ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909671 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

956 六甲:天望山〜保塁岩〜アイスロード

日程 2016年07月03日(日) [日帰り]
メンバー moguG
アクセス
利用交通機関
バス
往復:六甲ケーブル下BS
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
52分
合計
5時間0分
S六甲ケーブル下BS08:0308:44天望山09:24アイスロードへの下降点09:3410:11六甲ケーブル山上駅BS10:16保塁岩分岐10:28保塁岩11:0311:23記念碑台11:35アイスロード下降点12:20真水茶屋跡12:2712:48アイスロード登山口13:03六甲ケーブル下BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天望山を含む六甲ケーブル西尾根はバリルートなので、地形図とコンパスは持っていた方が良いです。

県道95号とドライブウェイを歩く部分がありますが、車の往来が多いので十分注意して歩行しましょう。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

天望山の取付は交通量の多い県道95号のフェンスの切れ目の隙間です。ここからもぐりこみました(笑)。
2016年07月03日 08:10撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天望山の取付は交通量の多い県道95号のフェンスの切れ目の隙間です。ここからもぐりこみました(笑)。
最初は岩場の急登です。
2016年07月03日 08:12撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は岩場の急登です。
1
暫く上ると、一番目の鉄塔が現れました。頂上まで鉄塔が4か所あります。
2016年07月03日 08:21撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く上ると、一番目の鉄塔が現れました。頂上まで鉄塔が4か所あります。
1
途中でゆるやかになる所はありますが、総じて急登です。
2016年07月03日 08:25撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中でゆるやかになる所はありますが、総じて急登です。
1
やや緩やかな登りになりました。
2016年07月03日 08:30撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや緩やかな登りになりました。
1
木の間からの神戸港を眺める余裕も出てきました。でも、もやり気味ですね。
2016年07月03日 08:32撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間からの神戸港を眺める余裕も出てきました。でも、もやり気味ですね。
2
3本目の鉄塔です。
2016年07月03日 08:39撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本目の鉄塔です。
1
4本目の鉄塔のすぐ先に天望山の山頂があります。ここが分岐になっており、左がはっきりした道ですが、ケーブル六甲山頂駅への尾根は右寄りの踏跡を下ります。ここで地形図とコンパスで確認しました。
2016年07月03日 08:49撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4本目の鉄塔のすぐ先に天望山の山頂があります。ここが分岐になっており、左がはっきりした道ですが、ケーブル六甲山頂駅への尾根は右寄りの踏跡を下ります。ここで地形図とコンパスで確認しました。
2
踏跡を隠すほどではないですが笹が増えてきました。
2016年07月03日 09:06撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏跡を隠すほどではないですが笹が増えてきました。
1
オカトラノオの花
2016年07月03日 09:18撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オカトラノオの花
アイスロードへと左に下る分岐点です。
2016年07月03日 09:27撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスロードへと左に下る分岐点です。
1
登るに従ってササ(ミヤコザサ?)が深くなってきました。所によっては胸ぐらいのところも。ガスっていたのでササの露で靴もズボンもびしょびしょに。
2016年07月03日 09:41撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るに従ってササ(ミヤコザサ?)が深くなってきました。所によっては胸ぐらいのところも。ガスっていたのでササの露で靴もズボンもびしょびしょに。
1
石垣が現れると、ケーブル山頂駅はもうすぐです。
2016年07月03日 10:05撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣が現れると、ケーブル山頂駅はもうすぐです。
六甲ケーブル山頂のサンライズドライブウェイに出合いました。
2016年07月03日 10:12撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲ケーブル山頂のサンライズドライブウェイに出合いました。
1
保塁岩への道標に従ってドライブウェイから南へ入ります。下って一登りしたピーク、この石が保塁岩かと思いましたが、実際はもう少し下ったところの岩場でした。
2016年07月03日 10:22撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保塁岩への道標に従ってドライブウェイから南へ入ります。下って一登りしたピーク、この石が保塁岩かと思いましたが、実際はもう少し下ったところの岩場でした。
2
保塁岩では、今までのガスも晴れて、抜群の展望でした。ここでゆっくお弁当にしました。
すると、クライマーのお兄さんが登ってきました。その方とも少しおしゃべり。
2016年07月03日 10:29撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保塁岩では、今までのガスも晴れて、抜群の展望でした。ここでゆっくお弁当にしました。
すると、クライマーのお兄さんが登ってきました。その方とも少しおしゃべり。
2
今日ゆこうと思っていた長峰山もよく見えます。
2016年07月03日 10:30撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日ゆこうと思っていた長峰山もよく見えます。
1
その右には麻耶山もよく見えました。
2016年07月03日 10:43撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右には麻耶山もよく見えました。
2
アイスロードを下り始めてすぐ、先ほどの保塁岩がバッチリ見えました。
2016年07月03日 11:40撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスロードを下り始めてすぐ、先ほどの保塁岩がバッチリ見えました。
2
アイスロードはしっかりとした登山道です。
2016年07月03日 11:41撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスロードはしっかりとした登山道です。
アイスロードの下りから、先ほど歩いた天望山が見おろせました。鉄塔が目印です。
2016年07月03日 11:49撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイスロードの下りから、先ほど歩いた天望山が見おろせました。鉄塔が目印です。
2
夏草の茂る道を下ってゆきます。
2016年07月03日 12:00撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏草の茂る道を下ってゆきます。
杉のなかの道も。
2016年07月03日 12:05撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉のなかの道も。
1
ゴールはまじかです。
2016年07月03日 13:00撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールはまじかです。
1

感想/記録
by moguG

昨年3月に「山羊の戸渡」を歩いた時に近くの天望山という名の山が気になっていました。
名前に惹かれるタイプの私は、ここをいつか歩いてみたいと思い、天望山を登ってアイスロードを下り、山羊の戸渡から長峰山へ、との計画を温めていました。

ちょうど梅雨の晴れ間があったので、このコースを歩いてみようと思い立ったのです。
ただ、ちょいと疲れ気味だったので場合によっては山頂駅からロープウェイで下っても、アイスロードで下って打ち切っても良いや、と出かけました。

六甲ケーブル下から天望山の取付までは車の通行量の多い歩道のない県道95号の路肩を10分ほど歩きますが、ここが今日のコースで一番恐怖を覚えたところです。
取付から暫くは岩交じりの急登で大汗をかきましたが、関電道で下草が刈りはらわれていたので、気持ちよく登れました。
4本目の鉄塔のすぐ先が天望山ですが、ちょうど登山道の分岐(県道95号へと山頂駅への)のようなところで、展望もなく名前負けの山頂です。
ここからは下草(笹)も刈りはらわれておらず、ワイルドなルートに。笹丈も最初足元程度から、所により胸丈くらいなところも続きましたが、踏跡は確認できました。
でも、高度が上がると次第にガスってきてその露を宿す笹をかき分けて進むので、サンライズドライブウェイに出合う頃は靴はもちろんのこと上着もズボンもびしょびしょでした。
この時点でさほど疲労感はなかったので、ケーブルで下るのはやめてサンライズドライブウェイをアイスロードに向かって歩き出しました。
5分ほど歩くと「保塁岩」への分岐がありました。迷わず左折して保塁岩へ。途中なんの変哲もないピークを越えて少し下って岩のテラスに、ここが保塁岩のトップです。
先ほどまでガスっていたのが嘘のように晴れ渡って抜群の展望です。
歩いてきた六甲ケーブル西側の尾根、そして長峰山、その後ろの麻耶山、神戸の市街地や神戸港も一望でした。
ここでお弁当です。クライミングのお兄さんとちょこっとお話も。
訪問者数:115人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ