ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 909848 全員に公開 ハイキング富士・御坂

初富士山 〜吉田ルート〜

日程 2016年07月02日(土) 〜 2016年07月03日(日)
メンバー Tristan_72, その他メンバー1人
天候晴れ、ガス、強風
アクセス
利用交通機関
バス
○往路
新宿6:45−富士スバルライン五合目9:10
○復路
富士スバルライン五合目15:00−新宿20:00
(17:30の予定が事故渋滞で遅着)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間13分
休憩
1時間5分
合計
6時間18分
Sスタート地点10:2911:10吉田口六合目・富士山安全指導センター11:2314:04吉田口七合目14:2714:38吉田口八合15:0716:47須走口・吉田口登山道 本八合目16:47本八合目トモエ館
2日目
山行
5時間15分
休憩
4時間14分
合計
9時間29分
本八合目トモエ館02:4502:45須走口・吉田口登山道 本八合目02:48須走口・吉田口登山道 八合五勺03:0803:21須走口・吉田口登山道 九合目03:4904:20久須志岳04:2505:10成就岳05:1105:17久須志岳05:45須走口・吉田口登山道 九合目05:5806:06須走口・吉田口登山道 八合五勺06:2206:26本八合目トモエ館09:1709:35須走口登山道 八合目11:40吉田口六合目・富士山安全指導センター12:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備された登山道なので危険個所はありませんが、天候や風には注意してください。
須走ルートが開通する(7/9)まで山頂から本八合目まで登山道で下山します。

<Record>
出発時刻/高度: 10:29 / 2305m
到着時刻/高度: 12:14 / 2320m
合計時間: 25時間44分
合計距離: 17.85km
最高点の標高: 3703m
最低点の標高: 2232m
累積標高(上り): 1905m
累積標高(下り): 1875m

●総歩数(Door to Door):1日目 12,249歩/2日目 29,378歩
その他周辺情報本八合目トモエ館に宿泊しました。
富士山の小屋はあまり良い話を聞きませんが、トモエ館はスタッフの感じが良かったです。
ちなみに寝床は布団4枚に寝袋6枚でした。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

小御嶽神社で道中の安全を祈願しました。
2016年07月02日 09:54撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小御嶽神社で道中の安全を祈願しました。
では出発です。
2016年07月02日 10:36撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では出発です。
1
泉ヶ滝の分岐。
登山道は右です。
2016年07月02日 10:50撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泉ヶ滝の分岐。
登山道は右です。
1
6合目まではほぼ平坦な道を進みます。
2016年07月02日 10:56撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目まではほぼ平坦な道を進みます。
1
落石防止のトンネルですね。
2016年07月02日 11:07撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石防止のトンネルですね。
6合目到着です。
山頂方面はまずまず良い天気です。
2016年07月02日 11:13撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目到着です。
山頂方面はまずまず良い天気です。
1
吉田口1合目からの道と合流します。
2016年07月02日 11:16撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉田口1合目からの道と合流します。
1
七合目に向けて九十九折の道が続きます。
2016年07月02日 11:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目に向けて九十九折の道が続きます。
1
ブル道をブルが下っていきます。
小屋に荷物を届けた帰りかな?
2016年07月02日 11:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブル道をブルが下っていきます。
小屋に荷物を届けた帰りかな?
山中湖方面の眺望。
2016年07月02日 11:34撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖方面の眺望。
七合目の小屋群。
2016年07月02日 12:24撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目の小屋群。
七合目トモエ館。
今夜の宿は本八合目トモエ館です。
2016年07月02日 12:39撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目トモエ館。
今夜の宿は本八合目トモエ館です。
1
河口湖方面の眺望。
2016年07月02日 13:02撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖方面の眺望。
2
結構角度があります。
2016年07月02日 13:28撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構角度があります。
富士一館。
2016年07月02日 13:34撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士一館。
八合目の小屋群。
2016年07月02日 13:36撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目の小屋群。
山中湖からガスが沸いています。
2016年07月02日 14:15撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖からガスが沸いています。
傘雲の子供?
2016年07月02日 14:18撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傘雲の子供?
この辺りは岩の斜面を登っていきます。
足場がしっかりしているので余裕です。
2016年07月02日 14:19撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは岩の斜面を登っていきます。
足場がしっかりしているので余裕です。
登ってくる人たち。
2016年07月02日 14:38撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってくる人たち。
地層?
2016年07月02日 14:38撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地層?
SOYJOYパンパンの図。
2016年07月02日 14:49撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SOYJOYパンパンの図。
1
「ミ」みたいな雲。
2016年07月02日 16:04撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ミ」みたいな雲。
2
元祖室。八合目の小屋では一番上にあります。
2016年07月02日 16:16撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元祖室。八合目の小屋では一番上にあります。
1
登ってきた道。
2016年07月02日 16:17撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた道。
八合目小屋群。
2016年07月02日 16:25撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目小屋群。
1
本日の宿。
本八合目トモエ館です。
2016年07月02日 17:01撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の宿。
本八合目トモエ館です。
1
同室になった香港からきたFさん。
同行者のMさんと意気投合したようで談話室で盛り上がっていました。
2016年07月03日 02:14撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同室になった香港からきたFさん。
同行者のMさんと意気投合したようで談話室で盛り上がっていました。
3
山頂直下の鳥居。
夜が明けてきました。
2016年07月03日 04:23撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の鳥居。
夜が明けてきました。
3
ガスガスの山頂。
山頂にテントはいいのか?
2016年07月03日 04:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスの山頂。
山頂にテントはいいのか?
2
雲海。
2016年07月03日 04:31撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海。
2
雲海。
2016年07月03日 04:31撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海。
雲海。
2016年07月03日 04:33撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海。
1
なんとかご来光見れました。
2016年07月03日 04:33撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとかご来光見れました。
5
強風の中登ってきてよかったです。
2016年07月03日 04:34撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風の中登ってきてよかったです。
5
山頂の様子。
2016年07月03日 04:49撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子。
1
火口。ガスの切れ間から少しだけ見れました。
強風のせいでカメラがブレます。
2016年07月03日 04:59撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口。ガスの切れ間から少しだけ見れました。
強風のせいでカメラがブレます。
1
山頂の様子。
2016年07月03日 05:01撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の様子。
1
下山する人たち。
2016年07月03日 05:15撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山する人たち。
1
なにか山頂らしい物をと撮ったのがこれ。
2016年07月03日 05:15撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なにか山頂らしい物をと撮ったのがこれ。
3
写真は飛んで下山道。ガスで視界がよくないです。
2016年07月03日 09:49撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は飛んで下山道。ガスで視界がよくないです。
それでも高度を下げるにつれガスが晴れてきました。
2016年07月03日 10:22撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも高度を下げるにつれガスが晴れてきました。
山中湖がガスに覆われています。
2016年07月03日 10:47撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中湖がガスに覆われています。
1
下山道七合目公衆トイレ。
休憩するのにちょうどいいです。
2016年07月03日 10:55撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道七合目公衆トイレ。
休憩するのにちょうどいいです。
六合目まで道がなだらかです。
2016年07月03日 11:27撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目まで道がなだらかです。
六合目。
安全指導センター。
2016年07月03日 11:42撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目。
安全指導センター。
1
森林限界の下に入りました。
2016年07月03日 11:44撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林限界の下に入りました。
下山後はラーメンとビールで乾杯。
お疲れ様でした。
2016年07月03日 12:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後はラーメンとビールで乾杯。
お疲れ様でした。
2
撮影機材:

感想/記録

兼ねてから富士山に行きたいと言っていたMさんとスケジュールが合ったので挑戦することにしました。
まだ静岡側の登山道が山開きしていないので吉田ルート一択です。

週間天気予報では降水確率が高く、雨の中登ることも覚悟していましたが、五合目に着いてみると山頂の方まで雲はなく晴天でした。
ただし、強風が吹き荒れいていたので注意が必要なことには変わりありません。

<1日目>
五合目で朝食とお参りをして時間をかけてしっかり高度順応をしました。
これが良かったのか、このあと高山病の症状はまったくと言っていいほどありませんでした。
唯一、寝室だけ酸素が薄いのか少しだけ吐き気がしましたが。
談話室に下りてからは症状が治まったので寝室だけの問題だと思います。

話は戻って、高度順応を済ませ10:30頃、富士スバルライン五合目をスタートします。
泉ヶ滝の分岐までは普通に観光客も歩いているので山というより公園内の道のようです。
泉ヶ滝の分岐から登山道に入りますが、六合目までほぼ平坦な道が続きます。
吉田ルートで森林の中を歩くのは六合目までになります。
六合目から先は森林限界を超えて砂と岩だけの殺風景な景色が続きます。

六合目から七合目までは階段状の道が九十九折に続いています。
途中に何もないのでとりあえず七合目まで頑張りましょう。
七合目から先は小屋がたくさんあるので休憩場所には困りません。
小屋前で小休止を取りながら登っていきます。

八合目あたりから風が強くなってきたのでレインウェアをウインドブレーカー代わりに着込みました。
風は防げてよいのですが、強風で砂が散弾のごとく飛んでくるので厄介でした。
何かフェイスガードがあるとよかったです。

同行のMさんがバテてきたころに本八合目トモエ館に到着。
この日の宿です。

受付を済ませると到着の順番に食事を案内するとのことで、寝室に案内されました。
シングルの布団4枚に寝袋6枚+横向きに1枚で今日は7人部屋のようです。
女性がMさん1人だったらどうしようと思っていたら、もうひとりFさんという女性が一緒だったので、しらない男性の隣に寝るいう状態は避けられました。小屋側が配慮してくれたようで気配りがありがたいです。

程なくして管内放送で食事の呼び出しを受けて食堂兼談話室へ。
富士山で定番のハンバーグカレーですが、疲れているときに食べるととても美味しかったです。

19時頃に床について就寝。
なのですが、周りの団体客が日本人も外国人もうるさいうるさい。
ちゃんと就寝するには団体客が寝静まるのをまたないといけませんでした。
ツアーガイドさん部屋では静かにしましょう。と事前注意しておいてくださいよ。

<2日目>
1時ころ目が覚めると隣にいたはずのMさんがいません。
トイレでも行ったかな?と思っていましたがよく見ると、Mさんの横にいたFさんもいなくなっています。
MさんにLINEを送ると、Fさんと一緒に談話室にいるよ〜
との返事。

1時回っていたし、このまま起床してもいいかなと私も談話室に降りました。
談話室でしばらくまったりし、2時半頃小屋を出発。

トモエ館のすぐ裏手の登山道から既に渋滞が始まっています。
ヘッドライトの明かりが点々と続いています。
距離にすると1kmもないはずですが、下から見上げると絶望的な長さに見えます。

少し上がると吉田ルート最後の小屋である御来光館に到着。
ここから先は山頂まで建物はありません。
渋滞の列に続いて一歩また一歩と足を進めていきます。
時々突風が吹きつけてくるので、そんな時は姿勢を低くしてやりすごします。

渋滞でご来光に間に合わないかと思いましたが、4時半前に山頂に到着。
空はガスっていましたが、ガスの切れ間からしっかりご来光を拝むことができました。

1時間近く山頂に滞在しましたが、とにかく風が強くてあまり見て回ることはできませんでした。
次はご来光はいいので明るい時間帯にお鉢巡りをしてみたいです。

時期的に須走ルートがまだ開通していないので、下山は吉田ルートの登山道に戻って下山します。
狭い登山道を下山ですれ違うので嫌でも渋滞になります。

いったんトモエ館に戻って、朝食をいただきます。
ついでにMさんの希望で9時まで仮眠を取らせていただきました。
朝食と合わせて3時間近く小屋で休憩していました。

仮眠で英気を養ったら、一気に下山します。
が、ガスで視界が悪い上に風が強いので緊張を強いられます。
道は単調な下り一辺倒なので、道に迷う心配はありませんが、ところどころ傾斜がキツイところがあるので、慎重に下ります。

しかし下山道とはよく言ったもので、ザレた急こう配が多く、ここを登ることは想定していないんだろうなと思いました。

六合目まで降りると道は平たんになり、観光客とすれ違うようになったらゴールはすぐそこです。

12:15頃、富士スバルライン五合目に戻りゴール。

お疲れ様でした。






訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ