ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909451 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

山頂行ってないけど木曽駒ケ岳*命懸けのテント泊*

日程 2016年07月02日(土) 〜 2016年07月03日(日)
メンバー peachy
天候超強風、霧、雨、一瞬晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間15分
休憩
2時間35分
合計
6時間50分
S千畳敷駅09:0310:10乗越浄土10:1110:17宝剣山荘10:1810:40中岳10:52(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘13:0013:08中岳13:0913:20天狗荘13:2113:31宝剣岳13:4613:58宝剣山荘13:5914:02乗越浄土14:47千畳敷駅14:5315:35乗越浄土15:37宝剣山荘15:47中岳15:4815:53(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
2日目
山行
48分
休憩
1時間6分
合計
1時間54分
(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘09:3309:41中岳09:49天狗荘09:50宝剣山荘10:5511:00乗越浄土11:0111:27千畳敷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

ロープウェイの建物を出たところ。真っ白で風も強い。登山届を受け取った係の方に「女性一人は大変かもしれないので小屋泊も考えて行ってください」と言われました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイの建物を出たところ。真っ白で風も強い。登山届を受け取った係の方に「女性一人は大変かもしれないので小屋泊も考えて行ってください」と言われました。
3
「泊まらずに帰るかもしれない」と答えて出発。神様に登山の無事もお願いしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「泊まらずに帰るかもしれない」と答えて出発。神様に登山の無事もお願いしました。
3
「どうしよう、どうしよう」と頭の中はそればかり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「どうしよう、どうしよう」と頭の中はそればかり。
2
先を歩いていたおばあちゃんとお孫さんがクロユリを撮影していたので私も。ほほえましいお二人のおかげで見逃さなかったクロユリ。私もお花を楽しもうっと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を歩いていたおばあちゃんとお孫さんがクロユリを撮影していたので私も。ほほえましいお二人のおかげで見逃さなかったクロユリ。私もお花を楽しもうっと。
10
こちらがそのお二人。おばあちゃんとの山登り楽しんでね。と心の中で思いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらがそのお二人。おばあちゃんとの山登り楽しんでね。と心の中で思いました。
4
ハクサンイチゲとミヤマキンバイかな?お花畑は黄色と白。斜面一面でとてもきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲとミヤマキンバイかな?お花畑は黄色と白。斜面一面でとてもきれいでした。
4
時々、イワベンケイや
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々、イワベンケイや
8
アカモノも登場。かわいいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノも登場。かわいいね。
14
真っ白な中登り続けて、乗越浄土に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白な中登り続けて、乗越浄土に到着。
2
写真ではわからないですが、乗越にきたらさらに風がすごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真ではわからないですが、乗越にきたらさらに風がすごい。
1
視界も悪く、目の前に来るまで宝剣山荘が見えませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界も悪く、目の前に来るまで宝剣山荘が見えませんでした。
5
やっぱり今日は日帰りかなぁ。山頂まで行って戻ってくる人いるんだなぁ。とりあえずテン場まで行って様子みようかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり今日は日帰りかなぁ。山頂まで行って戻ってくる人いるんだなぁ。とりあえずテン場まで行って様子みようかな。
3
と、ますます強くなる風に、いつ決断するかで頭の中はいっぱい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、ますます強くなる風に、いつ決断するかで頭の中はいっぱい。
3
中岳まで来ました。ここを過ぎれば次はテント場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳まで来ました。ここを過ぎれば次はテント場。
3
祠のほうにも行ってみました。この先は植生保護のため通行禁止になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠のほうにも行ってみました。この先は植生保護のため通行禁止になっています。
1
中岳をすぎるとお花畑に紫色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳をすぎるとお花畑に紫色。
2
オヤマノエンドウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オヤマノエンドウ。
6
テント場に着くと、先にひとつ張ってありました。とりあえずホッとして様子を伺っていると、私の後から来られたご夫婦も張りはじめました。よかった…一人じゃないなら泊まろう。ここで決心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場に着くと、先にひとつ張ってありました。とりあえずホッとして様子を伺っていると、私の後から来られたご夫婦も張りはじめました。よかった…一人じゃないなら泊まろう。ここで決心。
4
テントを張っていると、突然現れた青空。歓声があがりました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張っていると、突然現れた青空。歓声があがりました!
14
さっきまで真っ白だったのに景色が見える!気分はすっかり上々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまで真っ白だったのに景色が見える!気分はすっかり上々。
2
頂上山荘。なんと営業していませんでした。トイレは使えます。紙もあってとてもきれいなトイレです。営業していない時の受付は宝剣山荘になるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上山荘。なんと営業していませんでした。トイレは使えます。紙もあってとてもきれいなトイレです。営業していない時の受付は宝剣山荘になるようです。
8
張りました!でも相変わらず風は強くて、テントが飛んでいかないように抑えながら一人で張るのは大変でした。1時間くらいかかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
張りました!でも相変わらず風は強くて、テントが飛んでいかないように抑えながら一人で張るのは大変でした。1時間くらいかかった。
13
まだ12時なので、お昼を食べたら出かけてみよう。まずは戻って宝剣山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ12時なので、お昼を食べたら出かけてみよう。まずは戻って宝剣山へ。
9
宝剣山へ向かう途中に振り返って。来る時は目の前に来るまで小屋が見えなかったのに、今は遠くから小屋が見える!駒ケ岳山頂も!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣山へ向かう途中に振り返って。来る時は目の前に来るまで小屋が見えなかったのに、今は遠くから小屋が見える!駒ケ岳山頂も!
5
私のテントも見えました〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私のテントも見えました〜。
4
あれが宝剣山。以前来た時はまだ登山を始めたばかりだったので、危ないからと登りませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが宝剣山。以前来た時はまだ登山を始めたばかりだったので、危ないからと登りませんでした。
5
最近、岩場LOVEな私。今日はもちろん登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近、岩場LOVEな私。今日はもちろん登ります。
4
いったいどんなふうに登っていくのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いったいどんなふうに登っていくのかな?
1
伊那前岳の稜線。計画ではあそこを歩いて、うどんや峠から下山の予定でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那前岳の稜線。計画ではあそこを歩いて、うどんや峠から下山の予定でした。
6
とりあえずは普通の岩場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずは普通の岩場です。
2
ここだけちょっとスリリングな鎖場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけちょっとスリリングな鎖場。
2
結構、あっという間に山頂の祠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構、あっという間に山頂の祠。
7
それよりなにより驚いたのは、千畳敷カールが見えてる!朝はあんなに真っ白だったのに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それよりなにより驚いたのは、千畳敷カールが見えてる!朝はあんなに真っ白だったのに。
7
行かなきゃ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行かなきゃ。
3
宝剣岳を降りて、千畳敷カールに向かいますっ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳を降りて、千畳敷カールに向かいますっ。
3
カールは下から見ないとね。ロープウェイを降りたところまで戻るのだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カールは下から見ないとね。ロープウェイを降りたところまで戻るのだ。
4
下りながら振り返ったところ。さっき通ったのに初めて見る景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りながら振り返ったところ。さっき通ったのに初めて見る景色。
1
もうちょっと。ここは観光客の人でも気楽に歩ける散歩道なので歩きやすいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうちょっと。ここは観光客の人でも気楽に歩ける散歩道なので歩きやすいです。
1
また振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また振り返る。
8
記念撮影ポイントにきました。ちょっとガスがあるけどOK!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影ポイントにきました。ちょっとガスがあるけどOK!
4
池といっしょもいいね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池といっしょもいいね。
2
朝と同じ看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝と同じ看板。
2
さあ、戻りましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、戻りましょう。
1
すてきな風景。戻ってきてよかったぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すてきな風景。戻ってきてよかったぁ。
11
実は風はまだ強くて、ハードコンタクトの私は両目にゴミが入り、猛烈に痛くて全然歩けなくなったりしてましたが(涙)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
実は風はまだ強くて、ハードコンタクトの私は両目にゴミが入り、猛烈に痛くて全然歩けなくなったりしてましたが(涙)
5
乗越浄土からテント場までは朝と同様の真っ白&超強風。テントが吹っ飛んでいたらどうしよう、と、またまた頭の中は心配でいっぱい@
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土からテント場までは朝と同様の真っ白&超強風。テントが吹っ飛んでいたらどうしよう、と、またまた頭の中は心配でいっぱい@
1
あ〜よかったぁ。テント無事でした。結構ちゃんと張ったんだわ、アタシ。っていうか、この風よけが素晴らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ〜よかったぁ。テント無事でした。結構ちゃんと張ったんだわ、アタシ。っていうか、この風よけが素晴らしい。
12
夜ごはんは、ソーセージと野菜の簡単鍋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜ごはんは、ソーセージと野菜の簡単鍋
9
…そして二日目はいきなり無事下山の写真で。この間が写真どころじゃなく、命懸けの下山でした。今、考えると本当に恐ろしい。助けてくれたお二人の好青年には感謝しきれないです。詳しくは感想で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…そして二日目はいきなり無事下山の写真で。この間が写真どころじゃなく、命懸けの下山でした。今、考えると本当に恐ろしい。助けてくれたお二人の好青年には感謝しきれないです。詳しくは感想で。
7
登山あるある。駐車場の空。今頃、山の上はどんな天気なのかなぁ…。さっきまで無事に下山することに一生懸命だったのが嘘のよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山あるある。駐車場の空。今頃、山の上はどんな天気なのかなぁ…。さっきまで無事に下山することに一生懸命だったのが嘘のよう。
6
駐車場のお隣ですずらんソフト。250円でこのボリューム。牛乳の味がして本当に美味しかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場のお隣ですずらんソフト。250円でこのボリューム。牛乳の味がして本当に美味しかったです。
8

感想/記録
by peachy

テントで泊まりたい。でも最近、体力も根性も下降気味な私は、テン泊装備で長く歩く覚悟ができなくて、だからといって北沢峠は歩かなすぎ、木曽駒ケ岳の2時間くらいがちょうどいいかな、と思い、日帰りでも行ける行程をテントでと考えました。
ただ天気は心配で決断もなかなかできず、前日の天気予報で、風はあるけど雨マークはなし、翌日は昼から晴れマークだったので(てんくら)ここで決意。一度行ったことがあるので初めての山よりは安心とも思ってました。

ただ天気ばかりは…。心配があったら行ったらいけないですね。
一人なんだから、もっと慎重になるべきだったと本当に反省です。
二日目の出発は、GPSで自動的に登録してくれたままの9時30分頃にしていますが、実は、この間に2回出発を試みています。
一度目は一人で出発して、途中で危険を感じて引き返しました。
雨もありましたが、とにかく風が強くてまっすぐ立っていることも出来ず、煽られて転倒しそう、息も出来ないほど。視界も悪くて5m先は見えませんでした。
宝剣山荘まで中岳さえ超えれば行ける。その短い距離がすごく怖くて、戻っても食べ物はまだある、水もある、電波も通じるから連絡もとれる、止まない雨はない、頭の中で色々なことを一度に考えて戻ったほうが賢明と思いました。
そして小屋まで来ると、これから下山へ向かうというお二人の青年に会いました。
とっさに一緒に下山して欲しいとお願いし、お二人は笑顔で「一緒に行きましょう」と言ってくれました。この後、お二人と一緒に出発しても、中岳の強風はやはり手強くて再度小屋に戻って待機をしたのですが(今、考えると、私を気遣って引き返してくれたのかもしれません。)このお二人のおかげで私はなんと心強かったことか!

お二人は天候や雨雲の様子を逐一チェック、風が少し弱まったところで出発を決断。
お二人だけだったらさっさと行けた中岳も私のペースに合わせて歩いてくださり、本当にありがたくて。一人では怖くてとてもじゃないけど歩けなかったです。

宝剣山荘まで無事来れて少し休憩をすることにしましたが、中に入ると下から登ってきた登山者がたくさんいて驚きました。
私達は命懸けでここまで来たけど、ここに今いるこの方達はまったく違うんだなぁと…。なんだかその賑やかな感じをなかなか受け入れられなかったです。
でも、「ロープウェイは動いているってことだね」と言われて、そうなんだ、この先はそんなに厳しくないんだ、とやっと実感し、そこでやっとほっとすることができました。あの中岳を無事に通過出来て本当によかった。
お二人の好青年に会わせてくれた神様に感謝。
本当にどうもありがとうございました。
訪問者数:1305人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2096
2016/7/4 15:04
 良くロープウエイ止まりませんでしたね!
peachyさん コンにちはpaper

良くあの悪天候で行きましたね〜
また、張った後でリターンとは…オッサンならテントで寝ていまーす
夜も風でバタバタで眠れないかったでしょうな〜
これも山あるあるですがね〜
宝剣良く登りましたね!オッサン無理無理
ここの一番の難所はロープウエイの混雑さかもしれんbearing
整理券持って待った思い出したねーなー
登録日: 2013/3/5
投稿数: 201
2016/7/4 18:57
 Re: 良くロープウエイ止まりませんでしたね!
Kazuhagiさん、こんにちは!
ロープウェイ、止まるどころか次から次と軽装の観光客が上がってきて、外見てビックリしてる様子はちょっと気の毒な感じでした。でも、私の時みたいに突然青空になることもあるので、来てみないと分からないですしね。ロープウェイが動いてくれてたことは本当に助かりました。
そうそう、私も前回は整理券で二時間待ちました。この日は待ち時間なしでしたけど(笑)

それにしても、終始「何やってんだろ、私」の連続で、レコに書いた以外でもたくさんあって相変わらず反省ばかり。
あぁもう嫌になっちゃう。

宝剣岳には登ると決めてたので、それは達成出来てよかったです。
でもまさかロープウェイとテント場を2往復して、山頂行かない、なんてことは思ってなかったですけど(笑)

テント、一晩中バタバタでそれも怖いくらいだったけど、翌朝はテントが歪むくらい煽られて中から手で押さえてましたっ。
それでもテントって壊れないんだぁ、と逆に感心しちゃって。
色々反省と勉強になりました。
登録日: 2014/8/14
投稿数: 32
2016/7/4 23:28
 経験値アップですね!
peachyさん:
悪天候の中,お疲れ様でした。まあでも,徐々に達成感が広がるのではないかと,思います。僕もソロでのテント泊が好きですが,暴風雨でシュラフが濡れたりすると,「俺はこんなところで何やってんのかなー」と思ったりします。
夜中じゅうフライがバタついて眠れなかったり,そうかと思うと,野生動物が徘徊する木々の折れる音で,眠れなかったりと,常に不安がつきまといます。
そういった思い出も,楽しい思い出になってしまうから,不思議なものです。

木曽駒ケ岳,良いところですね。また,楽しいお写真,ありがとうございました。山登りは自分の中での不安に,どう対処していくのかについても勉強になりますね。
登録日: 2013/12/17
投稿数: 356
2016/7/4 23:59
 登り返し
peachyさん、今晩は、

晴れ間が覗き始めている写真だけ見ると、いいお天気ってな感じですが、どうも大変だったんですね。
強風に曝されながらのテント設営の経験は無いですが、ちょっとした風でもバタバタとうるさいものなので、立ってられないくらいの風が吹くような時は凄いのでしょうね。想像もつきません。歩きながらテントが無事かで頭が一杯、って気持ちは良く分かります。

視界が開けて下の千畳敷カールが見えてくるところは、実にいい感じですね。でも、一旦戻って登り返してくるのは凄いなと。戻った甲斐がある風景ですね。私だと、なんだかんだと屁理屈をこねて上から眺めてお終いかな。
登録日: 2013/3/5
投稿数: 201
2016/7/5 12:54
 Re: 経験値アップですね!
evclimMoutnさん、こんにちは!
ありがとうございます。
本当にそうですね。人に助けて頂いたものの世間には迷惑をかけずに今こうして無事にいられているので、経験として思い出を私の中に刻むことができてます。
「悪天候をわかっていて登山するなんて、最初から遭難している」なんですけど、私はそんなに悪天候になるとは思っていなくて、見てきた天気予報と途中の青空にすっかり騙されました。でも風が強いことはわかっていたし、登山届の方にも言われたし、天気図をちゃんと読んでくる方は少なくともテントを張る日ではなかったのですから、騙されたわけではなく本当に反省です。
今回の反省をもとに、天気の勉強もしないといけないと思いました。

私はソロで行っていると言っても、ソロの時は人がたくさんいる山に限っているので、実際に何かしていただかなくても他の登山者の方に精神的に助けられているんだな、ということもわかりました。不安とどう付き合うかはまだまだ課題になりそうです。
登録日: 2013/3/5
投稿数: 201
2016/7/5 13:40
 Re: 登り返し
takatan_tさん、こんにちは!
そう、霧が晴れたところの写真は、風は写真に写らないし(笑)結構いい日だったように見えますよね。
二日目の中岳は、体をストックでつっかえ棒にしないと風に持っていかれそうで、実際に一回転んでしまいました。あの風は本当に初めて。なかなか文章力がなくて残念なのですが、命懸けって大げさじゃなかったんですよ。

私、欲張りなので(笑)これでも山頂を捨てて、千畳敷を選択しました♪
登録日: 2012/2/18
投稿数: 598
2016/7/5 21:46
 お疲れ様でした♪
peachyさん、こんにちは!

波乱万丈 の山行を楽しまれた様でお疲れ様でした
悪条件の中をお一人で行かれるとは流石です
でも風は注意して下さいね! 時に雨より危険ですから

ここ行ったことなく、行きたい場所なんですよね〜
山頂見送りは残念だった様ですが、宝剣と青空の千畳敷、羨ましいです
登録日: 2013/3/5
投稿数: 201
2016/7/6 10:24
 Re: お疲れ様でした♪
にしさん、ハーイ
今まで、風が強いなーと思っても、
これって風速いくつ?っていうのが分からなくて、
だから天気予報の風速を数字で見ても実感がわからなかったのですが、
私が経験したのは「風速20〜25m/sしっかりと身体を確保しないと転倒する。」
くらいでした 。いくら私でも身をもって体験したのでもう大丈夫です。

にしさんだったら、ここにいくならやっぱり冬ですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ