹林の道はゆるやかな平坦道ですが、ごろた石のせいで歩きづらい。小川山への分岐を過ぎると沢の音が聞こえてきて下り道になります。下りきると天鳥川の源流ですが水がありません。ここより西の沢から、みずがき山自然公園方面に流れて行きます。
 源流を渡った先には、巨岩の桃太郎岩がありました。桃太郎が生まれた桃を連想させるような、刃物で真っ二つに切ったような形をしています。岩の傍らから急登が始まり、巨岩郡の間を縫うように400m程登ると山頂に到達します。岩場は手を使うのがコツです。登山用のグローブをするとよいでしょう。
 やがてゴーレムのような大ヤスリ岩が出現します。鎖と梯子を使いながら岩と格闘。山頂付近には僅かながらアズマシャクナゲが咲いていました。そして山頂へ。
 瑞牆山の山頂は岩の上で、花崗岩の岩塔が乱立していて平らな場所はほとんどないですが、眺めは最高で、晴れていればランチに最適です。今日はあいにくの天気なのでせっかくの富士山もぼんやりとしています。山頂で軽食を済ませ、下山します。まだ10時代なので、山頂をめざす多くのハイカーとすれ違いました。
 富士見小屋では誓いどおりに地ビールで乾杯です。カラマツとミズナラに囲まれた小屋のベンチで、2種類の地ビールを飲み比べしました。富士見平小屋ビールはDunkel(デュンケル)なのでコクがあり、瑞牆ビールはPilsner(ピルスナー)なのでさっぱりした味でした。
その他周辺情報登山後の温泉:増富の湯
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具(レインウェア) 着替え 入浴セット 飲料

写真

談合坂の〔瓦屋〕で田舎の煮込みうどん。朝5時半です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
談合坂の〔瓦屋〕で田舎の煮込みうどん。朝5時半です
瑞牆山荘前から歩きだします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘前から歩きだします
ナナカマドやミズナラの雑木林が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドやミズナラの雑木林が美しい
富士見平小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋
真ん中からぱっくりと割れた巨岩。”桃太郎岩”です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中からぱっくりと割れた巨岩。”桃太郎岩”です
岩を支えているかのようにたくさんの杖が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を支えているかのようにたくさんの杖が
ところどころで岩登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころで岩登り
ワンちゃんは余裕の表情
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワンちゃんは余裕の表情
こちらはゼイゼイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはゼイゼイ
巨大な大ヤスリ岩が出現しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な大ヤスリ岩が出現しました
気が付けば岩と格闘
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気が付けば岩と格闘
大ヤスリ岩を見下ろすビューポイント
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大ヤスリ岩を見下ろすビューポイント
頂上手前、わずかに咲いていたアズマシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前、わずかに咲いていたアズマシャクナゲ
富士の稜線が美しい...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士の稜線が美しい...
尾瀬の至仏山と2m違い(瑞牆山のほうが2m高い)なんですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬の至仏山と2m違い(瑞牆山のほうが2m高い)なんですね
日本百名山の一座、岩峰・瑞牆山を制しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本百名山の一座、岩峰・瑞牆山を制しました
久しぶりに跳躍カメラマンが、花崗岩の岩塔を跳ぶ!
足元の遥か先には富士が...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりに跳躍カメラマンが、花崗岩の岩塔を跳ぶ!
足元の遥か先には富士が...
山頂で軽食。まだ10時半なので、ノンアルビーでゆで卵
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で軽食。まだ10時半なので、ノンアルビーでゆで卵
下る頃に登ってくるハイカー多数。道をお譲りします
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る頃に登ってくるハイカー多数。道をお譲りします
下りは足元要注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは足元要注意
手をたくさん使うのがコツです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手をたくさん使うのがコツです
自分アルバム作成のため、毎度注文が多いO島部長
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分アルバム作成のため、毎度注文が多いO島部長
富士見平小屋へ。この看板を見たら素通りはできません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋へ。この看板を見たら素通りはできません
富士見平小屋メニュー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋メニュー♪
富士見平小屋ビールと瑞牆ビールの2種類の地ビールを♬
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋ビールと瑞牆ビールの2種類の地ビールを♬
飲み比べます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飲み比べます
デュンケルとピルスナーなので対照的な味です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デュンケルとピルスナーなので対照的な味です
ご馳走様でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご馳走様でした
ホントに綺麗な雑木林です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホントに綺麗な雑木林です
半日登山でした...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半日登山でした...
湯上り後は、キンと冷えた〔七賢〕を
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯上り後は、キンと冷えた〔七賢〕を
ワラビ、赤しそなどの天ぷら蕎麦は絶品でした...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワラビ、赤しそなどの天ぷら蕎麦は絶品でした...

感想/記録

 とても叶わぬ夢の世界だが、朝起きてすぐ散策する我家(じぶんち)の裏庭が、こんな雑木林だったらなあと...。
 高所だからか、下草たる雑草も無く整然とした光景。いいですね。
 ささっと、午前ハイクで立ち去った我等ですが、やはり人気の山で百名山のブランド力もあるのでしょう、普段と違って若者ハイカー(カップリング、山ガール、山アニキ、山ボーイ等々)がたくさんいらっしゃいました(軽い感動!)
訪問者数:92人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ